定休日をお願いする張り紙がバズりまくったカレー屋「ナマステカレー」を取材してきた

定休日をお願いする張り紙が可愛いとTwitter上で話題になった、島根県浜田市の「ナマステカレー」に行ってきました。「休むタイミングがわからなくなりました」という店主のシンさんは、あの張り紙がバズったあと、果たして無事にお休みできているのでしょうか?お店の”その後”をライターが確かめてきました。

IMG_3285

荒れ気味の海を背中にこんにちは。

十勝の記事を出したばっかりなのに4月末に東京に引っ越してきた、シスコンライターの佐々木かえでです。
突然ですが、皆さんはSNSでこちらの張り紙を見たことはありますでしょうか。

IMG_3292_trimmed

 

お客様へ

昨年十二月二十日より休まず、休むタイミングわからなくなりました。
で、休みたいので、三月より毎週火曜日を定休日にしたいと思います。
OKですか、大丈夫ですか?
予約を頂けたら火曜日も営業しますからお願いします。
だから火曜日がお休みです。
カレーをお楽しみのお客様は、火曜日以外でお願いします。ダイジョーブですか?
いつもありがとうございます。ナマステ

シンさん

か、かわいい……!

 

5月22日時点で32万いいねされてます。

すごくないですか? 32万とか、私が住んでた町の人口の8倍です。

“ちょっとした自治体レベル”どころの話じゃねぇ!

さて、ちょうどこのインドカレー屋さんがあるという噂の島根県に行く用事があったので、ついでに行って来ましたよ~!

張り紙がバズったことによるお店への影響は?
1日10食限定「にちようびのスペサルカレー」のお味とは?
店主のシンさんは、果たして無事に毎週火曜日にお休みできているのか?

実際にお店に足を運んで、店主のシンさんにお話を伺ってきました!

島根県浜田市にあるナマステカレーは愛と優しさでできていた

鳥取県の米子鬼太郎空港から車で150kmほど走ったところにそのカレー屋さんはありました。

IMG_3300

お持ち帰り専門 インドカレー

ここだ……!!!

私事ですが、余裕をもって家を出たのに電車を数回乗り間違えて飛行機を逃し、キャンセル待ちをさせてもらっていたら奇跡的に次の便に乗れて鬼太郎空港に着陸、午後2時過ぎから強風と豪雨の協奏曲(コンチェルト)の中ギリギリの海沿いとカーブだらけの山道を4~5時間運転して、ブラックコーヒーを浴びるように飲み、尋常でない回数のトイレ休憩を乗り越え、ときどき道を間違えながらやっとの思いでたどり着いたこのお店。煌々と輝いて見えました。

運転してから2時間くらいして思いましたが、ついでに寄るってレベルの距離じゃねぇ。

人物アイコン_かえで「こんにちは!遅くなってすみません…!(3時間半遅刻)」

人物アイコン_シンさん「いえ、大丈夫ですよー」

IMG_3306

みなさん。こちらのにこやかでお優しい菩薩のようなお方が、島根県浜田市にある「ナマステカレー」の店主、スケーシュ・シンさんです!例の定休日の張り紙を書いた人!

張り紙から連想されるままの優しい人柄。

あ、そうだ、張り紙張り紙……

こちらです!

IMG_3292

本当にあった……!!!

これが、32万いいねを巻き起こした伝説の定休日の張り紙……!!!!!!

普段Twitterの中だけで生活していると、バズったツイートの元ネタを見るとウッヒョォォォってなりますよね。超尊い。

IMG_3294

張り紙増えてるぞ!

