【なんで?】日本経済新聞社が手掛ける、まったく新しいサウナイベントの全貌を少しご紹介_PR

こんにちは。ヨッピーです。ずっと銭湯及びサウナが大好きで週に8回(1日2回行く日もある)行ってたら、日本経済新聞主催&フィンランド大使館後援のサウナイベントに呼ばれました。

ヨッピーさんヨッピーさん。今度サウナのイベントやるので、モデレーターとして出て頂けませんか?

なんか知らんけど、ええよ。

それでは、モデレーターとして写真を掲載するので撮影させてください!

うん。ええよ。

そしたらなんかビジネス界隈のえらい人達と一緒に、参加者としてHPで晒されることになりました。
どう考えても僕の収入が1番低いし場違い感もすごい。

そしてこれが2日目のメンバー。やっぱり僕の収入が1番低そう。


NIKKEI INNOVATIVE SAUNA
https://adweb.nikkei.co.jp/innovativesauna/

ちなみにイベントの詳細についてはこちらのHPを見て頂ければと思うのですが、初見から「やべーな」という事が伝わる配色&デザインでイベントが始まる前からSNSのサウナ好きの間でザワザワしておりました。

 

日経新聞がこのイベントを企画した背景には「ビジネスパーソンって、最近こぞってサウナにハマってるな?」というのがあるらしく、確かに言われてみれば僕の周りの経営者クラスやバリバリ仕事してる人たちも揃って「サウナ!サウナや!」って騒いでるイメージがあるぞ、と思うわけです。

でも、それって「仕事がデキる人はサウナに行く」なんてものじゃなくて、「仕事がデキる人は死ぬほど忙しくて肉体的にも精神的にもボロボロになってるからサウナにでも行かないとやってられない」っていうのが正しい気がします。

まあまあ。でもヨッピーさんもどこかで「企画を考える時はサウナに行く」っておっしゃってましたし、考えを整理して何かを思いついたり、あとは逆に仕事から離れてリフレッシュする手段としてサウナが最適なんじゃないかと。

まあね。僕はずっと前から「日本国民が全員サウナに通うようになればGDPが3倍になる」って何の根拠もないデマをバラ撒きまくってますからね。サウナが仕事面でめっちゃプラスに働いてる実感はあります。

でしょう。だから、サウナに入る事が、ビジネスのスタイルを変えるんじゃないかと。そういったものを深堀りするためのイベントです! ちなみに、感染拡大防止ガイドライン準拠、密にならないよう二日間に分けての開催です!会場もラグジュアリーなサウナ付のヴィラを貸切りました!

会場は目の前が海の、プール&サウナ付の別荘だそうです。

Futtu villa
https://www.futtuvilla.com/

 

サウナってそんなに気合い入れて入るもんでしたっけ。でも、こんなイベントに協賛って集まるもんです?

はい。一瞬で決まりました。引き続き協賛社は募集中ですが、当初の予定を上回る協賛を頂いております。

マジかよ……。

協賛社に話を聞きに行こう

1社目:オープンワーク株式会社

そんなわけで物好きな協賛社のかたに話を聞いてみることにしました!
こちらが1人目、オープンワーク株式会社、代表取締役の大澤陽樹さん!

大澤陽樹……

1985年生まれ。東京大学大学院卒業後、リンクアンドモチベーション入社。中小ベンチャー企業向けの組織人事コンサルティング事業のマネジャーを経て、企画室室長に就任。2019年11月オープンワーク副社長。2020年4月より現職。

サウナは週に2~3回。基本的には通っているスポーツジムのサウナ。ただし、「マジでヤバいぞ」っていうぐらいに疲れた時はここ、タイムズ スパ ・レスタや新橋のアスティルといった専用施設に行く。サウナ歴13年。

ロケ地:タイムズ スパ ・レスタ

池袋にあるラグジュアリーなサウナ施設。男女で使える&高級感のある内装でデートにもバッチリ!

