ホストってめっちゃお金がかかるのになぜハマる?貢ぐ女性達に聞く

 

東京大学3年生の、高野りょーすけと申します。

_DSC0013

今回は「ホストにハマった女性たち」を取材するために、歌舞伎町に来ました。

あの坂口杏里さんもホストクラブに通い詰め、ン百万円、ン千万という単位でお金を使っていたらしいですし、
坂口杏里さん以外にも、こっそり通っている芸能人の方々が居るとウワサされるホストクラブ。

そんなホストクラブについて事前にインターネットで色々と調べてみたのですが、

  • ハマりすぎると、借金して通うようになる
  • 借金のせいで風俗で働くようになる
  • 一晩で数百万円使うこともある
  • ホストも客も、突然歌舞伎町から居なくなる

みたいな話があちこちでまことしやかに書かれており、

一晩で数百万」というと、吉野家で大盛りに卵をつけようかどうかで悩む僕には完全に意味がわからない世界ですし、

突然街から居なくなる」ってなにそれ? 神隠し? 怖すぎます。

実際、こちらの歌舞伎町を歩いていると

_DSC0045

こんな感じに、シュッとしたカッコいいお兄さんがたくさんいらっしゃいますが、僕みたいな一般人からすると

お店に通うのにたくさんお金かかるのに、女性達はなぜそこまでハマるんだろう…?

と感じることが多々あります。

ホストの方々の魅力を、まだ知らないだけなのかもしれません。

 

そこで今回は

  • なんでホストにハマるの?
  • 一晩で数百万円使った日って、どんな気持ちなの?
  • それって楽しいの?

といったことを、実際にホストにハマった方々にお伺いしていこうと思います。

IMG_1989

 

ちなみに、お話を聞く女性はTwitterなどで募集して立候補頂いた5名の方とお約束をしたのですが、

そのうち2名が前日にキャンセル、更に2名が当日に連絡が取れなくなりました。

「これはひょっとして、開けてはいけないパンドラの箱を開けようとしているのでは……?」

と、一瞬躊躇しましたが、ライターのヨッピーさんのご協力で、Twitterで再度募集をかけてなんとか他の方に集まって頂きました。

ヨッピーさん並びに拡散して頂いた方々、ご協力いただきありがとうございます。

 

1人目:真面目なOLがデリヘルを掛け持ち ぴよたまさん

ホスト1-2

高野

「単刀直入に聞きますが、これまでにホストクラブで使った金額は、いくらぐらいでしょうか?」

piyotama

「私はまだハマって日が浅いのですが……総額300万円で、だいたい月に60万円です」

高野

「おお…。どうして、ホストにハマったんですか?」

piyotama

「彼氏が欲しくて街コンにいったら、ホス狂い※の女性と知り合ったんです。その子に『ホストの初回※行かない?私の担当※のところ』って言われて。軽い気持ちで連いていったら、『なんだ、別に変なところじゃないじゃん』って。怖い場所だと思っていたけど、実際に行ってみると『楽しい~!』みたいな」

【ホスト用語解説】
※ホス狂い…ホストに強烈にハマっている人達のこと
※初回…初めてそのお店に行くこと
※担当…自分がそのお店で指名するホストのこと。指名された担当ホストが接客をしてくれる。ホストクラブは基本的に永久指名制※のため1店舗1人に限る
※永久指名制…そのお店で最初に指名したホストはそのお店に通う限り変更できないシステム。キャバクラなどには見られないホストクラブ特有の制度でもある

高野

「行ってみたらホストの方と楽しくお話できた、と…」

piyotama

「はい。それに、普通は90分3000円で飲み放題なんですが、『何時間でもいていいよ』って言われて」

高野

「えっ、なんでですか?」

piyotama

「私を誘ってくれた合番※の子が、その店の太い幹※だったんですよ。幹が太ければ太いほど、枝※の私も優遇されるじゃないですか。外販※も使えば1000円ぐらい安くなって。ホストは向こうから話題を振ってくれるし、こっちの話も丁寧に聞いてくれるし、初回なら3000円で飲み放題で『居酒屋より良いじゃん!』って。それで、その子といろんな店の初回に行きはじめたんです。初回荒らし※ってほどではないんですけど」

