【最終決定版】「熊本に行ったら絶対に立ち寄るべき観光地」を実際に現地で見てきた

熊本の観光地といえば、阿蘇や黒川温泉等が定番スポットや天草等の穴場スポットもありますが、今回の記事ではおすすめ観光名所を全部実際に回ってご紹介。名物ともいえる馬刺しやいまきん食堂のあかうし丼等のグルメももちろん網羅!今回は一人旅ですが、家族、友達、デートでも絶対に楽しめること間違いなしの、空港からの旅行モデルコースになっています。旅のプランを立てるときに、是非参考にしてください。

【PR】旅行情報誌「るるぶ情報版」でお馴染みのJTBパブリッシングの提供でお届けします

DSC05381_Rこんにちは。ヨッピーです。
いきなりオッサンの夕涼みを見せつけておいて恐縮ですが、
僕が今どこに居るのかおわかりでしょうか?

正解は……、

 

DSC05060_R

DSC05860_R

DSC05503_R

熊本じゃ~~~~~~い!

まあ「て、天空の城ラピュタは実在した!?」みたいに腰ぬかしてガクガク震えてる人も居るかと思いますが、実はこれ、天空の城ラピュタじゃなくて熊本なんですよね。

熊本と言えば最近は「九州ふっこう割」なんかのめたくそお得なサービスも展開されてますし、復興を応援する意味でも「今度熊本行こうかな」なんて思ってる人もたくさん居るかと思うのですが、「いざ!熊本観光!」と思ってインターネットで「熊本 観光」って検索しても、例のごとく雑なまとめサイトしか出て来ませんし、そもそも情報が古く、通行止めや休館で今は行けないスポットもあるのにその辺が全然更新されてなかったりします。

そこで今回は……、

img1470708963626

熊本に行く人には絶対に見て欲しい観光まとめ記事」をお届けしたいと思います!!!!!!

 

 

【一旦CMです】

【最終稿】るるぶ熊本_表紙

ちなみに今回は『るるぶ熊本 応援版』を参考に企画を立てました。
熊本に行く時のお供にどうぞ!

 

【まずは空港から】

DSC04993_R

はい。そんなわけで羽田空港に来ました。
ちなみに熊本行きの最終便です。

何故最終便かと言いますと、「仕事もあるし、有給取れないし、流石に九州にまで行けないわ……」なんていう社畜マインドの皆さんでもなんとかなりそうな、「土日を上手に使った熊本旅行」を提案したいからです。

羽田空港から熊本空港は19:15、
伊丹空港から熊本空港は19:35、
中部国際空港からは18:30がそれぞれの最終便になりますので、
東京や大阪の人は定時ダッシュで、名古屋の人は上司の目を盗み、
当たり前みたいな顔をして定時前にスッとオフィスから抜け出しましょう。

理由は後で説明しますが、この「なんとかして金曜日の最終便で熊本にinする」っていうのが最初にして最後の大きなハードルになります。もちろん3連休、4連休で行くとか、「そもそも僕、仕事してませんけど?」みたいな人は無理せずゆっくり来れば良いんですけど。

 

DSC05001_R

ちなみに僕は社畜でもなんでもない、フリーランスという名の無職みたいな存在なので、楽々間に合う時間に羽田空港に着きました。え?君たちはまだ残業中?ププーッ!クスクス。

 

DSC05004_R

はい。そんなわけで熊本空港です!
現在の時刻は21時といったところ。

ちなみに熊本観光の際に公共交通機関であちこち周ろうと思うと、電車とバスを駆使すればなんとかならなくもないですが、時間に拘束されますし、今回の企画で登場する最高のスポットは車じゃないと行きづらい所も多いので、出来ればレンタカーを借りるなりした方が良いのかなと思います。

そしてその「レンタカーを借りる場合」なのですが、このまま空港から熊本駅にリムジンバスで向かい、ニッポンレンタカー熊本駅新幹線口店でレンタカーを借りると良いと思います。何故ならこの店舗が熊本県内で唯一、23時まで営業しているレンタカー屋さんなので、最終便で到着してからでも受付が間に合うのダ!

ちなみに僕は今回バイクを翌朝に借りたので、今日はレンタカーを借りずにそのまま熊本市内に突撃します!

