佐賀出身のあの人に怒られたので、「佐賀の良い所」を更に佐賀してきた

佐賀といえば呼子のイカや吉野ケ里遺跡などが有名で、最近ではアジアを中心に外国人の観光客も続々と増えています。そんな佐賀観光、何もないと思われがちですが、知られてない魅力がたくさんあります。今回は、おすすめ観光地や穴場スポットを地元出身のあの人に聞いて、実際に調査してきました。家族旅行やデート、一人旅などのコースを決める参考にしてください。

さあ、そんなわけで白竜さんやラ・ニーニャのママに聞いた佐賀県の「素敵スポット」をまだまだ紹介していくぞ~~~~!

佐賀の絶景あれこれ

大平山の夕焼け

DSC03021_R

あの黒澤明監督をして『一番の夕焼け』と言わしめた絶景が見られるのがこちらの大平山。

DSC03075_R

伊万里湾が一望出来る!

DSC03104_R

日没までは少し早かったので、草むらに寝転がって待つじゃないですか。

DSC03240_R

 

DSC03231_R

それで現れたのがこの絶景!最高!

伊万里市:大平山公園
住所:伊万里市黒川町立目
http://www.city.imari.saga.jp/9377.htm

浜野浦の棚田

DSC04846_R

こちらも大平山と同じく絶好の夕焼けポイントとして知られる。
お邪魔した時は田んぼに水が入っていなかったのですが、これから4月下旬から5月にかけて田んぼに水が入ると、
夕日が水面に照らされてすごく綺麗な夕焼けが見られるんだとか。

0101603

ヒュー!絶景や~~~!

玄海町:浜野浦の棚田
住所:佐賀県東松浦郡玄海町浜野浦
http://www.town.genkai.saga.jp/sightseeing/kanko/kankouspot/000000167/

佐賀が誇る名勝 御船山楽園

DSC04207_R

開園から172年という歴史を持ち、15万坪にも及ぶ巨大なこちらの庭園は武雄鍋島家ゆかりの庭園で、四季折々の草花が見る人を楽しませてくれる。
お邪魔した時はちょうど境目の時期だったのですが、これからは桜やつつじなどが楽しめるぞ。

0975

桜の時期。

ttj2013

20万本のつつじ!絶景!

武雄市:御船山楽園
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
http://www.mifuneyamarakuen.jp/

武雄の大楠

DSC04181_R

DSC04179_R

こちらは武雄神社にある「武雄の大楠」でなんと樹齢3000年!
伝説の剣とか埋まってそうなくらい厳かな空気が漂っております。

武雄市:武雄神社
住所:佐賀県武雄市武雄町大字武雄5335
http://takeo-jinjya.jp/

祐徳稲荷神社

DSC04222_R

日本3大稲荷神社に数えられる(所説あり)、祐徳稲荷神社がこちら。
赤と白のコントラストが美しい神社であります。

DSC04265_R

京都の伏見稲荷の千本鳥居を思わせるズラッと並んだ鳥居もあるよ!

DSC04281_R

鳥居をくぐって頂上まで登ると街を一望出来る高台に!

鹿島市:祐徳稲荷神社
住所:佐賀県鹿島市古枝乙1855
https://www.yutokusan.jp/

有田ポーセリンパーク

DSC04145_R

ドイツのツヴィンガー宮殿を模した巨大な宮殿を見ることが出来る。
なんでも、建設当時はバブル時代だったのでめちゃくちゃお金をかけて作ったそうです。今だと作れないんだろうなぁきっと!