協賛した理由を教えてください!

単純に、サウナが好きだからです

なんたるアバウトな理由。社内から反対されませんでした?

されました。

されたのかよ。

でも、「サウナがビジネスを変える」っていうのは本当にそうだと思うんですよ。経営者層ですごく流行ってるじゃないですか。接待ゴルフじゃなくてサウナ外交みたいなものも生まれてて。

そもそも、ハマったきっかけってなんですか?

僕が大学院で所属していた研究室が、今思えばけっこうブラックだったんですよ。夜中の2時とか3時まで研究して、流石にキツいからそのままサウナに行くんですけど、それが気持ち良くてそのままハマったっていう。そんな生活だと、どこかでリフレッシュしないとやってられなくて。

わかる。仕事がキツければキツいほどサウナに逃げたくなりますよね……。駆け込み寺みたいな……。

そうなんです。もちろん「思考が整理される」とか「アイデアが固まる」とか、そういう作用もありますけど、突き詰めると「気持ちいい」っていう、ただそれだけなんですけどね。

ちなみに、オープンワークってなんの会社なんですか?

会社版の食べ〇グみたいなやつです。

・待遇面の満足度
・社員の士気
・風通しの良さ
・社員の相互尊重
・20代の成長環境
・人材の長期育成
・法令順守意識
・人事評価の適正感

っていう8項目を利用者の口コミで評価、スコア化して掲載しています。

参考までに、2020年11月23日時点のGoogleの会社評価スコア。めちゃめちゃ高い。

おー!こんなのがあるんですね!僕が新卒で入った会社のスコアもある……!

「会社名+オープンワーク」で検索をかけると、だいたい出てきますよ!

なるほど。これはちょっと見てしまいますね。自分が居た会社とか取引先とか。

就職活動中の学生さんにもたくさん使って頂いてます。今は就活生の内ふたりにひとりは会員なんですよね。

あー、良いですね。会社の採用HPなんて良いことしか書いてないですもんね。あんなもん何の参考にもならないし。

採用する側と採用される側で、情報の非対称性があるじゃないですか。面接で学生に対しては根ほり葉ほり聞けるのに、学生側はなかなか聞けない。

そうそう。聞いたって上っ面の良い事しか言わないですしね。

それってミスマッチの大きな原因になるんですよね。「ウチは給料は良いけど仕事はキツいよ」っていう所に「給料はほどほどでも自分の時間をたくさん欲しい」っていう人が入社したら双方にとって不幸なので。

でも、こういうサイトを運営してたら、「あのレビュー消せ」とか「金払うからスコアあげろ」とかいっぱい来ません?レビューサイトって最近はその信頼性が揺らぎつつあるような。

来ますね。もちろん個人への誹謗中傷や法律上問題があるとか弊社のガイドラインに抵触するものは非公開にしていますが、基本的には公開しています。ポリシーは曲げない主義なので裁判も増えていたり……。言っていいのかなこれ(笑

良いんじゃないですか。「裁判してでもレビューを守る」っていう姿勢はユーザーにとって良いものなので……。

この、レビューの公平性、信頼性はサービスの根幹ですので、例えば我々も色んな会社と取引をしていて利害関係も当然あるのですが、それに忖度するような事は絶対しません。参考までに、我々オープンワークのレビューもあるんですが、そんなに高くない(笑) こればっかりは改善を繰り返して地道に良い会社にするしかないですね……。

オープンワーク株式会社
https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0C1000000sjQHC

ちなみに、評価が悪い会社に、「ウチならオープンワークのスコア上げられますよ!」とか「レビュー消しますよ!」みたいな営業をかける会社さんがあるみたいなのですが、それは全部ウソなのでそんなところにお金は払わないでください!

おっ!もっと言うたれ!