 

DSC05014_R

DSC05026_R

そして熊本市内!
思ったよりぜんぜん都会!
「さーて、そろそろお腹空いたし、何食べようかなー?」
って感じになるじゃないですか。

そうなると大抵の人は「熊本だし馬刺食べるっしょ!?」みたいな事言うと思います。
いやー、馬刺しって!馬刺しって~~~~~~!ププププ!
アンタ!僕レベルの上級旅行者が熊本で馬刺しなんてベタなもん食べると思います!?
「熊本に来て馬刺しを食べる」なんていう、言わば?ありきたりの?
杓子定規で右へならえ的な?
そういう思考回路は悪い日本人的習慣と言わざるを得ないですねぇ。
いやーホント、僕を見くびらないでくださいよまったく……。

 

DSC05040_R

DSC05062_R

DSC05064_R

はい。そんなわけでとにかく馬刺しを食べましょう。
何故なら最高に美味いからです。

 

DSC05088_R

ひとくち食べると……、

 

DSC05102_R

そのうまみにビックリして真顔になります。
何この美味さ。東京で食べる馬刺しとぜんぜん違う……!

ちなみに僕は普段牛丼とかばっかり食べてるバカ舌の持ち主なので、
微細な味の違いは一切わかりませんが、そんな僕でも一撃で理解出来る味の違いであります。
なんなのよこれ……!

 

DSC05055_R

熊本の代表的なお酒、球磨焼酎の「シロ」を水割りで。
クゥーッ!

あ、レンタカー借りた人はくれぐれも運転役の人はお酒を飲まないようにネ!
可哀想に~!ハッハッハ!

 

DSC05074_R

馬肉とウニを和えたやつ。マズいわけがない。

 

IMG_0202_Rさあ、お腹がいっぱいになったらそのまま宿泊場所となるサウナに移動しましょう。
まあビジネスホテルでもカプセルホテルでもなんでも良いのですが、
もう時間が時間ですしどうせ寝るだけなのでこの辺で節約して、浮いたお金を美味いものに突っ込んだ方が良い気がします。

ちなみにこの日に僕が泊まったサウナは一泊2150円で激安!

 

IMG_0200_R

あと、「サウナってイビキがうるさいしなかなか寝れないんだよな……」なんて人は耳栓とアイマスクを装備してください。これで安眠度が段違いに変わるはず!

 

 

【そして翌朝】

DSC05124_R

そんなわけで僕はバイクをレンタルしました!
これから阿蘇方面に向かうのですが、
ここで守って頂きたいのが、早朝に出発する、という事です。
車で行くなら朝の6時くらいには出発したいところ。

 

DSC05142_R

何故かと言うと、阿蘇大橋が崩落した影響で、「ミルクロード」と呼ばれる道で迂回して阿蘇方面に突撃する必要があるのですが、このミルクロードが工事関係車両や観光客の車で土日は結構混むからです。だから早い時間の、混んでない時間帯にさっさと阿蘇入りするのがベスト!つまり、熊本には早朝から空いてるレンタカー屋さんが無いので、前日の夜に借りておく必要があるってワケ!そのぶんだけ料金はあがっちゃいますけど、まあグループで割り勘すればそこまで負担も多くないし。

 

ちなみに阿蘇の道って、

DSC05187_R

こんなんとか、

 

DSC05186_R

こんなんですからね。
ドライブ最高や!

 

そして阿蘇入りした時にまずオススメしたいのがこちらの阿蘇ネイチャーランドであります。

 

568-1

 

560-5

※画像提供:阿蘇ネイチャーランド

阿蘇ネイチャーランドではパラグライダーや熱気球体験といった、こんな雄大な自然の中でやったら気持ち良いに決まってるアクティビティが出来るのダ!
早朝に熊本市内を出発すれば、午前中の体験ツアーにも間に合うので気球に乗ったりパラグライダーに乗ったりして遊んでも全然良いと思います。もちろん事前に予約は必要!
まあ僕はスルーするんですが。すいません、行かなきゃいけない所が多すぎるんで

 

 

【阿蘇周辺で絶対に抑えておきたいところあれこれ】

・大観峰

DSC05241_RDSC05234_RDSC05246_R

まずは大観峰!ここは周囲一帯をぐるっと見渡せる大パノラマが楽しめる。
家族連れはもちろん、カップルにも大人気のスポットであります。

 

DSC05253_R

ほらな。
ちなみに僕は東京から三脚抱えてやってきて、全部ひとりで撮影しとるからね。この格差はなんなの。

 

DSC05268_R

そして大観峰に来たら忘れずに名物のソフトクリームを食べておきたいところ。
濃厚で美味い!

 

 

・白川水源

DSC05337_R

DSC05348_R

阿蘇は名水の里としても知られていて、こんな感じであちこちに綺麗な湧き水が噴き出す水源があったりします!すげぇ透明度!

