ヨガの聖地、インドの「リシケシュ」で運動音痴アラサーがヨガ修行してきた

インドのヨガの聖地・リシケシュに、実際にライターが潜入してヨガを体験。リシケシュは、ビートルズがヨガ修行をしたことでも有名なヨガの聖地。世界中からヨギーニが集まるガチなヨガ修行スポットです。リシケシュのオススメヨガスポットはもちろん、おしゃれなスポット、グルメ、観光地も場所に実際に行って取材してきました。是非インド旅行の参考にしてください。

G5237596

みなさんこんにちは!万年運動不足のアラサー鈴木サラサです。みなさんは適度な運動してますか??

私・・・運動が苦手だし嫌いなんですよね。中学校のスポーツテストでは全校生徒の中でぶっちぎり最下位だったし、体育の授業は一生懸命取り組んでも「ふざけてないでちゃんとやれ!」って怒られて評価も散々だし・・・。先生、私はいつも全力でした。

そんな運動音痴界のエースな私ですが、インドのヨガの聖地・リシケシュでヨガ修行してきました!(突然すぎる展開)

リシケシュはインドの首都・デリーの北280km(バスで約7時間)にあり、美しい山に囲まれているヒンズー教の聖地であり、伝説のロックバンド・ビートルズがヨガ修行をしたことでも有名なヨガの聖地です。世界中からヨギーニと呼ばれるヨガ好きやヨガインストラクターが集まるガチなヨガ修行スポットです。

実は1年前にもリシケシュを訪れ、軽〜い気持ちでヨガレッスンを受けてみたのですが一番後ろで寝てたらレッスン終わってた(何しに来た)ので、今回はちゃんと最初から最後までレッスンを受けるぞー!(目標低すぎ)と言う気持ちでリベンジにやってきました!

そして、リシケシュは欧米人観光客に大人気の観光地でもあるのでおすすめスポットもまとめて紹介します!ガンジス川を見渡せるおしゃれなカフェや、神聖で絶景が見られる寺院、幻想的な夜の儀式や、アーユルヴェーダ体験、ビートルズが修行したアシュラム(ヨガ道場)にも潜入してきました!

 

ガンジス河に架かるラムジュラ橋&ラクシュマンジュラ橋

リシケシュは市街地周辺、ガンジス川に架かるラムジュラ橋周辺、さらに上流に架かるラクシュマンジュラ橋周辺と大きく3つのエリアに別れていますが、今回はリシケシュのランドマークとも言えるラムジュラ橋&ラクシュマンジュラ橋周辺エリアを主にご紹介します。

ガンジス川を眺めるおしゃれカフェ多し!ラクシュマンジュラエリア

1J8A7249

ラクシュマンジュラ周辺はガンジス川を見渡せるおしゃれなカフェや雑貨屋が多く、欧米人観光客に人気のエリアです。ゲストハウスやヨガ教室もたくさんあり、寺院などの見所も多いのでヨガだけじゃなく観光もしたい!と言う方におすすめのエリア。私はいつもこの周辺に泊まっています。

 

1J8A5186

橋を渡った先にはヒンズー教最強の破壊神・シヴァ神が鎮座。シヴァ神の聖地とも呼ばれており、シヴァを祀った寺院が多いのも嬉しいポイント!(シヴァ好きには)

 

ヨガ道場が多くヨギーニに人気!ラムジュラエリア

1J8A5218

ラクシュマンジュラよりもローカル感が増すラムジュラエリア。おしゃれカフェやお土産屋さんなどは少なめですが、ヨガ修行をする人たちに人気のヨガ・ニケタンやシヴァナンダ・アシュラムといったアシュラム(ヨガ道場)があり、ヨガや瞑想を学びに来る人が多いです。

 

1J8A5846

寺院周辺にはサドゥ(修行僧)も多く、インドの聖地感が漂っているエリア。ビートルズが修行したビートルズアシュラムはこのエリアにあります。もちろんシヴァ神もあらゆるところに・・・

 

1J8A5239

・・・あっ、踊ってました。

 

1J8A5863

(ラクシュマンジュラ橋のタクシースタンドにて)

ラクシュマンジュラとラムジュラの距離は2kmほど。徒歩でも30分位なので夜遅くじゃない限りは歩けます。この間をひっきりなしに走っている乗り合いタクシーは10Rs(約20円)ですが、上の写真のようにぎゅうぎゅう詰めで人が押し寄せてくるのでなかなか乗せてもらえません。1度だけ乗せてもらえましたがその後は「外国人はタクシーに乗れ!」と言われました。ちなみにタクシーは100~150Rs(200〜300円)10人乗ってる乗り合いタクシーに一人で乗るのでまぁ妥当な金額ですね(笑)