DSC04119_R

広々とした庭園もあるよ。
有田焼などのお土産物やレストランなどもあり、観光客がたくさん訪れる以外にも、
最近ではコスプレの撮影をする人も増えているらしい。確かに中世の貴族みたいなコスプレならバッチリ合うかもしれない。

有田町:有田ポーセリンパーク
住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢乙340−28
http://www.nonnoko.com/app/

焼き物に触れる

お土産物ならこちら 吉田皿屋トレジャーハンティング

DSC05244_R

こちらのお店は一風変わっていて、所定のカゴに食器を入れて、一律料金で持ち帰ることが出来る。

DSC05241_R

白い小さい袋は5,000円、茶色いカゴは1万円となっております。

DSC05251_R

この会場となる「ヤマダイ」さんは創業150年にもなる老舗の陶磁器問屋で、バラになってしまって売れなくなった在庫などが積もりにつもってえらい事になってしまったため、
こういう形で在庫を放出することにしたそうです。お気に入りの器を探す楽しみはもちろん、この値段でこれだけの食器が買えるのはかなりお得!

DSC05296_Rちなみに僕が選んだ食器群。
これで5,000円は激安や!

嬉野市:吉田皿屋トレジャーハンティング
住所:佐賀県嬉野市嬉野町吉田丁4051
https://owatari.com/
※トレジャーハンティングは1日10組限定 要予約

20万円の器でコーヒーが飲める店

DSC04616_Rこの所狭しと並んだコーヒーカップの数々。なんとこちらのお店では2,000客の中から好きなカップを選んでコーヒーを飲むことが出来るぞ。

 

DSC04623_R「せっかくなのでお店で一番高いカップを」とお願いして届いたのがこちら。
27万円だそうです。なにそれ。

 

DSC04631_R緊張してコーヒーを持つ手が震える……!

 

DSC04611_Rちなみにお店用の車もファンキーでした。「これもひょっとして焼き物!?」とか思ったんですが、
流石にこれは塗装しているだけだそうです。まあ陶器の車なんて車検通るわけないもんな!

有田町:ギャラリー有田
住所:佐賀県西松浦郡有田町本町乙3057
http://gallery-arita.co.jp/

 

佐賀の絶品グルメあれこれ

白竜さんも通うステーキの名店 ライおン

DSC03405_R

こちらは白竜さんが帰省した時には必ず通うというステーキの名店「ライおン」

DSC03413_R

伊万里牛のステーキ!
完全に美味そう。

DSC03420_R

この表情である!

DSC03455_R

肉の断面がやばい。にんにくとセットでどうぞ!
ソースもこれまた美味いんですよ……!

伊万里市:ステーキハウス ライおン
住所:佐賀県伊万里市二里町大里乙86−3
http://www.imari-lion.com/

佐賀県民のソウルフード 井手ちゃんぽん

DSC04668_Rこちらは佐賀県民の「ソウルフード」と言っても良い人気店の井手ちゃんぽん。

DSC04693_R

人気メニューはこちらのかつ丼と、

DSC04700_R

こちらの特製ちゃんぽんであります。
野菜たっぷり、きくらげたっぷりで麺にコシもあってめちゃくちゃ美味い。
東京にも出来ないかな~~~~~!

武雄市:井手ちゃんぽん
住所:佐賀県武雄市北方町志久1928
http://www.ide-chanpon.co.jp/

嬉野に来たら温泉豆腐を食べないとね

DSC05348_R

こちらは嬉野温泉の中心部からほど近い湯どうふの名店「よこ長」 「温泉湯どうふ」の発祥の地なんだそうだ。

DSC05341_R

僕も最初は「えー?湯豆腐!?」ってちょっと舐めてかかってたんですが、この「温泉湯どうふ」は温泉の成分で豆腐がホロホロに崩れるわけで、

DSC05345_R

ダシが絡んでめちゃくちゃ美味いわけです。
嬉野温泉に来たら絶対温泉湯どうふは食べて欲しい!

嬉野市:宗庵 よこ長
住所:佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2190
http://www.yococho.com/

太良のカキ

DSC04339_R

更に、佐賀グルメとして個人的に推したいのが「太良のカキ」であります。

DSC04345_R

何せこのサイズ感ですからね。太良で獲れる「竹崎カキ」は焼いても縮みにくい事が特徴で、
この大粒のカキをわっしわし食べられる。1皿5~6個入って1000円なので都内では考えられない値段設定!

