【東大生が解説】頭が良いと思わせるならお台場の日本科学未来館デートが最高

デートで大事なのはムードでもサプライズでもありません。知性です(たぶん)。今回は東大生ライターのりょーすけが東京はお台場・日本科学未来館で、デート相手の女性に頭がいいと思わせる方法をご紹介。東京では国立科学博物館と並び、最先端の科学技術を堪能できるスポットですから、きっと知的な興奮が楽しめるはず。でも、この方法で恋が実るかどうかは……記事を読んで判断いただければ幸いです。

image1

こんにちは。高学歴です。東京大学2年生の高野りょーすけと申します。

「水素水に200万円つぎ込んで彼女に振られた」

「秋葉原でラッセンの絵を買って彼女に呆れられた」

などといった事例は多数あると思います。何故なら基本的に「バカは異性から敬遠される」からです。しかし逆説的に考えれば「知的だと好かれる」という事も成り立つわけで、つまりは「デートで知的だと思わせる」ことが出来れば今夜は頂いたも同然ですね。童貞なので「今夜は頂いた」といったところで何を頂くのかはわかりませんけど(お菓子かな)

そこで本日は、この記事を見れば誰でも「知的デート」ができるよう、高学歴の僕が解説させていただきます。童貞なのに上からで大変申し訳ありません。

早速、行ってみたいと思います。

 




いざお台場へ

image2

 

image3

着きました。お台場にある、日本科学未来館です。

 

image4

 

image5

日本科学未来館は、国立科学博物館と並び、最先端の科学技術を堪能できるスポットとなっております。つまりは異性に「この人、最高にCOOL……!」と思わせるには最高のスポットということですね。

 

image6

 

image7

到着したら、まず最初に名物「ジオ・コスモス」で見学しましょう。

 

image8

 

image9

10,000枚以上ある超高解像度の有機ELパネルで作られており、気象衛星が観測したデータが画像となって映し出されています。

床に設置された端末では、様々なデータやシミュレーションを地球に重ねて見ることができます。

ここでは、Twitter上で「Happy Birthday」とつぶやいた人の位置を、時間に沿いながら全世界で表示しています。僕が異性から「Happy Birthday」を言われたのは二年前の母親が最後です。母親がTwitterをやっていたらここに母親の呟きのぶんまで表示されていたかもしれません。母親がTwitterをやってなくてよかったな、と思いました。

 

image10

そしてこちらの「ノーベル賞受賞者たちからの問い」も見逃せません。歴史上の偉人たちから来館者へ向けて、魂のこもった質問がびっしりと書かれています。

 

image11

 

image12

来館者への問いというテーマであるのにもかかわらず、philosophy(哲学)のギリシャ語だけ書いて少しポエムみたくしてしまったのは、日本の誇る伝説の物理学者・益川敏英氏です。素粒子物理学に革命をもたらした小林・益川理論のご本人も、こうやって見るとお茶目な気がします。

さて、本日は知的デートということで、今世紀大注目の量子コンピュータについて説明できると、ものウルトラスーパーCOOLなはずです。デート中を想定して、知的に解説してみましょう。

 

image13

「いままでのコンピュータでは、情報の基本単位としての『ビット』は、0か1の片方の状態でしかなかったんだよね。例えばかなり大ざっぱに言ってしまえば昇龍拳をするために『1 0 1』、空中竜巻旋風脚を放つために『0 1 1』がコマンドの1つとして処理されるといった具合で、従来のコンピュータでは分かれていたんだけど、」

 

image14

「量子コンピュータで用いられる『量子ビット』は、0でも1でもある状態をとることができるから、『● ● ●』のように量子ビットを3つ並べるだけで昇竜拳も空中竜巻旋風脚も表現できて、コンピュータ内部で一気に計算できちゃうんだよね。リュウが実際に昇竜拳と空中竜巻旋風脚を同時にできるかというとまた別問題だけど、この0でも1でもある『重ね合わせ』の状態をとれることでいままでとはケタ違いの計算処理能力が生まれるってワケ! 状態の不安定化による情報漏洩などの問題はあるけど、もし重ね合わせの性質をもった量子コンピュータが実現すれば、膨大な計算時間を要するような研究や問題も短時間で終わらすことができるし、科学の発展に莫大な恩恵をもたらすのでは噂されているんだ。重ね合わせってホントに素敵だよネ…」