 

運動音痴アラサーの一人ヨガ修行がスタート

1J8A5106

リシケシュでヨガレッスンをするには、ヨガ教室またはアシュラムのドロップインクラスを受講するか(上の写真のように街の至る所にヨガクラスの看板があるのですぐに見つけられます)、アシュラムに滞在するかどちらかになります。アシュラムに入るとそこで寝泊まりし、1日のスケジュールの中で決められたヨガや瞑想を受けます。

アシュラムは最低3日〜のところが多く(日本からのパッケージツアーの場合は短い滞在あり)今回は色んなアシュラムを見学したかったこともありドロップインクラスでヨガを習うことにしました。ヨガの内容も選べるので初心者でも安心!観光も併せてしたい方はドロップインがおすすめです!

 

ガンジス河を眺めるスタジオでハタヨガ

1J8A5603-2.0

まず最初に行ったのはラクシュマンジュラから徒歩5分程の場所にあるsiva yoga peethアシュラム。ガンジス河を眺めながらヨガできるところを探して行き着いた場所です。

受けるのはハタヨガのクラス。ハタヨガとは多くのヨガの元になっているヨガで“ハタ”とはサンスクリット語で太陽と月の意味。そしてハは吸う息、タは吐く息の意味もあり、呼吸に意識を向け、ゆっくりとポーズをとるヨガだそう。ゆっくりポーズ・・・なんかできそうな気がしてきました!

 

1J8A5598

受講生はは欧米&アジア系の外国人で、みんなヨガできそうな雰囲気・・ですが、首を回したり、ゆっくり手首からほぐしてていきます。うんうん、これなら余裕だ。

 

ヨガ_171206_0001

ってなんか違う?!!!!(最初から不安)

先生が回って一人ずつ柔軟を見てくれるのですが・・

 

1J8A5601

さすがヨギーニ・・・床と一体化してます。一方の私は・・

 

ヨガ_171206_0002

(えっ)

床、遠っ!ほぼ90度ですがもちろんこれで全力です・・もはやヨガやる以前の問題な気が・・(それ当たってるよ)そして私のもとにも先生が・・・

 

G5698054

痛ええええええええ・・・・・(先生も全力)念入りな柔軟体操の後は筋トレとしか思えないポーズが続き・・・

 

ヨガ_171206_0003

私が全力で片足あげると大体45度が測れることがわかりました(全然いらない情報)

 

ヨガ_171206_0004

ひざを曲げるなと言われましたが・・・

 

ヨガ_171206_0005

曲がっちゃうんですよ!!!!!!(ぷるぷる)見た目地味なのにきつい・・・。

先生が10数えている間キープするのですが6、7、8・・と数えてる途中で8、7、7・・とか意味不明なボケを入れてくる先生・・本当勘弁してください。

 

ヨガ_171206_0010

ダウンドックと呼ばれる下向きの犬のポーズですが、色々違いすぎて先生もどこから手をつけていいのかお困りの様子でした(こっちも頭に血がのぼるし必死です)

 

ヨガ_171206_0007

なんか嫌な予感がしますね・・・

 

ヨガ_171206_0008

うぎゃあああああああ・・・・!!!!

コ、コブラのポーズだそうです。

 

ヨガ_171206_0009

以上、1時間半のハタヨガレッスンでした・・・。ヨガと言うよりストレッチと筋トレという感じ・・・ん?そもそもそれがヨガ??

(外のガンジス川を眺める余裕など全くありませんでした)

 

  • 難易度    ★
  • ロケーション ★★★
  • 先生     ★★
  • おすすめ度  ★★

siva yoga peeth

住所:Omkarananda Satya Narayan Mandir, Near Lakshman Jhula Bridge, Next to Santha Seva Ashram, Rishikesh

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩5分

料金:90分200Rs(約400円)

ロープで宙吊り?!アイアンガーヨガ

1J8A5850

次に向かったのはラムジュラエリアのGITAアシュラム内にあるOM YOGA。この水色の建物の右手に入り口があります。

 

1J8A5851-2.0

壁に吊るされた無数のロープ・・・・めっちゃ怪しい・・・・!!!!!(笑)

ヨガ用のロープやブロック、ベルトなどを使うのがアイアンガーヨガの特徴だそう・・・全然使っている想像がつきません・・・(笑)

 

G6708503

マントラ(祈り・呪文のようなもの)を唱えてからヨガスタート。

 

G6718510

このあとロープを使ったヨガをするために入念に体をストレッチ。普段縮こまっていた体の筋がメリメリと伸びていくのがわかります(そして痛い)

 

G6728547

何かが圧倒的に違う三角のポーズ。

 

G6738557

ヨガ用ブロックを使って補正しつつ体を伸ばしていきます(それでも三角にはなれない)

 

G6748566

今度はヨガ用ベルトを使って前屈・・・

 

G6748580

・・・今から飛び立ちそうな謎の生き物になりました。

 

G6748590

見かねた先生からブロックの差し入れ(これめっちゃいい)

そしていよいよ、ロープを使ったヨガへ!先生が先にお手本を見せてくれるようです。

 

G6758605

ふむふむ・・・

 

G6758609

はっ!!!!!?

