横浜アンパンマンこどもミュージアムが移転リニューアル!初日に潜入してきた

横浜のアンパンマンこどもミュージアム&モール(通称:アンパンマンミュージアム)が横浜市内に移転し、リニューアルオープン!雨の日でも天気を気にせず遊べるようになりました!他にもどのように変わったのかを詳細レポート!

こんにちは、子育て筋肉ライター、あや郎です!

アンパンマンが大・大・大好きな子どもを育児中の方に朗報!!

7月7日、横浜アンパンマンこどもミュージアムのお引越しが、ついに完了しました!!!

そう、今まであった横浜アンパンマンこどもミュージアムが一時閉館となり、同じく横浜市内に移転、7月7日にリニューアルオープンしたのです!

「雨だから外で遊べなさそうだし、アンパンマンミュージアムが今日オープンだから行ってみる?」と思いつきで行ってみたら、娘が狂喜乱舞、もの凄い盛り上がりっぷりだったのでご紹介させてください!

ちなみにこの日は、夫と今年4歳になる(まだ3歳)娘と一緒に行ってきました。


建物の入り口には大きなアンパンマンのオブジェ。これには子供たちも到着早々テンションMAX間違い無し!

重度のアンパンマン厨の娘も大歓喜です。

ちなみに、移転前は無料エリアの広場に屋根が無く、屋外のショーが雨天中止になるなど、天候に左右される事も多々ありました。ショーの中止を聞いてギャン泣きする子供たちを何人見てきたことか……!

でも、新しい横浜アンパンマンこどもミュージアムは大丈夫!

お店も広場も、ぜ〜んぶ屋内にあるので、暑い日も寒い日も雨の日も快適に遊べちゃいます。

では早速、横浜アンパンマンこどもミュージアムの中に入ってみましょう!

 

まずは1階から!

※この画像は、実際に頂いたパンフレットの一部です。

これが無料!?1階の「ひろば」で繰り広げられる超ハイクオリティーなショー

1階には主にショップとフード・レストランが入っているのですが、お店の前の「ひろば」では演技力抜群のお姉さんと、だだんだん、アンパンマンごう(ひこうけい)が登場するショーが繰り広げられます!

演出がとても素晴らしく、モクモクの雲を連想させる上空から登場するアンパンマンごう。そして…

扉をこじ開けて入ってこようとする だだんだん。

「大丈夫!この扉はマイクが無いと開かないから!」と、安心させてくれたお姉さんの頑張りも虚しく…

結構あっさり開門。

だだんだん、降臨。

娘撃沈。けっこう本気で怖がってました。

このシーンは間近で観ると大人でもちょっと怖い。

とにかく照明や音響が凄いんです。ひろば後方にはPAエリアもありました。泣き声はありませんでしたが、子供たちの「キャー」という悲鳴が延々と聴こえてきます。

そしてなんと、このショーのもう一つの楽しみ方を見つけてしまいました。

だだんだんの横に張り付くお兄さん。

何を操縦しているのか、はっきりとはわからなかったのですが、ショーの間、だだんだんの横に張り付いて俊敏に動いていました。

「プロフェッショナルや〜。」と、思わず意外なポイントに見とれてしまったのです。

そして紆余曲折あり、クライマックスはノーズパンチ

会場のみんなの声援もあってか、だだんだんはあえなく退散。

バイバイキーン!

それにしても凄い数の人……。

さて。移転前の横浜アンパンマンこどもミュージアムをご存知の方なら思ったはず!

「このショー、アンパンマンもバイキンマンも出てこないやん!」

…と。

移転前の横浜アンパンマンこどもミュージアムでは、無料で入れるエリアのショーでも、キャラが勢ぞろいでパフォーマンスを披露してくれていたんです。

夫曰く「無料エリアにはアンパンマン出さなくなったんだな。世の中そんなに甘くないってことか……!」

なんて言っていましたが、単にアンパンマンが忙しすぎるから働き方を変えたのかなと思いました(笑)でも夫の言っている事も確かで、有料エリアとの差別化を図ったのかもしれませんね。