「重ね合わせ」をわざとらしく強調するのが高IQですね。「重ね合わせ → つまり、二人が重ね合うってコト……?」と、卑猥とも取れる表現を最初のうちから織り込ませることで、夜の布石になるからです。デートの基本です。

量子もつれなどの性質もあることにはありますが、この場で説明しはじめると5時間くらい経過してしまうので注意してください。

 

image15

館内の奥に入っていくと、実に多種多様なロボットがあります。

二足歩行ができるASIMOや、

 

image16

実験によってアニマルセラピーと同じ効果が立証されたパロちゃんです。このような対人コミュニケーションに優れたロボットが、高齢化が起きている日本を温かく支えてくれるのかもしれません。

image20

 

image21

 

image22

こちらは、遠隔操作により人と会話ができるオトナロイドです。これまた人とそっくりに作られていて、近くでみると大変リアルです。

最先端のロボットと知的な会話をしてアピールすることで、彼女に「この人……IQ星の王子様…!」とおもってもらいましょう。

「すみません」

 

image23

「与えられた文章集合についてK平均法によるクラスタリングを計画したいのですが、どうすればいいですか」

 

image24

 

image25

 

image26

 

image27

パパー

 

image23

 

image28

パパー

 

お子様が操作していたせいで、ずっとパパを叫んでいました。知的な会話ができず、意気消沈です。

 

image29

こちらは、同じく人が操作できる、「必要最小限な人間らしさとは何か」を追求して生まれたテレノイドです。
人間らしさを極限まで切り詰めるとこのような形状のロボットができるとのことです。
ツヤツヤした質感がある一方、足(お尻?)がモッコリしすぎているのが気になってしまいました。

 

image30

知的な会話を試みたのですが、今度は外国の方が操作をしていて

 

image31

HI GUYS

image31

HA! HA! HA! HA! HA! HA! HA!

 

 

image32

両手をバンバン叩きながら終始大爆笑していて、知的アピールすることがまた叶いませんでした。

 

image33

未来館にはロボット以外にも、ネット上で情報が伝達されるしくみをわかりやすく学べる「インターネット物理モデル」があります。
先ほどのミスを挽回するべく、ここらで「知的ジャブ」を打っておきましょう。

「このモデルではネット上で情報が伝わっていく様子を白と黒のボールの動きで表しているんだ。情報は0と1の組み合わせで表現されていて、白のボールが0で黒のボールが1というわけだね。メールを例として、相手に送るときに必要な情報、たとえば文字や絵や宛先が16個のボールを一つにまとめた『パケット』としてターミナル(端末)から送信されるんだけど、いきなり直接相手に届くということではなく、まずはルーターに送られるんだ。このモデル上ではタワーがそれに相当していて、タワーつまりはルーターがパケットに書かれている住所を読み込んで次のルーターへと送り、さらに次のルーターが同様に次のルーターへ送るといった具合で繰り返していくことで、情報が世界中のどこへでも届けられるんだね」

ここですかさず、「知的右ストレート」です。

「僕が黒で君は白。僕は1で君が0。たった2色でこの世を表現していくなんて、まるで僕たちみたいだね」

完全にノック・アウトですね。夜のテンカウントも近いんじゃないでしょうか。
日常でこのようなポエムを読んだらお尻の穴に電極さしこまれて殺されますが、館内の知的ムードが許してくれるはずです。

 

image34

ほかにも、ゲーム感覚で遊べる展示が用意されており、

 

image35

地球の50年後の理想の姿を考え、達成するためにはどうすればいいかをゲームで考える「未来逆算思考」

 

image36

 

image37

災害がどのように連鎖していくかを模型で表した「100億人でサバイバル」があります。

 

image38

 

image39

高度400kmのところに浮かんでいる国際宇宙船センターの模型だって見ることができます。

こうして見ると、日本科学未来館の多種多様な展示には、さすがの僕も欣喜雀躍、喜色満面です。
きっとデートの相手も「いやだ…呵呵大笑…歓天喜地…この方となら大悟徹底で前途洋々……」と思ってくれているはずです。天命童貞なので鏡花風月ですが。