 

DSC05364_R

「ふーむ」

 

DSC05363_R

味はよくわかりませんでした。

 

DSC05380_R

でもこんな風に冷たい湧き水に足を漬けて涼んだりも出来る。

 

DSC05402_R

DSC05403_R

すごい爽やかな「夏の画像」みたいなのを撮りたかったんですが、
「おっさんの水浴び」って感じになりました。モデルが悪すぎたのかもしれない。

 

 

・池山水源

DSC05543_R

DSC05555_R

DSC05560_R

こちらも名水がガシガシ沸いてる池山水源。僕は水辺が大好きなので来てみました。先ほどの白川水源とは違って今度は神秘的な雰囲気がする場所であります。僕みたいな薄汚れた人間が来て良い場所ではないのかもしれない。

 

 

【阿蘇に来たらあかうし丼は絶対に食べよう】

DSC05198_R

DSC05201_R

そして熊本に来たら絶対食べて欲しいのが「あかうし」のどんぶり。
このお店では倍喰丼(バイクどん)と呼ばれている。

 

DSC05196_R

ここ、レストラン北山ではこんな最高の眺めを見ながらご飯を食べられることもあって、「バイク乗りの聖地」みたいになっているらしい。だからバイク丼という名前なんだとか!

 

DSC05208_R

これが美味いんですよマジで……!

 

DSC05755_R

更に忘れてはいけないのがこちら、熊本民の最高支持店といっても過言ではない、いまきん食堂。今回の熊本企画を立てるにあたって、色んなSNSやSPOTで「熊本で絶対ココ行っとけって場所、ありますか?」って聞いたのですが、回答で一番多かったのがこのいまきん食堂!ここでも絶品のあかうし丼が食べられるので時間に余裕があるならここも是非食べて欲しいところ。ただし人気店なので結構待ちます!土日だと1~2時間待つこともあるらしい!近くに温泉がたくさんあるので、店員さんに告げてまだまだ時間がありそうならひとっ風呂浴びて時間を潰しても良いかもしれない。

 

DSC05764_R

まあ文句無しに美味いよね……!
あと、全然関係ないんですけど、

 

DSC05759_R

店内のこの張り紙には「共感出来るな」って思いました。
毛先を遊ばせているイケメンには要注意ダ!

 

【一旦CMです】

王道グルメあかうし

もちろん『るるぶ熊本 応援版』にも「いまきん食堂」はバッチリ掲載!
ガイドブック片手に突撃しよう!

 

・阿蘇ファームランド

DSC05285_R

DSC05303_R

そして個性的な外観の客室が並んでいるのがこちらの阿蘇ファームランド。
「一度は泊まってみたい個性的なホテル」みたいなので挙げられる事も多い。

 

DSC05308_R

室内はこんな感じでドーム型!珍しい!
ファームランドには温泉も岩盤浴もアクティビティもついており、
「健康」をテーマにした滞在型宿泊施設になっているので、「阿蘇で泊まりたい!」とか「どちらかっていうとのんびりしたい!」
っていう人は選択肢に入れてもいいと思います!

阿蘇ファームランド
http://www.asofarmland.co.jp/

 

・阿蘇はとにかく眺めが最高

DSC05178_R

DSC05182_R

DSC05486_R

DSC05487_R

DSC05494_R

DSC05513_R

「雄大」と書いて「くまもと」って読むレベルで雄大な自然が広がっております!
なんのファンタジー世界なのよこれ……!その内、竜とか出て来るんじゃないの?

 

 

【黒川温泉に泊まろう】

DSC05609_R

さあそんなわけで大自然を堪能したりパラグライダー乗ったり美味い水飲んだりあかうし丼を食べたりして良い感じに日が暮れて来たら今度は黒川温泉に行きましょう。

 

DSC05612_R

黒川温泉は県下最大の温泉街なのですが、狭い谷間の土地に密集して温泉旅館が建っているのですごく風情があります。

 

DSC05583_R

街の中にはこういうのがいきなり現れて、

 

DSC05585_R

温泉卵が食べられたりします。味は「うん、普通の温泉卵だな」って思いました。

 

DSC05628_R

そんなわけで僕もチェックインして温泉に入るじゃないですか。

 

DSC05634_R

夕焼けがめっちゃ綺麗じゃないですか。

 

DSC05632_R

美味いごはん食べるじゃないですか。

 

DSC05653_R

DSC05655_R

そんで雰囲気抜群の温泉街を散策して、
こういう洞窟風呂に入ったりするわけですよ。

13682427_1141850685871710_868656974_o

※画像提供:黒川温泉組合

 

DSC05677_R

そしてお風呂上がりにまた馬刺し食べたりするんですけど、

 

DSC05694_R

まあ食べ終わった頃には眠すぎてこんな顔になるよね。

 

DSC05697_R

僕のカメラの腕が悪くてあんまり綺麗に撮れませんでしたが、
阿蘇は星空も死ぬほど綺麗でした!
おやすみなさい!