※合番…一緒にお店へ行く女の子のこと
※太い…たくさんお金を使うことをさす。対義語は「細い」。「太客(ふときゃく)」「細客(ほそきゃく)」など
※幹…お店に友達を連れて来る人
※枝…幹に連れられて、お店に連れてこられる人
※外販…路上などでキャッチしてお店を紹介する事をさす。外販だと料金を割安にしてくれる事がある
※初回荒らし…特定のお店に行かずに、いろいろなお店の初回へ行くこと。初回料金は大抵のお店で優遇されるため、お金をあまり使わずに遊べるがホスト側からは敬遠される

高野

「接客のプロはやっぱりスゴいんですね…。ただ、通い続けていくと、お金はどんどんかかりませんか?」

piyotama「そうですね…私も指名したい担当ができて…。VIP※に入ってシャンパン下ろして、それにTAX※をかけると、だいたい20万円とかになりますね。使わない日は3万円とか。担当からは『指名の本数ほしいから指名エース※やって』って言われてましたけど」

※VIP…普通より高いお金を払えば入れる良いお部屋。お店の奥まった場所に設置される事が多い。VIPを使うと他の女性客に対する優越感がすごいそうです
※TAX…ホストクラブ特有のサービス料。ホストクラブでは48%の場合が多いらしい
※エース…客のランク。使うお金の量によってエース太客細客繊維などがあり、ふらっと立ち寄って大金を置いて帰るジョーカーもいる
※指名エース…使うお金はそれほどでもないが、通って指名する数が一番多いお客のこと

高野

「サービス料48%なんて聞いたことない…」

 

ホスト2

高野

「ちなみに、月に60万円って、もう普通の会社員だと払えない金額だと思うんですが、それだけのお金を、どうやって稼いでいらっしゃるんですか…?」

piyotama

「昼間の仕事と並行して、夜はデリヘルで働くようになりました

高野

「なるほど…。…その…ぴよたまさんは月に何十万円も払うほど、担当のホストさんを好きなわけじゃないですか。好きな人が居るのに、夜のお仕事をされるのって、抵抗はないんでしょうか…?」

piyotama

「それが、特にないんですよね。消去法みたいな感じでデリヘルを選んで、最初はちょっとイヤだったんですけど、徐々に慣れてきました。長い時間のお客さんが入れば1本5万円とかになりますし、その日にお金が入るので。あとは、担当のことが好きってわけでもないんですよ。『この人と飲みたい』と思ってお金を使うので」

高野

「ではその、担当のホストさんがほかの女性と楽しそうにお話してても、嫉妬などはせず…?」

piyotama

「そうですね。行きはじめの頃はちょっとイヤでしたが、今は『がんばって他のところにも行ってきて』って気持ちです。まあ担当のホストが友営なのか色恋なのか、本営なのかオラ営なのかで、中には嫉妬する女性もいるかもしれません」

※友営…友だちと話す感覚で接客すること
※色恋…恋人と話す感覚で接客すること。愛の言葉をささやいたりあからさまにイチャイチャしたりする
※本営…本当の恋人のように振る舞うこと。実際に「付き合う」事で彼氏同然のふるまいをしたり、なんなら同棲したりもする。「エース」が本営の対象になるケースも多い
※オラ営…オラオラ系、高圧的に接客すること。「テメー、なんで俺の誕生日イベントに来ないんだよ!」などと、断りづらい性格の女性に対して高圧的にせまってお店でお金を使わせるなど

高野

「ぴよたまさんご自身は、担当の方を最初から自分で育てたいんですか?」

piyotama

「いえ…売れてない人を指名しても、盛り上がらないんですよね。幹部補佐※ぐらいがちょうどいいです」

※幹部補佐…「幹部」というほどえらい人ではないけれども、ホストとしてお店から見込まれてる人。「成長株」くらいの意味合いかもしれない

 

ホスト3

高野

「なにか、トラブルの経験はありましたか?」

piyotama

「担当に、エレベーターを蹴られたことがあります」

高野

「どういうことですか」

piyotama

「彼のバースデー※のときだったんですけど。もともと昇格祭※締め日※みたいな日って、大きなお金が動くじゃないですか。『用事あるからバースデーは行けないよ』って伝えてたのに、『俺のバースデーだよ?他の誰のでもなく俺のだよ?』ってキレられたんです」

※バースデー…ホストの誕生日。1年に1度の大イベントでたくさんのお金が動く
※昇格祭…ホストの昇格を祝う祭り。大イベントでたくさんのお金が動く
※締め日…ホストの月の売上の最終日。1ヶ月に1度の大イベントでたくさんのお金が動く