DSC04362_R

こちらのお店オリジナルの、トロトロに溶けたチーズのフォンデュもこれまたうまーい!

DSC04396_R

DSC04415_R

いやー、夕日を見ながら食べるカキの美味さよ……!

太良町:漁師の館
住所:佐賀県藤津郡太良町伊福甲3488−2
http://ryoushinoyakata.com/

まったく臭くない鯉のあらい

DSC03961_R

僕、「鯉」って今まで食べた事がなかったんですが、佐賀ではけっこう食べられている食材なんだそうです。
鯉はそのままだと臭みがあるので好き嫌いが別れるそうなのですが、この龍泉荘では清流で育った全然臭みのない鯉が食べられる!

DSC04001_R

この綺麗な身を見よ。

実際食べてみると「臭み?何の話?」っていうレベルでまったく気にならないし、淡白で美味しい!

 

DSC04021_R鯉の希少部位をふんだんに使ったお寿司もあるよ。

DSC03935_R

雰囲気も最高!それでいて鯉のあらい定食が2,160円からあってそこまで高くないのが素敵!

有田町:龍泉荘
住所:佐賀県西松浦郡有田町広瀬山甲2373-4
http://www.ryusenso.jp/

泊まるところあれこれ

天皇陛下も泊まった和多屋別荘

DSC04757_R

こちらは嬉野温泉にある和多屋別荘さん。ロビーからして「由緒正しい感」みたいなのが出てるのがわかるかと思います。

DSC04769_R

由緒正しい、と言いつつも内部はかなりモダンな作りになっていて、
アート作品かな?っていうようなものがたくさん展示されている。

DSC04766_R

オシャレな足湯もあるよ。

DSC04776_R

DSC04783_R

そしてこちらが昭和天皇も泊まった特別室「洗心」

DSC04800_R

縁側から庭園も見られるし、

DSC04789_R

立派な露天風呂もある。
ちなみに1泊2食付で48,600円からですが、箱根やら有馬温泉やらで同じくらいのグレードの部屋に泊まると1泊10万円近くなるだろうからかなり安い!
普通のお部屋で朝食のみプランなら9,000円~くらいでもあるよ!

嬉野市:和多屋別荘
住所:佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙738
http://www.wataya.co.jp/index.html

モダンで若いカップルにも大人気 吉田屋

DSC04421_R

ロビーに囲炉裏がドーンとおいてあったり、

DSC04437_R

足湯に入りながらお酒が飲める「足湯バー」があったり、

DSC04424_R

お部屋もこんなんだしで吉田屋さんはめちゃくちゃオシャレ!
もちろん天然温泉なので嬉野温泉の美肌効果を十分堪能できるぞ~~~!

嬉野市:吉田屋
住所:佐賀県嬉野市嬉野町大 字岩屋川内甲379
http://www.yoshidaya-web.com/

日帰り温泉なら椎葉山荘

DSC04445_R

ちなみに嬉野温泉は「日本3大美肌の湯」と言われていて、当然佐賀に来た時は入って欲しいところなのですが、
そんな時に是非立ち寄って欲しいのがこちらの椎葉山荘。嬉野温泉の中でも一番大きな露天風呂があるのですが、
川沿いに作られているので眺めも綺麗ですぞ!これでお肌もツルッツルや!

嬉野市:椎葉山荘
住所:佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内字椎葉
http://www.shiibasanso.com

 

DSC02842_R

ypicon 「……というわけで、おすすめ頂いたところをガーッとまわってきましたけど、こんな感じでどうでしょうか」

hricon「……。」

DSC02925_R

「んーーーーーー、」

 

DSC02953_R

「バッチリです!」

ypicon 「なんなんだよもう」

【提供】
佐賀県広報広聴課
【制作】
SPOT編集部
【協力】
佐賀県の皆さん