ところでこの1階の無料で入場できるエリア。私は別名:課金煽りエリアと呼んでいます。

先ほどご紹介したクオリティの高いショーが無料で観られちゃったりして、「めっちゃお得やん!凄いやん!無料なのに!」…って、初めて来た時は思うんですよね。最初は。

でも結局、

魅力的な1階のお店の数々

気付いたらどこかしらのお店のお世話になっているのではないでしょうか……。子どもの「買って買って攻撃」があちこちで繰り広げられていました。

この1階 課金煽りエリアは、課金したくなる魅力が詰まっているので皆様、くれぐれもお気をつけくださいませ……。

レストラン・フードコート

この1階にはアンパンマンレストランとフードコートもあるのですが、レストランの予約ボードには260分待ちという文字の下に申し訳なさそうに「本日の受付は終了しました」と書かれており、フードコートは完全に戦意が喪失するレベルで行列ができていたので、私達一家は近隣の飲食店まで移動して食事を摂りました。食べてみたかった!

 

さて、次はこちらです!

3階 ミュージアム

2階にはチケット売り場、ロッカー、トイレがあるだけなので、遊ぶには3階に上がります。

ちなみに3階ミュージアムの入場料は大人も子供も一律2,200円。「えっ!高くない!?」

…と思いましたが、時間制限が無くてありがたいし、設備とスタッフさんの教育に凄く投資しているのがわかるから、アンパンマン様へのお布施だと思って腹を決めてお支払いするしかないなと思いました。

そして有料エリアで、念願の

アンパンマンショー!

はまれぽ.com編集部さんのツイートを引用させていただいております。

私たち家族が入館した時ちょうどこのショーをやっていたのですが、ものすごい混雑っぷりで、娘はかろうじてパパの肩車で観ることができる感じでした。

このバタコさんがアンパンマンに顔を投げるシーンは、子供より大人の歓声が大きかったですね。

メインはくらやみまんVSアンパンマンの闘い。

くらやみまんがだいぶリアルで怖かったらしく、娘は肩車してくれているパパの髪を、ぎゃあぎゃあ言いながら頭皮ごとモゲるんじゃないかって位に鷲掴みにしていました。可哀想。

 

次に遊びに来たのは

わんぱくアイランド!

これ、絶対楽しいでしょ。

くじらのクータン!大きい!

海に模したパーツが弾力性のあるクッションになっていて、子供たちは喜んで飛び跳ねていました。

こういうロープを使って登るの、子供って大好きですよね。

復路はシューっとすべり台のように滑って帰ります。

網目が小さくなっていて、子供の足が落ちない配慮がされている…!

公園やテーマパークでも、意外とここまでの気遣いが無いところは多いですが、小さい子供を連れた親にとって、これはとても嬉しい事です!素晴らしい!

坂のついたボールプール!普段の遊び方より幅が広がってワクワクしますね。

ただこのエリア…土足NGかOKか表記が無く、迷っている親御さんが多々。そしてほとんどの子供たちが土足で入っていました。

…土足でいいの? ※施設に確認したら土足でいいそうです!

 

〜ここでちょっと休憩〜

トイレ

トイレもワクワクするデザイン!

ウォーターサーバー

わんぱくアイランド近くのトイレの前にはウォーターサーバーがありました。

「いきかえるぅ〜。」

お歌のステージ

売れっ子アンパンマンはここでも大忙し!

お歌のステージでは、みんなで楽しく歌います。

パン工場

大人が取り囲むような形になっていますが、中で何が起きているのかというと…

みんなでパンを作っています!

これ、ぜ〜んぶが作り物だというのだから驚きですよね。

画面左下の生卵なんてもう、本物にしか見えないじゃないか……。


こねたら焼く!焼きたてのパンもまた、とてもリアルで美味しそう!

みんなのまち

パンが焼けたらアンパンマンごうで出発だ!

…このアンパンマンごうも、移転前の施設をご存知の方にとっては懐かしい&驚きなのではないでしょうか?

やたらデカくなってます。

入り口のアンパンマンのオブジェといい、くじらのクータンといい、ショーに出てくる だだんだん や くらやみまん といい、みんなデカい。

きっと、子供目線での等身大サイズになるように設計されているんですね。

これは子供たちにとって、とても嬉しい事ですよね。大好きなアンパンマンの世界に入って楽しんでいる子供たち。その姿を見守る親御さんたち。

そして、まだまだ他にも楽しい要素はいっぱい!