高野

「おお」

piyotama

「なんとかお店に行ったら、800万円のタワー※を要求されて。イヤじゃないですか絶対」

※タワー…シャンパンタワーのこと。グラスをタワーのように積み上げ、上からシャンパンを注ぐ

高野

「800万円って高級車が1台買えますよね?数字のケタがわからなくなってきます…」

piyotama

「出会ってまだ3ヶ月目だったし、私の誕生日のときにディズニーに連れて行ってくれたことを差し引いても無理だよって思って」

高野

「ディズニーの対価が800万…。ヤクザ顔負けじゃないですか……」

piyotama

「さすがにバースデーとはいえ800万円は無理なので、15万円ぐらいのシャンパンだけをお店でおろして、後日入金しにお店に行ったら、そこでもまた『飲んでけよ』って誘われて。断ったら、『ふざけんなよ!』ってエレベーター蹴られたんです。そこから担当を変えて、今はだいたい3店舗に通っています」

高野

「使うお金の額に対して、怖くなってきたりしませんか?」

ホスト4

piyotama

私は、昼職※が最後の綱なんです。給料日が1ヶ月に1回だからこそ、ある程度は計画を立ててお金を使わないといけない。これが夜職※だけになると、朝から夜まで鬼出勤※して、その日のお金でホストに行くっていう子がいます。こう言うと失礼かもしれませんが、夜職ならお客さんが2人とかつけば5万円もらえるので、昼職はやってられなくなるんじゃないですかね…。昼職を辞めちゃうと歯止めが効かなくなりそうなので、なんとかふんばっています」

※昼職…昼間の仕事のこと。いわゆるキャバクラや風俗などといった「夜の仕事」の対義語
※夜職…夜の仕事のこと。キャバクラ、風俗などを指す
※鬼出勤…夜の仕事は出勤日数を自分で決められることが多いため、可能な限り出勤を続けてお金を稼ぐことを言う

 

2人目:おじいちゃんのお金をホストにつぎ込んだ主婦 Sさん

ホスト5-1

高野

「ホストにハマったキッカケを、教えてくださいますか?」

「大学生のときでした。東北から上京してきたのですが、たまたま行ったオタクのイベントで、ホスト好きの女性と仲良くなりまして。『初回安いから行ってみない?』って誘われたんです」

高野

「ぴよたまさんと同じだ…。初回の安さは魅力的なんですね」

「はい。私もになって、を5人連れて行ったことがあります」

高野

「初回、どうでしたか…?」

「とってもきらびやかな世界でした。タバコに火つけてもらったりして、漫画の世界みたいで…。それが楽しくって今度は定期的に通うようになって…」

高野

「お金はどうされていたんですか?」

「祖父が会社を経営していて月に50万円の仕送りがあったので、夜のお仕事はしてないです。ホストに使った総額は800万円で、月の最高額は150万円ぐらいだったと思います。『シャンパンコール聞きたいなー』と思って、1日で30万円使ったりもしました」

高野

「30万円…。その日って、寝る前とかに『ああ…やっちゃった…』って後悔したりしないんですか…?」

「しますよ」

高野

「…するんだ」

「ただ私の周りだと、男の人に慣れてない、押されると断れないタイプの子が多かったですね。『ここで逃げたらホストがかわいそう』って思っちゃって言われるがままにシャンパン開けちゃったり」

 

ホスト6

高野

「ホストの方に恋したりは…?」

「1人だけいました。売れない俳優で、ホストをしつつ一旗あげようとしてた方です。同棲してました」

高野

「同棲するくらいだから素敵な方だったんですね」

クズでしたよ

高野

「え」

「もともと私が歌舞伎町に近いところに住んでたんですけど、帰りに近いからってうちによく来るようになって、そのまま住み着いたんです。顔も良かったし育てたいって思ってたんですけど、俳優のためのレッスン代を『払って』って頼まれたりして…。全部、飲み代に使われてたみたいですね。挙句の果てには、私のカードで、限度額いっぱいキャッシングされて逃げられました

高野

「警察には相談されなかったんですか…?」

「最初に親に言ったら、おじいちゃんのお金をそんな風に使ってたお前が悪い、痛い勉強料だって言われて」

 

ホスト7

高野

「Sさんは、今はホストに通われてないんですよね。行かなくなったキッカケはあるんですか?」

結婚したいって思ったんです。東日本大震災で一家が被災したときに、やっぱり将来の事とかを考えるようになるじゃないですか。それで『私、彼氏がほしいんじゃない。結婚したいんだ』って。おじいちゃんに相談したら、結婚相談所を勧められて、そこで出会った方とすんなり結婚しました」