 

1J8A5871-2.0

・・・・えっ????!!!!!(これを私にやれと・・・?)

多分できないわ〜。と思いながらもここまできたら後戻りはできない・・・毛布を体に巻き(ロープが体に食い込まないようにするため)チャレンジ!

 

G6758654(よいしょ・・)
G6758637

(怖い怖い!)

 

G6758651

(むりむり先生絶対手はなさないで!!!!)

 

G6758640

(手を頭の上で組めと・・・)

 

G6758642

(ううううう・・)

 

G6758644

(うわわわわわーーー)

 

G6758645

(ちーん・・・)

 

G6758655

(怖かったよおおおおお)

そんなわけで、人生初のアイアンガーヨガ成功です!!!!(成功するしないとかじゃない気が・・)

この時、熱が38度あったということもあって(そんな時にヨガするのやめて)宙吊り中は宇宙と一体化できたような不思議な感覚でした(それやばいやつ)

アイアンガーヨガはスタミナの強化や集中力の向上、自分の内面と向き合えたり、深い瞑想状態でリラックス効果も得られると言われましたがリラックスどころではありませんでした。

軽く放心状態でぐったりしている私を尻目に先生は新たなる技を披露。

 

1J8A5874-2.0

なんかもう、なんていうか神々しい生き物なんですけど・・・

 

G6758667

・・・後光さしてますよ。

ちなみにドロップインのクラスは朝夕2回あり、1回300Rs(約600円)とお安いのですが撮影禁止だったので個人レッスンをお願いしたら2000Rs(4000円)に跳ね上がりました。さすがインド、プライスレス。

  • 難易度    ★★★
  • ロケーション ★★
  • 先生     ★★
  • おすすめ度  ★★★

OM YOGA

住所:Gita Ashram, Near Taxi Stand, Ramjhula, Rishikesh, Uttarakhand 249304

アクセス:ラムジュラから徒歩5分

料金:90分300Rs(約600円)※個人レッスン60分2000Rs(約4000円)

超初心者向け!ビギナーヨガ

1J8A5876

アイアンガーヨガがなかなかハードだったので初心に戻って(?)初心者歓迎!ビギナーヨガを受けることに。ラクシュマンジュラから徒歩10分程のところにあるSwami Vivekananda Yoga & Meditation Schoolです。こちらではドロップインのクラスが1日に10回程あり、自分のレベルに合わせたレッスンを選ぶことができます。(私は迷わずビギナーヨガ)

 

GOPR0710

レッスン中は撮影禁止とのことだったので感想を200字以内でお伝えします。

寝そべったままのストレッチ要素強めなヨガがほとんどで、私以外の欧米人ヨギーニは「こんなのヨガじゃない!」と捨て台詞を残して帰ってしまいました・・・。

ビギナーヨガなので、私のように体が固くてストレッチしながらリラックスしたい!という人にはおすすめですが「ヨガをしたい!」と言う方には物足りないかも・・。口コミが良かったので、レベルが上のクラスはもっとヨガヨガしているのかもしれません(何それ)

  • 難易度    ★
  • ロケーション ★
  • 先生     ★★
  • おすすめ度  ★

Swami Vivekananda Yoga & Meditation School

住所:Near Dharam Raj Mandir, Laxman Jhula, Rishikesh

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩10分

料金:90分200Rs(約400円)

褒めて伸ばす!ゲストハウスのヨガスタジオ

1J8A5942

こちらはラクシュマンジュラから徒歩5分程のところにあるゲストハウスsiva cottage(私の常宿!)の4階にオープンしたばかりのヨガスタジオSawasdeeyogaです。

 

1J8A5946

タイのチェンマイにもヨガスタジオを持っているKapil先生はヨガ歴12年の32歳。ハタヨガを基本とした内容ですが生徒が私一人だったので「立ちポーズをうまくとれるようになりたい!」という私のリクエストを踏まえてレッスンしてくれました。

 

G6768691

開始早々、2人で頭を抱えちゃってどうしたの・・・。ではなくて、マントラを唱えてから手を擦り合わせて体を触っていくことで全身にいいエネルギーがチャージされるとか・・!