IMG_3296

どうやらバズった直後に地元の新聞が即座に取材に来たようです。「お前ww有名人じゃんwwww」状態ですね。(Twitterには友人のツイートが伸びると「お前ww有名人じゃんwwww」とリプライ(返信)を送る風習があります)

SNSのちからってすげー!と思いました。

 

「にちようびのスペサルカレー」を注文したよ

人物アイコン_シンさん「なににしますか?」

人物アイコン_かえで「あっ、えっと、うーん迷うな……オススメはありますか?」

人物アイコン_シンさん「うーんと、1番人気なのはチキンカレーとナン」

人物アイコン_かえで「チキンカレーとナン!」

人物アイコン_シンさん「あとは、日曜日だから今日は”スペシャルカレー”ありますよ」

人物アイコン_かえで「あ、スペシャルカレー。日曜日だから、スペシャルカレー……」

 

IMG_3309

「にちようびのスペサルカレー」!!!

人物アイコン_かえで「え!じゃあスペシャルカレー頼んでもいいですか!」

人物アイコン_シンさん「ああ!いいですよ」

人物アイコン_かえで「やったー!」

まさか10食限定の「にちようびのスペサルカレー」にありつけるとは思ってませんでした。ありがとう幸運、ありがとう日曜日!!!

ちなみに、シンさんは「スペシャルカレー」と仰ってたので「スペサルカレー」の発音は「スペシャルカレー」が正解だと思います。心得ておきましょう。

かえで「あと、おいしそうなのでチーズナンも食べたいです」

IMG_3310

人物アイコン_シンさん「できますよ!」

人物アイコン_かえで「やったー!」

こうして無事注文が終了。

プラス100円で普通のナンをチーズナンに変更できるとのことだったので迷わずそうしました。お得だ!

ちなみに、さっき話に出たチキンカレーとナンのセットだと500円。破格では……?

 

IMG_3326

ノリノリで記念撮影した。

 

ナマステカレーのシンさんにインタビューしたよ

IMG_3312

注文も済ませたし、せっかく来たんだからいろいろとお聞きしたいところ。

人物アイコン_かえで「ということでシンさん、いくつかお聞きしたいんですけど…」

人物アイコン_シンさん「はい」

人物アイコン_かえで「日本語で大丈夫ですか?」

IMG_3313

シンさんはめちゃくちゃ一生懸命に私の話を聞いて、質問に答えてくれました。

人物アイコン_シンさん「最初は大変だったけど、日本語喋れなかったけど、間違えてたけど、今は大丈夫です」

人物アイコン_かえで「おお! じゃあ、日本語が喋れないときから日本に来て、」

人物アイコン_シンさん「そう」

人物アイコン_かえで「だんだん慣れて、こんなに喋れるように?」

人物アイコン_シンさん「そう。日本語、結構喋れるようになった」

 

IMG_3373

 

人物アイコン_かえで「日本が好きだったんですか?」

人物アイコン_シンさん「そうです!うん、そうそう!」

人物アイコン_かえで「おお~! 日本人としてうれしいです!」

人物アイコン_シンさん「ありがとうございます!日本、ほんと、大好き!」

 

IMG_3308

「大好き」

そう言ってにこっと笑うシンさんに超絶萌えながらカメラを向けた私。ピースしてくれたシンさん。この時間が永遠になることを願いたくなるような、平和な時間が流れていました。

 

ネットで噂のスペサルカレーを食べたよ

人物アイコン_シンさん「できましたー」

人物アイコン_かえで「はやい!」

IMG_3331

これが日曜日限定10食のスペシャルカレーとチーズナンのセット(950円)。うお~興奮してきた……。

この、

IMG_3321

超高温の窯で、

 

IMG_3319

焼き上げたナンですからね。(写真左に貼ってあるのがそう)

 

IMG_3332

 

チーズの伸びを見てくれ…

 

 

IMG_3333

綺麗に撮れた写真も見てくれ……

 

IMG_3338

というわけで食べます!!!

いただきます!

 

oishiikao

 

おいしい!!!!!!!!

 

oishiikao1

※長時間運転による疲労とブラックコーヒー過多により目がギンギンにキマっています。

さて、いよいよスペサルカレーを食べる時がきました……。

IMG_3344

いただきます。

 

kakikomicarry

ゴクゴクゴクゴクゴクゴク

 

oishiikao1

うまい!!!!

