出張、観光のホテルはここで決まり?ドーミーインがちょっと天国すぎる

ただのビジネスホテルじゃない!全国に展開しているドーミーインが天国すぎるんです。温泉にサウナ、朝食バイキング、さらには夜食の夜鳴きラーメンまでビジネスホテルの枠を超えたサービスラインナップ。今回、ドーミーイン東京八丁堀で実際にサービスを体感してきました。出張はもちろん、観光もドーミーインで決まり!?

image43

くうううううっ…!最高だっっっ!!

こんにちは!SPOTライターの田中嘉人(@yositotanaka)です。

image35

本日は、とある温浴施設に来ているのですが、趣がすごくないですか。超本格的な岩風呂に…

 

image3

桧風呂は、麗しいまでに琥珀色……!こちら、いずれも天然温泉です!

 

image57

”サウナー”に嬉しいサウナも完備されてるし、

 

image40

サウナで解放された毛穴をギュウっと引き締める水風呂も!完璧すぎる!!

 

image12

洗い場も清潔感があります。

天然温泉、サウナ、水風呂、抜群の雰囲気……と、温浴施設としては最高すぎると思いませんか??

でも…びっくりしないでくださいね。

実はココ…都内なんです!
それも、中央区(東京駅から徒歩20分)なんです!
さらにさらに、ビジネスホテルなんです!

image2

というわけで、今回ご紹介するのはビジネスホテル『dormy inn(ドーミーイン)』

全国各地で学生寮や社会人寮などを管理・運営する株式会社共立メンテナンスが展開するビジネスホテルです。

冒頭の温泉紹介でお気付きの方も多いと思うのですが、”ビジネスホテル”と言えどもかなりハイレベル。個人的には、ヘタな温泉旅館へ泊まるよりも、ドーミーインへ泊まった方が満足度が高いと思います。なぜ僕がそれほどまでにドーミーインを推すのか。この記事をご覧いただけたら、きっと納得してもらえると思います。ぜひ最後までお付き合いください!

※ちなみに広告記事ではありません。取材者がドーミーインへの想いを一方的に語ります。温泉での撮影は特別に許可をいただきました。

チェックイン数分で感じる、おもてなし力の高さ

image41

今回僕がやってきたのは、東京都中央区にある『ドーミーイン東京八丁堀』。
東京駅から歩いても20分程度ですが、各線八丁堀駅からは徒歩5分程度です。

 

image53

さっそく2階にあるロビーへ。チェックインと同時に手渡されるのは、ホカホカのおしぼり。冷えた手先があったまる〜。

 

image31

ロビーには、iPad、電源、Free Wi-Fiが完備。ちょっとしたメールのチェックや、調べ物もサクサクです。

 

image58

壁面には、東京観光マップ。見所がシンプルかつわかりやすくまとめられているので、僕のような地方出身者にも、外国人観光客にも安心です。

 

image48

ロビーには電子レンジも。コンビニで冷凍唐揚げとビールを買ってきて、チンして部屋で一杯……なんてダメ人間を養成する晩酌もできるってこと!?

 

image9

ちなみに冒頭で紹介した温泉も2階にあります。ロビーからすぐ。

 

image13

脱衣所の入り口にはドリンクコーナー(健康ステーション)が。フルーツ牛乳のいざない。

 

image55

お手洗いもピカピカ。トイレがキレイなのは地味に嬉しい!

 

image6

部屋に入る前に、1階にあるレストランスペースを覗いてみましょう。食事の時間ではなくても利用できるのが魅力。

 

image5

窓際のスペースからは亀島川を望むことができます。

 

image56

もちろん電源とWi-Fiが完備!!

 

image45

さらに、自由に遊べるボードゲームがあったり、

 

image22

コーヒーも飲み放題だったり。

 

image39

ラウンジも利用可能。チェックインから数分しか経ってないのに、早くも最高なんですけど……!

 

無料提供の中華そばに満たされまくる夜

image10

さて、一通り楽しんだらいよいよ部屋に入ってみましょう。カードキーでピッとして、グリーンに光ったら解錠です。

 

image49

部屋はこんな感じ。ベッドはシモンズ製で広々、ブランケットを用意してもらえているのも嬉しい!

 

image8

我慢できずに I can fly!!フッカフカ〜!気持ちいい!!

 

image20

デスク周りはこんな感じ。テレビも大きいし、椅子もしっかりしています。これなら仕事もはかどっちゃう……?

 

image18

洗面台はこんな感じ。一部屋にひとつドライヤーが完備されています。

 

image1

もう少しホテルのなかを探検してみましょう。ホテル自体は吹き抜けで、廊下は無駄のないシンプルなつくり。

 

image16

ホテル内にランドリーもあるので、長期滞在でも安心ですね。

 

image25

ランドリーには漫画もかなり揃っているので、ついつい長居をしてしまうかも。こういう心くばりが嬉しいですね。

 

image50

各階のエレベーターホールには、電話が。フロントにもつながるので、カードキーを紛失しても大丈夫!僕は今回の一泊二日で2度も室内閉じ込みをしてしまいましたが、この電話のおかげでことなきを得ました…その節はありがとうございました。

 

image47

そしてVODカードの販売機も。その節はありがとうございました。

 

image23

一通りホテル内探検を終えた僕は、食事をするべく八丁堀の街へ。外はすっかり真っ暗。亀島川河口の向こう側には、豊洲のマンション群が輝きを放っています。

 

image36

江戸前なので、てんぷらもいいなぁ。

 

image11

おしゃれにイタリアンも悪くない。

 

image15

ドーミーインではグルメマップももらえるので、こちらも参考にしてみましょう。

さすが八丁堀。ホテル周辺には飲食店がかなり多く、和洋中選び放題。僕は、迷いに迷った結果、チェーン店でしっぽりやりました。そしてホテルに戻った僕を待ち構えていたのは……

image14

夜鳴きそば、だと……!