 

 

【更に翌日】

DSC05711_R

そんなわけで最終日!
爽やかさのカケラも無い寝起きの顔で恐縮ですが張り切っていきましょう!

 

DSC05752_R

ちなみに朝の風景はこうです。「さわやか」以外の言葉が出てこない。

 

【鍋ケ滝】

DSC05860_R

翌朝、まずやって来たのがこちらの「鍋ケ滝」であります。
CMの撮影なんかにも使われている事で有名な滝なのですが、

 

DSC05919_R

なにせこの滝、滝の裏側にまわれるんですよ。
風流~~~~!
風流すぎぃ~~~~~!

 

DSC05869_R

自然に出来た光景とは思えんくらいのバランスの美しさよ……!
この辺一帯だけめちゃめちゃ涼しい!

 

 

【菊池渓谷】

DSC05951_R

続いてやってきたのが菊池渓谷。
残念ながら菊池渓谷に入る道は通行止めになっているのですが、

 

DSC05963_R

「水の駅」ではこんな感じで涼しげな「そうめん流し」が食べられるし、

 

DSC05970_R

少し下流に行った所ではこんな感じで泳げるスポットがあるのだ。
入川料(?)100円を払って川で遊んでも良いと思う。

 

tobikomi

ちなみに僕も「せっかくだし」と思って飛び込んでみたのですが、

 

DSC06039_R

準備運動も何もなくいきなり飛び込んだせいで、川の水が冷たくて心臓止まるかと思いました。くれぐれもいきなり飛び込むのはやめておきましょう

 

 

【矢谷渓谷】

DSC06420_R

先ほどの飛び込みスポットは結構水深があるので「ウチは小さい子供が居るからちょっと怖いな」なんて家族連れには矢谷渓谷がおすすめ!

 

DSC06437_R

なにせこんな風に天然のウォータースライダーがあったりするのだ!
子供達が大喜びする事間違いなし!

 

DSC06481_R

浅瀬で遊んでても良いと思います!

 

 

【熊本市内に戻ってこよう】

DSC06521_R

そんなわけで一通り自然を満喫したら熊本市内に戻ってきましょう。

 

DSC06108_R

こちらは熊本城に隣接する「城彩苑」という城下町っぽいつくりになっている一角で、

 

DSC06057_R

お土産物屋さんや食べ物屋さんが並んでたりする!

 

DSC06065_R

暑過ぎて死ぬかと思ったので氷ぜんざいとワッフルを食べました。
文句無しに美味い!

 

 

DSC06086_R

こちらは二の丸広場。芝生が広がってて気持ち良い……!

 

DSC06076_R

熊本城のすぐそばには残念ながら行けませんが、二の丸広場からならバッチリその雄姿が拝めるぞ。

 

DSC06094_R

ヒューーー!
熊本最高~~~~~~~~!

 

DSC06101_R

そうこうしている内にけっこう良い時間になってきたので、
この辺でレンタカーを返して空港に向かうと良いんじゃないでしょうか。

ずっとバイク乗ってたせいでちょっと引くぐらい日焼けがすごいことになってますが
どうです!?土日を上手く使えばけっこう熊本満喫出来るでしょ!?

しかも、熊本って九州のド真ん中にあるので、九州観光のハブとしても機能するんですよこれが。

例えば……、

【とにかく温泉が好きな人】
熊本市内→阿蘇→黒川温泉→別府・湯布院の温泉三昧ルート

【とにかく絶景が見たい人】
熊本市内→阿蘇→高千穂の絶景ルート

【とにかく海と歴史が好きな人】
熊本市内→天草→カーフェリーで長崎の海三昧ルート

などなど。
熊本市内から人吉でSLに乗って、鍾乳洞行ったり球磨川で川下りしてから鹿児島に入るのもアリ!

 

熊本

何せ黒川温泉なら市内に戻って来るより別府に抜けた方が早いくらいだし、阿蘇から高千穂も車で一時間!今回みたいな弾丸ではなく、日程に余裕があるのなら熊本→大分コースとか、熊本→宮崎コースとか、熊本→鹿児島コースとか、熊本→長崎コース、みたいな感じで他県と色々組み合わせて観光すると楽しいかもしれない!

