【人力車で浅草観光】人力車って実際どうなの?浅草の車夫さんに話を聞いてみた

今回は着物姿で人力車に乗り、レトロな雰囲気たっぷりの東京・浅草観光。今って、人力車の車夫さんを顔写真やプロフィールから選べるって知っていましたか? 女性に運転してもらうこともできるんですよ。また、観光案内してもらえるのもうれしいポイント。東京の下町らしさを残した街並みを案内してもらい、浅草のステキな観光スポットを堪能します。

top_saeri
こんにちは! ライターのさえりです!

みなさん、浅草は好きですか? 浅草といえば、雷門においしいお団子屋さん、歌舞伎、そして人力車!
と、言っても、私自身は人力車に乗ったことがありません。「楽に観光できる」とは聞きますが、なかなか実際に乗ってみる機会ってないですよね。

あと、声をかけてくる車夫さんがものすごく気さく&イケメンなので、ちょっと気負ってしまう面も……。
でも「楽に観光できる(しかもイケメンと一緒に)」なんて、魅力しかない。

そこで今回は人力車に乗って浅草観光をしながら、車夫さんにいろいろとお話を聞いてみました!

 

レンタル着物 ▲せっかくなので、「レンタル着物 小袖」にて着物をレンタル(税抜き・5000円)。

 

レンタル着物_小袖 ▲お店には色々なお着物がありました。外国の方もたくさん来店されているらしいです。

 

レンタル着物 小袖
住所:東京都台東区花川戸1丁目5−3
参考サイト:http://paull.jp/asakusa/




人力車の到着

今回取材にご協力いただいたのは、人力車の「えびす屋」さん。
予約をしていれば、迎えに来てくれます。

待つことわずか数分。

teketeke

タタタタッ

 

えびす屋屋嘉部

お待たせしました〜!!!

はい、ご覧の通り、イケメンの到着です。お名前は、屋嘉部 力人(やかぶ りきと)さん。

今回はたまたまイケメンが到着しましたが、サイトから好きな車夫さんをあらかじめ予約することも可能だそう。気になる方がいれば予約してみるのもいいかもしれません!(女性の車夫さんもいらっしゃいます!)

車夫さんによっては英語や中国語での観光案内もOKとのことなので、外国人の友人が遊びに来た時などにめちゃめちゃ重宝しそうです。

icon_y01
はじめまして! よろしくお願いします!
icon_y01
はい! よろしくお願いしま〜す!!
icon_y01
浅草観光をしながら、いろいろ聞かせてください!
icon_y01
了解しました〜! コースはどうしますか?一区間(およそ12〜13分)だと、1名で3,000円、2名で4,000円ですね。その他色々なコースがあるのですが……。
icon_y01
(なるほど、最初にコースをしっかり決められるのね)
icon_y01
じゃあ、今回はどーんと60分コース(1名13,000円 2名様17,500円)でお願いしまーす!
icon_y01
はい! 行きますよ〜!


saeri_02

おぉっ……!! きもちいい……!

 

icon_y01
めちゃくちゃ気持ちいいですね〜! 重たくないですか?
icon_y01
持ち方さえ覚えてしまえば、すごく軽々持てるんです。女性の車夫もいるくらいですから。必要な力は腕力じゃなくて、ずっと小走りでも大丈夫な脚力です!
icon_y01
(走りっぱなしのスポーツ出身とかじゃないと厳しそう)

 

人力車に乗って浅草観光〜!

オレンジ通り

▲浅草寺周辺の大きな商店街、「オレンジ通り」を駆け抜けていきます。

 

icon_y01
まずはオレンジ通りを抜けて行きますよ。
icon_y01
わ、実際に道路もオレンジなんですね。
icon_y01
そうです! ここのオススメは、50年以上も営業を続けている老舗喫茶「アンヂェラス」ですね。著名人も愛したと言われる喫茶店なので、ファンが多いんです。めちゃくちゃ味のある喫茶店ですよ〜。

 

伝法院通

▲伝法院通(http://denbouin-dori.com/)は、江戸の街並みを模した通り。約200メートルにわたりお店が立ち並ぶ、浅草ならではの通りです。

 

icon_y01
ここ「伝法院通」は、浅草っぽさを感じてもらえる場所ですね〜。お店を見ながら散歩するだけでも楽しいと思いますよ。明治時代にはすでに商店街になっていて、裏通り道として賑わっていたんです。
icon_y01
賑やか! 美味しいものもありますか?
icon_y01
おいもやさん興伸の大学いもなんか人気がありますよ!