そしてサウナ後にととのう大澤社長。裁判の疲れをぜひサウナで癒して欲しい。

そしてオープンワークより人事向け耳より情報!
「コロナ禍で大変な思いをしている学生の皆さんに」ということで、2022年卒の新卒採用向けの機能が無料化するようだ!詳細はURLを見てね!

https://www.vorkers.com/recruiting/newgraduate

2社目:株式会社Melon

そして2人目! 株式会社Melon代表取締役、橋本大佑さん!

橋本大佑……

早稲田大学卒業後、シティグループ証券投資銀行本部で大手上場会社の資金調達とM&Aのアドバイザリー業務に従事。その後オークツリー・キャピタル・マネジメントに入社し日本株ロング・ショートファンドの運用に携わる。その後瞑想に出会い、実践を継続し絶大な効果を実感。2019年、日本中に瞑想を広めるべく株式会社Melonを設立。

サウナは週に3~4日。ホームサウナは表参道清水湯、渋谷改良湯。3年くらい前からいわゆるサウナブームにまんまと乗せられてハマったそうです。

ロケ地:改良湯

最近リニューアルされた、渋谷駅から徒歩圏内のオシャレな銭湯。サウナ室が暗めで瞑想にもってこい。

「Melon(メロン)」って、なんか変な名前ですけど、どういう会社なんですか?

「Meditation(瞑想)+Salon」で「Melon」なんですよ。月額制の瞑想サロンですね。ヨガスタジオやスポーツジムの瞑想バージョンだと考えて頂ければ。もちろんオンラインのプログラムもあります。

あー、なるほど。協賛した理由も、全てを察しました。サウナと瞑想って明らかに相性良いですもんね。

そうなんですよ。3年前ぐらいですかね? サウナブームがはじまった頃はちょっと斜に構えてた部分があるんですけど。

「ケッ!なーにが『ととのい』だよ!」みたいな?

そうそう!瞑想はずっと続けていたので、「脳をととのえる」っていうのはもう体験済じゃないですか。だから「ととのう」って言われても「本当かな~?」くらいの感じだったのに、サウナに入ったら「これ、瞑想と同じだ!!」ってビックリしました。しかも、サウナ後に瞑想すると明らかに深く入れるんですよね。

すいません、僭越ながらマウントを取らせて頂きますが、僕はその「サウナ&瞑想の相性の良さ」に4年前から気付いてましたよ

えっ、本当に!?

はい。瞑想やってみたっていう記事を書いた事があるんですが、その記事のオチが「瞑想したけりゃ銭湯行け」ですからね。

本当だ……!ちなみに、その後は瞑想を続けてますか?

いや、記事を書くために1週間くらいはやってたんですが、その後はとんと……。僕じっとしてるの大嫌いだし……。

うーん、「瞑想」って、ちょっと宗教っぽいですし、「本当かよ」みたいな意見もあると思うんですが、ここ10年~20年でマインドフルネス瞑想に関する論文が何千も出てきて、科学的なエビデンスが揃ってきてるんですよ。

や、瞑想の効果を疑ってるわけではないですよ。「僕みたいな人間には実際効くんだろうなぁ」とは思ってます。

そうですね、例えば、

・集中力がつく
・自分を客観的に見られるようになる
・感情をコントロール出来るようになる
・他人の感情を読み取る力が増える

みたいな良い変化が得られます。科学の進歩で「瞑想中のお坊さんの脳内で何が起こっているのか」「脳味噌のどの部分にどういう変化があるか」というのを数値的、客観的に調べられるようになってきてるんですよね。

じゃあ、例えば怒りっぽい旦那さんがいていつも家庭でケンカばっかりしてる夫婦が、瞑想を覚えたらそれでケンカが収まったりするんですかね?