ただしその場合、レンタカーで行くなら乗り捨てが出来るかちゃんと確認してから出発してくれよな!

【一旦CMです】

天草2Daysドライブ

今回のプラン以外にも、いろいろあるのが『るるぶ熊本 応援版

 

 

そして本文中に紹介し切れなかった熊本の最高スポットをあれこれご紹介~~~!

 

 

【天草】

DSC06124_R

阿蘇が「山と湧き水」だとしたら、天草は「圧倒的な海!」です!

 

DSC06368_R

何せ天草ならこういう船に乗って……、

 

DSC06346_R

DSC06338_R

野生のイルカを見る事が出来ます。
野生のイルカって存在するのか……!すげぇ……!

 

DSC06144_R

DSC06388_R

DSC06393_R

もちろん海鮮は当たり前に美味いし、「あれ?石垣島に来たっけ?」っていうレベルにめちゃくちゃ綺麗な海があるので、泳いだりダイビングしたり出来る!
海好きの人におすすめ!そして天草からは長崎行きのカーフェリーが出てるので車ごと乗りこんで長崎にそのまま抜けても良いかも!

 

 

【山鹿温泉】

DSC06406_R

DSC06410_R

DSC06413_R

山鹿温泉は黒川温泉に次ぐ規模の温泉街で、
熊本市内から近く、片道1時間もあればいける距離なので気軽に立ち寄ろう!

名所である「さくら湯」は300円で入れて激安だし、
早朝から深夜までやってるので合間を見つけて行ってほしいところ!

 

 

【水前寺成趣園】

DSC06499_R

熊本市内にある公園!
庭園好きな人は要チェックや!

 

 

【美術館】

DSC06088_R

熊本県立美術館、熊本市現代美術館共に熊本城の近くにあるので、
お城見学のついでに行くと良いと思います!

 

 

【夜の街】

DSC05105_R

そして熊本はいわゆる「夜の街」も盛んなので、
寂しいお年頃のおじさんグループなんかはスナックなんかの夜の街に繰り出して、
地元の焼酎を飲みまくってベロッベロに泥酔しても良いんじゃないでしょうか。
都内なんかに比べると値段も安めやで!

 

 

【良い感じの写真】

最後に、熊本で撮った良い感じ「夏らしい写真」をガーッと載せて締めたいと思います!

DSC05122_R

DSC05401_R

DSC05406_R

DSC05436_R

DSC05507_R

DSC05808_R

DSC06487_R

DSC06484_R

DSC05785_R

DSC06376_R

はい!というわけで熊本観光をがーっとまとめてみたんですが、
たぶんコレ見た人は「ヤバい!熊本超行きたい!」ってなってるかと思うので是非とも実現して頂きたいなと思います!

もちろん「熊本を応援!」みたいな気持ちも大事だけど、個人的には「応援とか関係無しに、熊本は普通に良い所なので遊びに行く」くらいの温度感でも全然良いのかなと思います。いや、熊本はマジで良い所なんで。

ただし、今回ご紹介した所を金土日で全部まわるのは100パーセント不可能なので、
事前に「行くべき所」を自分なりにピックアップして予定を立てておくのが良いと思います!そういう作業って楽しいしネ!
そんなわけで熊本観光に行くなら、こちらのガイドブックでアレコレチェックするのがおすすめ!
赤ペン片手に旅行計画を練ろう~~~!

【CMです】

今回紹介した阿蘇、天草、山鹿温泉に湧き水の名所、グルメなんかもすべて網羅した『るるぶ熊本 応援版』で事前の計画を練ろう!
地図もついてるので位置関係もわかりやすいよ!

【最終稿】るるぶ熊本_表紙

熊本はやわかり

熊本城見学ガイド

JTBパブリッシングでは『るるぶ熊本 応援版』と合わせて九州観光を盛り上げるため、
夏~秋にかけて九州エリアの「るるぶ情報版」を押し出しています!
全国の書店・コンビニで販売してるよー!

旅行のプランニングに役立つ情報を発信するためのWebサイトも設置予定!

この機会に九州をあちこち巡ってみるのも良いかもしれませんね!

 

>>『るるぶ熊本 応援版』をネットで購入する場合はこちら

>>九州の他のエリアの「るるぶ情報版」はこちら

 

記事のタイトルとURLをコピー

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • ピックアップ
  • 都道府県
  • タグ

サイト内検索