 

伝法院通り
住所:東京都台東区浅草2丁目2−11−3周辺
参考サイト:http://denbouin-dori.com/

 

 

浅草西参道商店街

▲「浅草西参道商店街」は歌舞伎座風のアーケード入口が目印

 

icon_y01
ここが「浅草西参道商店街」ですね。平成25年に、お祭りをテーマとしてリニューアルしたんです。外国の方も多く訪れていて、最近特に賑わっているスポットですね。
icon_y01
アーケードだから雨の日も濡れないですねー!
icon_y01
そうです! 雨の日の観光ならここがオススメです!

浅草西参道商店街
住所:東京都台東区浅草2丁目7−13

 

 

二天門

▲「二天門」。重要文化財に認定もされている由緒正しき門です。

 

icon_y01
ここは浅草寺内にある門の一つです。浅草寺内には、雷門・宝蔵門・五重塔・常香炉・お水舎・本堂、そしてここ「二天門」があるんですが、ここは1618年(元和4年)に建てられたと言われているほど歴史の深い門なんです。雷門が有名ですが、こちらもぜひぜひ行ってほしい場所です。
icon_y01
知らなかった……!

二天門
住所:東京都台東区浅草2丁目35−11

 

 

花やしき

▲「花やしき」の入り口。

 

icon_y01
あ、花やしき!
icon_y01
花やしきって日本最古の遊園地なんですよ〜。昭和レトロな雰囲気が楽しめます! 映画や漫画、ドラマなどでよく舞台に使われてますよ。中でも昭和28年からあるというジェットコースターは、ビルの間を駆け抜けるのでめちゃめちゃスリリングですよ!
icon_y01
昭和28年!? めっちゃ古くないですか?
icon_y01
スリリングですよね〜!
icon_y01
(震)

花やしき
住所:東京都台東区浅草2丁目28−1
参考サイト:http://www.hanayashiki.net/

 

 

隅田公園

▲「隅田公園」。見えるのは、スカイツリー!

 

icon_y01
そしてここが絶景ポイント! 春になると桜も咲いて、もっと綺麗な写真が撮れますよ〜!
icon_y01
ふ〜〜〜む! どこも行ってみたい。あと、人力車に乗って、浅草の街並みを見ているだけでもやっぱり楽しいですね。

 

隅田公園
住所:東京都墨田区向島1−2−5
参考サイト:http://visit-sumida.jp/

 

せっかくだからいろいろ聞いてみた

人力車2

icon_y01
いやぁ、めちゃめちゃ楽に観光できていいですね〜。
icon_y01
ありがとうございます! 何か希望があればコースの変更とかもできるのでなんでも言ってくださいね! 気になるところを見つけておいてあとで実際に散策してみる観光方法がオススメですよ〜!
icon_y01
なるほど、ありがとうございます!
icon_y01
ところで……、屋嘉部さんは、どうして車夫をはじめたんですか? 車夫さんってどんな人がやってるのかなぁって気になってました。
icon_y01
ぼくですか!? ぼくは、俳優志望で1年半前に沖縄から出てきたんです。もともとは公務員の専門学校に通ってたんですけど……、辞めて上京してきたんです。
icon_y01
俳優志望!
icon_y01
そうです。それで方言をなおしたいな〜、という思いから、人と話すようなバイトを探しましたね。あとやっぱり体力がかなりつくんですよ。トレーニングしながら給料が出ている、みたいな。

 

人力車3

▲小走りでずっと走っているのに汗が出ないのは、慣れなんだとか。

 

icon_y01
あと、人見知りを直したいっていうのもありました。
icon_y01
えっ、人見知り?
icon_y01
そうですね。もともと、仕事をはじめたころは話を聞くことしかできなかったんです。マニュアル通りに案内と、あとはお客さんが話すのを待つ、みたいな。
icon_y01
でもそれってお客さんも楽しくないじゃないですか。沈黙で居心地悪くてむしろお客さんに気を遣わせてしまう。
icon_y01
たしかに、よく言えば「聞き上手」なのかもしれないけど、わたしも「自称・聞き上手」の人は苦手です。なにか話さなきゃいけない気がしてきちゃう。
icon_y01
ですよね。話し上手になる1歩として、まずは話を聞くというのは大事なんですけど、やっぱり、聞くだけじゃダメで。
icon_y01
それでぼくはもう、「とにかく経験を積む」っていうのがいいと思って、覚えた知識を披露することからはじめましたね。だんだん慣れてくると他のことをお話する余裕がでてきて、それで徐々に緊張しなくなっていくんです。
icon_y01
あえて飛び込むなんてすごいなぁ。

 

 

車夫さんの給料は……?