最高でしたね。

スペシャルカレー、辛さはほぼゼロでサラサラいけるのですが、一拍置いたのちにスパイス由来の独特な刺激を感じられます。
辛くないような、でもスパイスが味わえるような、そんな絶妙な配合です。

IMG_3366

上下にズラリと並んだスパイスに並々ならぬこだわりを感じた。

めちゃくちゃ敏感なタイプとかじゃなければお子様でも普通に食べられると思います。
シーフードがたっぷり入ってました。スペシャル~!

チーズナンは少し甘い生地にスパイシーな香りを纏っていて「本場のナン」といった感じ。
モッチリというよりはふんわりという印象でした。まずは「ぽふんっ」とかじりつきましょう。
そしてチーズの伸びる姿を楽しんだあとは、カレーに浸けつつゆっくり楽しみたいですね。

あまりにおいしかったので、私は一瞬で飲んでしまいました。菩薩の優しさのシンさんもさすがに引いてたような気がするけど、気のせいってことにしておきます!

疲れた体に優しいスパイスが沁みたぜー!

IMG_3353a

(取材ということでラッシーをオマケしてくれました。飲むヨーグルトをサラサラにして酸味を極限まで取り除いた感じの甘い味付けでした! すっぱいものが苦手なので、ありがたい飲み物です!)

ちなみにシンさんは、自分が書いた張り紙がTwitterで話題になっているのを見て最初はビックリしたらしい。
でもネット上の反応はみんな好意的だし、お店に来てくれるお客さんも親切で嬉しくなった、とのこと。

GW前ということもあって、Twitterで張り紙を見た人が全国からたくさん来てくれたんだとか。

ちなみに、この張り紙は、

・シンさんが何を書きたいのかをまず日本人のオーナーに話し
・オーナーがシンさんの言葉をそのまま日本語に書き
・シンさんがその日本語を見て張り紙に書き写す

という工程で作られたそうです。だから「以下インド人原文のまま引用」って書いてあったのか。

IMG_3292_trimmed

「この張り紙」。

 

ちなみにこの「ナマステカレー」のオーナーさんは、隣にあるバー「elf」の経営者の方でした。

日本のレストランで働きたいけど、人員過多で働き口が見つからず路頭に迷っていたシンさんをなんとか助けようと考えて「カレー屋をやるか」と聞いたところ、シンさんは「やります」と即答。
それならと、自分の店舗の屋根しかなかった部分に壁を増築してキッチンにして貸し出し、細かい日本語が分からないシンさんの代わりに保健所への申請などの法的手続きをやってあげたそうです。ほぼボランティア!
それから、自身のバーを経営する傍ら、毎日ナマステカレーにも立っているというオーナーさん。
「ちょっとドラマチックでしょ?」と笑っていました。いい話だ…

この話が2時間ドラマスペシャルになったら観たいので、映像関係者の方やりませんか。

 

みんなで食べよう、ナマステカレー

IMG_3356

最後に一緒に写真を撮らせてもらいました。

とても気さくで優しくて、笑顔が無邪気で一生懸命でノリがいいナマステカレーのシンさん、遅くまでありがとうございました!!

みんなも行こう!絶対おいしいから!なますテ!!!

ナマステカレー
住所:島根県浜田市竹迫町2911-2
電話:080-4084-2685
営業時間:11:00~14:30、16:00~21:00
定休日:火曜日

 

ちなみに、あの張り紙をしてからは毎週火曜日バッチリお休みできているそうです。よかったね、シンさん!

というわけで佐々木かえででした!またねー!

佐々木かえでの出身地情報ブログ→あちこちトカチ
QOLを上げていくブログ→かえでパンの皮
Twitter→@_sasaki_kaede_

※この後、何度か道を間違えながら3時間近くかけて松江のホテルに帰りました。何度も崖から落ちそうになり死ぬかと思った。

\ 現場で取材した“生”の体験をレビューするメディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