そういう実例は実際、たくさんあります。

うーん、でも、瞑想って難しいからなぁ。

そうなんですよね。瞑想ってちょっとコツが必要なので。サウナは一発でわかりますけど、瞑想は早い人でもコツを掴むまでに1~2週間はかかります。だからこそ我々みたいなプロが導いてあげるのが大事なんじゃないかと。でも一番大切なのは、なによりも「継続」です。筋トレで、正しいフォームを習っても続けないと無意味なのと同じで、毎日5~10分でも続けるのが大事なんですよ。

なるほど……。でも続けられる気がしない……。何もしないでずっと座ってるとか不可能……。

そこでサウナなんですよ!考えて欲しいんですけど、サウナってずっと座ってるだけじゃないですか

!!!!!

サウナならスマホも持ち込めないし、他にやることもない。更には周囲が熱いから、感覚が鋭敏になって五感に意識が集中するんですね。だから、サウナーの皆さんにはサウナに入ってる間に瞑想して欲しいんですよ。

座って、目を閉じて、自分の呼吸や脈拍、どの辺に汗が出てるか、どれぐらい体温があがってきたかとか、自分の五感に意識を集中しながら5~10分じっと座るっていう。これを毎日続ければそのうちコツがわかってきます!

なるほど!瞑想はサウナの中でやれば良いのか!

そう!サウナの中で瞑想して、水風呂の中で瞑想して、外気浴しながら瞑想するっていう。これを続ければバッチリです!

なるほどなぁ。っていうか、考えてみたら最近流行ってる遊びって全部瞑想の要素が入ってますよね。キャンプ場の焚き火とか釣りもサウナもそうですけど。基本的には「ちょっとぼーっとしながらやる遊び」みたいなものに注目が集まってる気がする。

やっぱり、現代人にはそういうのが必要なんですよ。だからサウナーの皆さんはサウナの効果をもっともっと高めるためにも、サウナと瞑想を併用することをおすすめします。最初の内は正しい姿勢とか呼吸法とか、そういうのをちゃんと習った方が良いと思いますけどね。

どうしよう。Melonに課金したくなってきた。

ちなみにこの取材のあと、爆速でサウナ×瞑想のやり方について、橋本さんがnoteにまとめてくれたのでこちらもぜひ読んでください!

サ道2.0「サウナ瞑想の作法」
https://note.com/melon_daisuke/n/nc8ba777ec659

サウナ&銭湯帰りの風景がキラキラして見えたりすることが多いけど、橋本さんいわく「瞑想を覚えればもっと深い体験ができますよ」とのこと。ぜひ皆さんにもサウナ&瞑想のコンボを試して欲しい。

3社目:株式会社アドウェイズ

更に3人目!株式会社アドウェイズ代表取締役の岡村陽久さん!

岡村陽久……

中卒でアルミ製品の訪問販売業に就職。16歳でトップ営業マンに。後に大阪の近畿設備に転職し、換気扇フィルターのセールスで全国2位の営業成績になる。その後テレビのニュースでサイバーエージェント藤田社長が「これからはインターネットだ!」と言ってるのを聞き、「これからはインターネットなんだ!」と思いサイバーエージェントへの就職を画策するも失敗、結局起業してアドウェイズエージェンシーを設立。2006年に当時最年少(26歳)で東証マザーズに上場。ヨッピーの友人でもある。

サウナは週に3~4回。行きつけは君津の湯、ホームサウナは自宅のサウナ。

そんなわけでこれまで「サウナイベントに協賛した理由」について色んな人に聞いているのですが、実はアドウェイズ岡村さんが協賛した背景には、こんな出来事がありました。

~~~回想中~~~

ユンボを操作して、買った土地を整備する岡村さん。

岡村さん岡村さん!

え?どうしました?

日経新聞がサウナのイベントやるらしいから協賛してください。

あ、はい。わかりました

やった~~!

あ、ただアドウェイズは上場企業なので、僕の独断で勝手にお金を動かせないんですよ……。

なるほど。じゃあ岡村さんのポケットマネーで払ってください。

おお、そうですね!そうします!

~~~回想終わり~~~