そう、ドーミーインでは、宿泊者に無料で夜鳴きそばを提供しています。外で飲んできた後のシメ代わりにも、小腹が空いたときの夜食代わりにもぴったり。

image34

注文しないはずがない。ちぢれ麺に、醤油味のスープ、具はネギ、メンマ、アオサ。

 

image28

THE 中華そば。シンプルなあっさりスープがしみる……!

 

image32

さらにハーフサイズなので、罪悪感も少ない!ツルッといただいてしまいます!

 

image46

見覚えのあるスタッフさんが調理してくれました。注文のたびに一杯一杯つくってくれるのも嬉しいです。ごちそうさまでした!

心もお腹も満たされ更けていく八丁堀の夜。もう一度温泉を満喫してから寝ることにしましょう。では、おやすみなさい。

 

朝からご当地名物!自慢の朝食バイキング

image26

みなさん、おはようございます。寝ぼけ面で失礼いたします。時刻は朝6:30。ドーミーイン自慢の朝食バイキングが始まります。

朝食バイキングを導入しているビジネスホテルは多々ありますが、ドーミーインはすごいんです。なぜなら、ご当地名物を味わうことができるから。たとえば、札幌ならいくらや甘エビ、大阪ならたこ焼き、名古屋なら味噌カツやきしめんなどなど……朝食なのに、ですよ。

ちなみに東京八丁堀のご当地名物はこちら!

image38

ドーン!江戸前寿司!今日はいくらとコハダです!

 

image24

さらに、カニ汁や……

 

image29

おでんに、

 

image27

茶碗蒸しも!しつこいようですが、朝食ですよ!!

 

image52

ライブキッチンで、出来立てたまご料理もいただけます。

 

image21

そして僕のスターティングメンバーはこちら。
江戸前寿司、カニ汁、焼き魚、オムレツ、ウィンナー、茶碗蒸し、小松菜、そしてスムージーです。メニューが多彩すぎてチョイスのセンスが狂いまくっていますね。

 

image19

でも、そんなことはどうでもいいんです。見てくださいよ、これ。朝からいくら寿司ですよ……。そして楽々完食。二週目に入りましょう。

 

image51

新鮮なサラダもあれば……

 

image44

シュウマイをはじめとする蒸し料理もあります。

 

image54

絶対に濃厚なコーンスープも。めちゃめちゃうまそう……!

 

image30

おしゃれなスイーツもありますね……。

 

image33

ということで二週目はこうなりました。炊き込みご飯、コーンスープ、おでん、シュウマイ、蒸し野菜、サラダ、白身フライ、フライドポテト、豆腐、粟麩(あわふ)。

粟麩って食べたことなかったけどモチモチしていて美味しかったです。

image37

スイーツとコーヒーでフィニッシュ!完全に食べ過ぎた!バイキングは性格と育ちが出ますね!!恥ずかしい!!

 

image17

まんまん満足!今日も1日がんばるぞい!

 

まとめ 〜ドーミーインへの想いを込めて〜

image42

というわけで、一泊二日でドーミーイン東京八丁堀をご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?

おもてなし、お風呂、料理、と、ドーミーインに泊まるだけでかなり満足できるということ、そして僕が激推しする理由がおわかりいただけたのではないでしょうか?

そして最後に気になる気になる宿泊料金!全国各地の温泉付きドーミーインで朝食付きのプランをご紹介します!(2018年2月20日時点で公式サイトに記載されていた料金です。時期によって変動する場合もあります)

 

ホテル プラン 1名利用 2名利用
亀島川温泉 新川の湯
ドーミーイン東京八丁堀
【朝食付】癒しのシンプルステイプラン 10,790円〜 16,390円〜
天然温泉 夕霧の湯
ドーミーインPREMIUMなんば
【朝食付き】スタンダードプラン 9,700円〜 17,500円〜
天然温泉 錦鯱の湯
ドーミーインPREMIUM名古屋栄
【スタンダード】名古屋めしを取り入れた和洋バイキング付プラン 9,490円〜 12,990円〜
天然温泉 花蛍の湯
ドーミーインPREMIUM 京都駅前
【朝食付き】京食材を取り入れた朝食バイキング『はんなり京朝餉』付プラン 8,600円〜 12,900円〜
天然温泉 御笠の湯
ドーミーイン博多祇園
【カード決済限定割引♪】●和洋バイキング朝食付プラン● 8,990円〜 11,990円〜
天然温泉 青葉の湯
ドーミーイン仙台ANNEX
スタンダードステイプラン≪朝食付き≫ 6,890円〜 10,390円〜
天然温泉 灯の湯
ドーミーインPREMIUM小樽
【海鮮丼&海鮮炙焼】和洋バイキング朝食付プラン 9,290円〜 13,090円〜

もちろん、ドーミーインは、上記以外にも北海道、東北、関東・甲信越、中部・北陸、関西、中国・四国、九州・沖縄と全国に展開しています。

「急な出張になってしまったけど、温泉や名物を楽しみたい」
「旅館へ行くほどの予算はないけど、それなりに満喫したい」

ドーミーインなら、そんなわがままをきっと叶えてくれるはずです。

image7

というわけで僕は無料シャトルバスで東京駅まで戻ります。では、また!

(おわり)

\ 現場で取材した“生”の体験をレビューするメディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