 

image40

知的ビームで相手の体を貫くために、医療について解説してあげましょう。

「人の遺伝子配列の違いは酵素の働き方に差を生むことがあるんだけど、その酵素の差が薬の効果や副作用についての個人差につながるんだよね。もし個人医療の研究が進んで遺伝子配列との関係がわかれば、それぞれの配列に対応した薬ができるかもしれないと言われているんだ」

 

image41

「こんな感じにネ!実際に日本でも文部科学省支援のもとでDNAサンプルが集められているらしく、将来的には病院で自分の遺伝子が書かれたカードを見せるだけで最も適切な治療を受けられるようになる可能性もあるんだよ。僕と君の間に生まれる子どもの遺伝子カードがどうなるかすごく楽しみだネ!ほかにも医療ではコンピュータ断層撮影のCTや磁気共鳴イメージングのMRI、陽電子放射断層撮影のPETといった身体についての画像解析技術がめざましてい発展を遂げているんだヨ!」

ここまですれば相手も「なにこの人…医療問題にも博識だなんて…! もうダメ……! 夜の救急病院に連れていって……!」って感じだと思います。何を言ってるのかが自分でもよくわからなくなってきましたけど。

 

image42

と、長く引っ張ってしまい、大変恐縮ですが

最後に素粒子の話をして、IQポエムを口にしましょう。

「僕たちの世界は確かに、原子からできている…

そしてその原子も、さらに小さな素粒子というものからできている…
電子や原子核などの粒子どうしを衝突させると、粒子がくだけて小さな素粒子になるんだ…

このための実験装置が、粒子加速器…

 

image43

スーパーカミオカンデのように、宇宙から飛んでくる素粒子を巨大水槽にぶつけてとらえる方法もあるけれどね…

僕たちのまわりを構成する素粒子には、電荷の正負が逆なだけの反粒子があって…

反粒子からは、反物質が作られるんだ…

粒子と反粒子のペアは、まるで僕たちのように…お互いが鏡に映っているかのようにふるまう対象性をもつはずなんだ…

けれど、物質でできている僕たちの世界には、なぜか反物質がほとんど存在せず…

つまりは、反物質の方が、少ないというコト…

これがCP対称性の破れ…
粒子と反粒子は完全な対象ではなく、宇宙誕生時にはわずかばかり粒子の方が多かったとされているんだ…

当時発見されていなかった3種の素粒子を考えて、粒子と反粒子に少しのずれが現れることを証明したのが、小林・益川理論…

この世の科学者たちは今も、すべての素粒子を作るただ一種類の最も根源的な姿を見つけ出せないかと、日々研究しているんだ………

最新の仮説では、それは”ひも”状ではないかと提唱されていて、ひもがさまざまな振動をすることで、あらゆる素粒子に見えると言われている……」

そしてここで決めセリフ。

 

image44

「全ての素粒子、根源的なものがヒモである可能性がある以上、偉大な人間、あのイチローやソフトバンクの孫正義社長、テニスの錦織圭もヒモである、と言えるわけで、僕が定職にも就かず、君からの施しを受けるヒモだとしても何ら恥じることはない」

 

image45

いかがでしたでしょうか。恐らく振られるとは思いますが、あらゆるものがヒモの集まりかもしれないというのは、非常に斬新な考えかと思います。

遊園地や映画館に行くのももちろん楽しいですが、一度こうして博物館や科学館に足を運んでみると、いままで知らなかった世界に出会えるかもしれませんし、その「斬新なヒモ理論」を受け入れてくれる異性だって見つかるかも知れません。

以上、高学歴がお台場、日本科学未来館よりお届けしました。

とにかくステキな場所ですので、是非皆さんも行ってみてください。

 

日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2丁目3−6
参考サイト:http://www.miraikan.jst.go.jp/

 

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