高野

「なるほど…。お話をお聴きしていると、ホストクラブもすごい楽しそうではありますが、今、ホストクラブに通っていたことに後悔はしていますか?」

してます。自分では働かずに、人からもらったお金を使ってしまいましたから。ホスト以外に楽しいことを探さずに、暇だなと思ったらすぐ行って…。お金さえ払えば盛り上げてくれる場所が、好きだったんですね。今はほかにハマるものがありますけど」

高野

「ほかにハマるもの…?」

AKBです。ホストには800万円払いましたけど、AKBにはもっと払ってるかも…。ちょうど今日(*取材日5/30)から総選挙の投票なんですけど、CD代で57万円使いました」

高野

「おお」

「私は、AKBがあったから抜けられたのかもしれません」

高野

「抜けた先でも800万円…すごい」

ホスト8

高野

「ちなみに、Sさんも、枝を5人連れて行ったっておっしゃってたじゃないですか。その方たちは…?」

「みんなハマって、今度は私が彼女たちの枝になりました

高野

「一体、なにが起きたんですか?」

「美容系の専門学生の子がいたんですけど、ホストの写真を見せたら『私も行きたい!』って言われて。連れて行ったら、芸能人ばりにカッコいいホストにハマりこんじゃったんです。1ヶ月ぐらい経ったころですかね、その子から連絡が来て、『私、デリヘル始めることにしたの』って。そのデリヘルは担当のホストに紹介されたみたいです」

高野

「…」

「彼女いわく、『彼に強制されたわけじゃないの。俺のためにがんばらなくていいよって言われたんだけど、私がお金を稼いでがんばって、彼を1位にしてあげるんだ』って」

高野

「ホストに頼まれたわけではなく、あくまでご本人の意思だと…」

「私も責任を感じて止めようとしたんですけど、止めたとしてもそれだけの責任を取れないし、どうしようもないなと思って……。半年後ぐらいにまた連絡取ったら、今度は本番ありの裏デリで働きはじめたって言われました」

高野

「…なるほど。今はその方とは連絡は…?」

「えっと…薬で捕まっちゃったので…」

 

ホスト9

高野

「なんだかネガティブな話が続いてしまいましたが、中には『ホストに通いはじめて良い意味で人生が変わった、明るくなった、前向きになれた、素敵な出会いがあった』みたいな方もいらっしゃると思うんです。トータルで見て、もし今、Sさんがお友だちから『ホスト行きたい』と言われたら、勧めますか…?」

「難しいですが、少なくとも大切な友人には勧めないです。初回だけなら、高くても5000円ですし、お酒ついでもらってイケメンたくさん見て、『あー楽しかった』で終わるならいいです。でも、その子が『また行きたい』って言ってきたら『もうやめておきな』って言うと思います」

 

 

3人目:初回荒らしのホスト食い 無職のティンコさん

ホスト10

高野

「ホストにハマったキッカケを、教えてください」

texinko

「IT企業に務めていた2年前、ホスト狂いの後輩から『てっとり早くイケメンとセックスできます』って誘われて。行ってみると、『わー!確かに食えるじゃーん!スゴーい!』ってなったんです。それから初回荒らしになりました」

高野

「……。その、そんなに簡単にできるものなんですか……?」

texinko

「わりとできます。まずは性欲が強そうな人を見つけるんですよ。『あの人のは絶対でかい』みたいな。私とかは、その人の顔を見れば大体大きさがわかります。先細そうとか、ソリなさそうとか」

高野

「……。僕のは…?」

texinko

「キレイそう」

 

ホスト11-1

高野

「今までの方とは異質な感じがしますね…。なんだろうこの感じ…。初回でできるなんて、まだ信じられないですけど…」

texinko

「清潔感があればできますよ。私の場合は性欲が溜まってるときに行くんですけど、ホストに『この後なにしてるの?』って言われたらGOのサインです。2人でそのままホテル行きます。彼らからすると、お客さんへの先行投資みたいな意味もあるかもしれません」

高野

「なるほど…。ちなみにですが…ホストの方との経験はどれくらい…?」

texinko

「初回ですぐしたのが4人で、トータルが2桁前半だと思います。1番良かったのが、元Jリーガーのホストの方ですね」

高野

「元Jリーガーのホストの方は、どんな方だったんですか?」

texinko

「すごい良かったです。会って3ハメ、朝方1ハメ、別れ際におかわりみたいな。お互い違うかなと思って、気がついたら疎遠になってましたけど」

高野

「ティンコさんは初回荒らしということですが、会い続けるとお金かかりませんか…?」

texinko

「売れてるホストはデート代もホテル代も全部出してくれるんです。それに2年前は私に愛人がいたので、その愛人と1回3~4万円でデートして、もらったお金をホストに流してました。」