人力車4

icon_y01
ちなみに、車夫さんってぶっちゃけお給料高いんですか?
icon_y01
う〜んと、そんなに高くはないですが、好きなので頑張れますね。僕としては満足してます。
icon_y01
ふむ……。でも、正直バイトで、一人暮らししてお稽古とかしながら生活って結構……キツくないですか?
icon_y01
う〜ん、ちょっとキツイ時もありますね。お芝居を支援してくれる年上の女性がいたらいいなぁなんて思わず夢にみる日もありますね(笑)
icon_y01
(ヒモ願望かな?)

 

 

お芝居に集中させてくれる年上の女性がいい

人力車5

icon_y01
でも人力車やってたら出会いが多くて、モテそうじゃないですか? それにこれだけ上手にお話できたら、めっちゃ口説けそう。
icon_y01
いや、それとこれとは別ですね。お客さんはお客さんなので。連絡先渡されるとかないですね。
icon_y01
あ〜。人力車に乗るってことは誰かと一緒にいることのほうが多いですもんね……。
icon_y01
他の方はわからないので一概には言えないですが、ぼくは俳優志望だし、なおさらダメですね。
icon_y01
あとぼくに関して言えば、たぶん理想が高いんですよね……。
icon_y01
えっ、どんな条件があるんですか?
icon_y01
さっき言ったみたいに僕のお芝居を応援してくれるような人がいいなぁ〜という思いもありますし、僕が171センチなんですけど、僕より背が高くて〜、「ウンウン」って話を聞いてくれて〜、お芝居のことには口を出さずに応援してくれて〜、一緒にいて楽で〜、休みの日にお芝居に集中してても文句言わなくて〜。
icon_y01
……。
icon_y01
あ、でも顔の理想はないですよ?
icon_y01
(そういうことではない気がする)
icon_y01
やっぱ理想高すぎますかね……。
icon_y01
いや、わかりますよ。ヒモになりたいその気持ち。
icon_y01
ヒモ、とまでは言ってないですよ。僕はあくまで応援してくれるような……
icon_y01
いや、それは私からするとヒモです(個人的見解)。
icon_y01
わたしも生まれ変わったらヒモになりたいんです。やっぱ彼女が帰ってくるまでに料理を作っておいて、シャツのボタンを2つ外したザOLファッションの彼女が、「なになに? ハンバーグ?」とか言いながら部屋着に着替えて行く様子を眺めたいし、長い髪の毛を結びながら「いただきまぁーす!」っていう瞬間を見届けたのち、「うわっなにこれ、おいしい! 天才!」って褒められて「でしょ? ちゅーは?」ってちゅーをねだってデミグラスソース風味のちゅーされたいですもん。
icon_y01
……(聞いてないな)。
icon_y01
で、屋嘉部さんは応援をしてくれる彼女に何をしてあげるんですか?
icon_y01
……そこまではちょっと考えてなかったですね。
icon_y01
えぇ!? まずは想像! 想像&想像! 人は想像できることしか叶えられないって昔のスゴイ人が言ってましたよ!?
icon_y01
え、えっと……じゃあ……ぼくはマッサージが得意なので、疲れて帰ってきた彼女がお風呂上りに「もーだめー」ってお布団のうえでへとへとになってるときに、「おつかれさま」って声かけながらマッサージして「ありがとう」って彼女が微笑んで……。
icon_y01
だめ、普通すぎ、やりなおし。
icon_y01
(この人なんなんだろう……)

 

さいごに

人力車6

と、楽しくお話すること1時間。あっという間に戻ってきてしまいました。
爽やかイケメンの夢と希望の楽しいお話をしながらも、きちんと浅草の案内もしてくれてとにかくたくさん笑った1時間でした。

 

雷門

▲もちろん雷門に寄るのもお忘れなく!

景色は見ているだけでも楽しいですし、聞けばおすすめのお店なども教えてくれるので、このあとの観光がスムーズになると思いますよ〜。それに、人力車に乗って写真を撮れば浅草観光の記念にもなりますよね。
なお、繰り返しになりますが車夫さんによっては英語での観光案内もOKとのことなので、外国人の友人が遊びに来た時などに連れて行くと喜んでもらえそうです。

仲見世どおり

▲レンタル着物には大人っぽいものもありますよ!(税抜き・5400円)

 

そうそう乗る機会のない人力車かもしれませんが、この記事をみて少しでも「身近」に感じてもらえますように。みなさんもぜひ、特別な日にはお着物を着て人力車に乗ってみてくださいね。

それではまたね〜!!

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