かわいいスイーツショップ。

めいけんチーズとレアチーズちゃん。

おっとこちらはドリアン王女。

「びっくりした〜(汗)」

パトロール中?のアンパンマン登場

みんなのまちで遊んでいると、アンパンマンが大名行列よろしく大勢の人を引き連れて(厳密にはみんながついて来ただけ)登場。

偶然にも目の前で握手会がはじまる。

あっと言う間にこの人だかり。

ラッキーな事に、娘はシュルッと入って良い場所へ。

そして、人間に埋もれるアンパンマン。

ぜんぜん勇姿が撮れまへん。

でも娘は「ギュッてしてもらったよ〜!」

と、目をキラキラ輝かせて戻ってきたので良かったです。

そろそろ疲れたね〜。という事で、これにて撤収。

 

ジャムおじさんのパン工場

最後に記念にパンを買おうと立ち寄ったら、既に売り切れでした。

移転前から何度も通っているのですが、夕方の時間帯で売り切れているのは初めて見ました。

恐るべしオープン初日。

こちらはサンプル品。個人的には、味はしょくぱんまんが好きです。

ハイ、撤収撤収〜〜〜。

 

いかがでしたか?

横浜アンパンマンこどもミュージアム

こんな感じで、雨の日でも全く天候を気にする事なく楽しむことができました。

1階 無料エリアも、3階 有料エリアも、想像を上回る魅力的な工夫がいっぱいの横浜アンパンマンこどもミュージアム!

盛りだくさん過ぎて紹介できなかった素敵なところもまだまだあるので、ぜひみなさんも遊びに行ってみてください…!

もちろん授乳室や子供用トイレ、バリアフリートイレ、ロッカー、喫煙室、エレベーター、などなども完備!

こんなに立派なインフォメーションもあったよ!

 

【まとめ】

・雨でも遊べる

・1階アンパンマンカーニバル王国のアトラクションが新装ハイクオリティーになっている

・1階ポップコーンやさんのポップコーンが相変わらずめちゃくちゃ美味しい

・1階ひろばで繰り広げられる だだんだん とアンパンマンごうのショーのクオリティが高くて凄すぎる

・スタッフさん全員のホスピタリティが徹底されている

・3階ミュージアムにて、身体を使って楽しめる要素が移転前より増えた

・パン工場のリアルさに脱帽

・遊具が新しくなっていて新鮮だし、小さな子供でも安心な設計

・子供たちが等身大サイズで楽しめる工夫がされている

・3階ひろばで見られるショーで、バタコさんが投げるアンパンマンの新しい顔が弧を描いて飛ぶのが面白い

「楽しかったね〜!」とニコニコ(途中からは眠くて抱っこ)の娘を連れて帰路につくのでした。

横浜アンパンマンこどもミュージアムの営業情報

交通アクセス

電車でお越しの方:
みなとみらい線「新高島駅」4番出口より徒歩3分
JR「横浜駅」東口より徒歩10分または、きた東口Aより徒歩13分

車でお越しの方:
首都高横羽線線「みなとみらい」出口より4分みなとみらい出口を出てみなとみらい大通りを左折 5つ目の信号(とちのき通り西)を右折

駐車場
第1駐車場(B1)/120台 第2駐車場(富士ゼロックス1F)/185台
最初の1時間600円・以降300円/30分

住所
〒220-0012
神奈川県横浜市西区みなとみらい6-2-9

TEL
045-227-8855(10:00-18:00)

営業時間
ミュージアム 10:00-17:00(最終入館16:00)
ショップ&フード・レストラン 10:00-18:00

休業日
元日/臨時休業あり

入館料
2,200円(税込)※1歳以上
※指定の障がい者手帳をお持ちの方(つきそい1名様まで)手帳の提示で半額
※当日に限り再入館可能
※ショップ&フード・レストランは入場無料

公式HP
http://www.yokohama-anpanman.jp

 

横浜アンパンマンこどもミュージアム周辺の参考情報

<グルメ>
子供・赤ちゃんOKのグルメ&レストラン / ぐるなび

<宿泊>
Yahoo!トラベル
楽天トラベル
じゃらん