高野

「今も通ってるんですか……?」

texinko

「IT企業も夜のキャバクラも辞めて、たまたま知り合った朝ホスの店長さんの所に遊びに行くぐらいです。初回荒らしも辞めました」

 

ホスト12

texinko

「でも、ホストの人達と過ごしてて思うのが、ホストの方とデートするとお金を出してくれて、恋人気分になって、私だけは特別なんだって感じになりがちなんですよね。本営されて本気でハマる子は、そうやってじわじわ外堀を埋められちゃうんだと思います」

 

 

4人目:3000万使った女子大生 あゆさん

ホスト13

高野

「最後の方は、僕と同い年の21歳ということですが、ホストにハマったきっかけを教えていただけますか?」

ayu1

「地方の出身なんですけど、もともとテレビとか雑誌で見ていて、ホストクラブに興味があったんです。初回が安いことを知って、18歳のときに友だちを誘って行きました」

高野

「18歳……?初回は、どうでしたか?」

ayu1

「楽しかったです。大学生同士で飲み会すると盛り上がらなかったりしますけど、ホストの方たちは仕事なので、十中八九楽しくて。つまらないってことがありませんでした。最初のうちは初回荒らしになって『ホストって楽しい―!』って感じだったんですけど、3ヶ月ぐらいで『この人ならお金使ってもいいな』って思える担当ができて…」

高野

「お金は、どのくらいを…?」

ayu1

3年間で3000万円で、一晩の最高が300万円ぐらいです」

 

S__40665131

S__40665130

※あゆさんから頂いた画像

ayu1

19歳のとき1日で300万円払って、シャンパン40本分のタワーを頼みました。未成年なので一滴も飲めなかったんですけど、後日クリスタルもいれてその月が400万円だったと思います。タワーをすると周りがすごい盛り上げてくれて、30分ぐらい店のホストがみんな集まってコールしてくれるんですよね」

 

_DSC0227

※「19歳が1日で300万」は流石に引きます

高野「僕にくださいよ。ホストの方のレベルとは言わないまでも、300万円くれるならいくらでも歌舞伎町走りまわるのに…。さすがに、そこまでの大金を使った日は、夜も眠れないんじゃ…?」

ayu1

「そうですね…。1番最初にシャンパンを下ろした日に会計が何十万もいって、半年ぐらいはうわーって感じでした。親からも引かなきゃいけなくて、胃が痛くなって」

高野

親から引く、とは…?」

ayu1

「ホスト狂いになってから、600万円ぐらい親からお金を引っ張ったんです。『免許とりたいから』とか『引越ししたいから』って言って。他にも預かっていた緊急用の通帳から下ろしたり。そのときハマっていた担当に合計1000万円ほど使っていたので、600万は親からのお金で、残り400万円は自分のお金から出しました」

高野

「その400万円は、どうされたんですか?」

ayu1

「もともと高校生の頃から追っかけているビジュアルバンドのために、キャバクラで働いていたんですよね。遠征費とかがかさむので、仕送りだけじゃ足りなくて。ホストにハマって担当ができるともっとお金が足りなくなって、デリヘルとかSMとか、ストリップで働きはじめました。今はソープランドで仕事しています。周りの子たちの資金源を見ても、本当のお金持ちは極少数で、圧倒的に多いのはキャバクラ、風俗なんかの夜の仕事か、パパ活で愛人からもらったお金ですね」

高野

「なるほど…。…あゆさんは、どのぐらい稼いでいらっしゃるんですか…?」

ayu1

「ホスト狂いだったときはそんなに稼いでなくて、キャバクラで月50〜80万円ぐらい。今はソープランドで月に12日ほど働いて150万円ぐらいです」

高野

「すごい金額ですね…」

ayu1

「太ってたりしてあまり可愛くなくても、若い子が大衆店で1日12時間働けば、月100万円は行くと思いますよ」

 

ホスト17

高野

「お話をお聴きしていると、やっぱりホストの方はプロなので楽しそうだなって思うんですけど、100万円とかあればハワイで豪遊して散々遊んで帰ってこれると思うんです。ハワイではダメなんですかね……?」

ayu1

「なんですかね…。最初にフィーリングで好きになって、同じ人を何回か指名して、お金をたくさん使って…。金額が大きくなっていくと、執念みたいになるんです。『これだけお金使ったんだから、今さら引き返せない』って。店に置いてある、飾りボトル※とかを見ると余計に…。その意味では、ソーシャルゲームの課金とかと同じかもしれません」

※飾りボトル…その名の通り「飾り」のボトル。デザインがオシャレだったりするので入れたお客のテーブルに並べる。一度入れた「飾りボトル」はそのお客が来るたびに並べられるので「勲章」の感覚に近い

高野

「課金…ですか?」

ayu1

「今までいっぱいお金使っているから、ゲーム自体に飽きても引き返せなくなるんです。ガチャの課金にお金をたくさん突っ込んで1位取っちゃったら、その1位をキープするためにまた使っちゃうっていう感じですかね」

高野

「なるほど…」

ayu1

「違いといえば、ソーシャルゲームは喋りませんけど、ホストは、目の前で動いて話してくれることです」

 

ホスト19

高野

「ここ最近、ホストに使われるお金は月数十万円とのことですが、以前より減った理由はあるんですか?」

ayu1

「私、担当のエースだったんです。最初は育てたい欲があったけど、だんだんと『私はこんなに使ってるのに、なんで他の女にももっとお金を使わせないの?』みたいに思うようになってきて。毎月無理やり何百万とか使わされて、ストレスになって。ソープランドで待機中とかに、メンタルもすごく病んで来て。『こっちががんばって働いている最中に、この人は他の女の子と遊んでるんだな』とか。自分より幸せそうだったのが許せなかった。『今日は30万円までしか使わないからね』って言っても、『俺の顔を立てるためにもっと』みたいに言われることが続いて、もういいかなって…」

高野

「そうだったんですね…。今は借金とかもなく…?」

ayu1

「はい、余ったお金は貯金しています。一緒に合番して担当に本営された子は、お金を使いすぎてたくさんの掛けを作っちゃって、今はもうどこにいるかわからないですけど…。それこそ借金でいえば、坂口杏里さんにもお会いしました。私と担当が被ってたみたいです」

 

ホスト18

高野

「大学をご卒業後は、お仕事の方は…?」

ayu1

「風俗は辞めます。ホストは、初回荒らしなら居酒屋より安いので、ストレス解消のためならいいかなって」

高野

「…過去に戻れたとして…もう1度3000万円を使いますか?」

ayu1

「絶対に使わないし、風俗もやりたくないです。こっちの道に進んだ時『自分は絶対に後悔しないし結婚もしなくていいや』って決めてました。でも、地元の同級生の女の子の結婚の報告とか、子どもができましたって投稿をSNSとかで見ると、『こういうのっていいな』って羨ましくなります。事務職や公務員に、私はなりたかった

 

 

まとめ

取材させていただいた4人方のお話をもとに、ホストにハマる理由をざっくりとまとめてみたいと思います。

・初回の安さ

3000円で飲み放題、カッコよくて盛り上げ上手な方と飲めるとあって、行ってみたくなる気持ちがすごくわかる気がします。

初回が安いことを知る
→友だちと行ってみる
→楽しい
→居酒屋に行くより良い
→いろいろなお店の初回に行きはじめる

のような方が多いなと思いました。

・担当

初回をいろいろ回ったところで、お気に入りの担当ができて、特定のお店に行く頻度が増えはじめるのかな…と。

担当ができる
→特定のお店に行きはじめる
→お金を使う量が増える
→引き返しづらくなる

個人的には、あゆさんのお話の中にあったソーシャルゲームのたとえが、なんだかしっくりきました。

・基本は夜職とセット?

4人中3人が、夜職のご経験があるのが印象的でした。使うお金の量が増えるほど引き返しづらくなり、もっとたくさんのお金が必要になるのでしょうか。

仕送りがたくさんある方は別として、若い方が稼ぐとなると、どうしてもアルバイトは限られてくるのかもしれません。

夜職をはじめると、今度はふつうのお仕事で稼げる額との差にびっくりして、昼職に戻りづらくなるのでしょうか…?

 

偶然お越しいただいた4人ではありますが、ホストに行きはじめたキッカケやお仕事のことなど、思っていた以上に共通した部分があった印象でした。

今回はあくまで「ホストにハマった方々」に集まっていただいたため、たしなむ程度、もっと少ない金額を使われている方ですと、違ったようになるのかな、と思います。

 

ライター:高野りょーすけ
撮影:長橋諒

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