 

G6768701

片鼻呼吸の仕方を丁寧に教わります。ヨガのポーズをとっているとついつい、ポーズをとることに夢中になって呼吸するのを忘れてしまいますが、ハタヨガではポーズをとることよりも良い呼吸をすることのほうが大事なんだそう。体の中の悪いものを出して、良い空気を吸うイメージをします。(スーハー!!!)

 

G6788726

椅子のポーズ。脚力の強化に効果があるそうです。

 

G6788759

体の脇をのばすポーズ。(ネーミングまんまやん)

 

G6818900

ここでもヨガ用ブロックが活躍。先ほどの前屈より難易度が上がってますが、バランスも鍛えられるそう。

 

G6818935

ねじった椅子のポーズ。

この写真からもわかるようにKapil先生は「グレート!!」とか「ナイス!」と笑顔で声をかけてくれるので、できているような気になってきてテンションがあがります!今までの先生は「不安顔」か「困り顔」どちらかだったので・・・(できない生徒ですみません・・悲)

 

G6818923

鷲のポーズ。

先生が私のことをのせながら丁寧に指導してくれたおかげで、バランスポーズも最初より長い時間キープできるようになってきました!(褒められて伸びるタイプ)

 

G6818907

ヨガ中にこんな笑顔まで出るように・・・!!!!(5本指ソックスが壮絶にださい)

ちょうど夕日の時間だったのでテラスで先生のヨガポーズを見せてもらうことに。

 

1J8A5884

先生の体・・・どこまで曲がるの・・・・(あと夕日綺麗)

 

1J8A5889

人生でこんなに足が開いたことがない・・・

 

1J8A5892

もはや綺麗な図形

 

1J8A5894

ポーズはよくわからないけど笑顔めっちゃ素敵

 

1J8A5905

私は生まれ変わってもできなさそうなポーズ

 

1J8A5930-2.0

私もやってみてと言われてリシケシュでのヨガ修行の成果を披露!!!!笑

 

1J8A5931-2.0

なんとなく最初よりはポーズが綺麗になった気がするような!!(しないような)

 

1J8A5936

そして1番のお気に入り、亡骸のポーズ。

先生はすごく優しく、わかりやすく解説してくれるし、テラスからはガンジス川や夕日を眺めることもできて最高でした〜!

  • 難易度    ★★
  • ロケーション ★★★
  • 先生     ★★★
  • おすすめ度  ★★★

Sawasdeeyoga (Kapil先生)

住所:Siva cottage,Laxman Jhula, Rishikesh, Uttarakhand 249302, India

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩5分

料金:90分300Rs(約600円)

番外編〜日本から来ていたヨガの先生にインタビュー〜

1J8A5658

siva yoga peethで日本人女性に出会いました!彼女は愛知県でヨガを教えるルミ先生(さすがの美しすぎるポーズです)。人気のアシュラム、ヨガ・ニケタンに10日間滞在しているということでアシュラムの生活など、お話を聞かせていただきました(感謝)

〜日本人にも人気のアシュラム、ヨガ・ニケタンのある1日のスケジュール〜

5:15 起床  5:30-6:30 瞑想  6:45-8:15ヨガ 7:30-8:00お祈り 8:30朝食 12:00昼食 15-16:00哲学 16:00チャイ 16:30-17:45ヨガ 18-19:00瞑想 19:15夕食

と言う感じだそう!まさにヨガと瞑想ざんまいです。この中で興味があるのが16時のチャイしかありません・・・!(おい)ていうか朝5時起き辛い(スーパー低血圧)

私・「このヨガ生活でよかったこと、逆に大変なことはありますか?」

ルミ・「アシュラムの食事は質素だけど美味しいし、色んな国の人に出会えて仲間ができることが嬉しいです。嫌なことは・・アシュラムは簡易施設なのでドアが閉まらない、窓が開かない、シャワーもちょろちょろ・・(笑)とか色々ありますが、生活しているうちにすぐ受け入れられるようになりますね。それより、リシケシュに来た時「帰ってきた〜!」と魂が喜ぶ感じがあります。ヨガ中心の生活をこんなにも求めてたんだって。またすぐ、帰ってきたいです!(笑)」

インドに来て「帰ってきた!」と思う人は大体やばい人なのですが、美しいヨガの先生が言うと妙に納得しちゃいますね。あ、もちろん私も「帰ってきた」派です。

ルミさんに「カルマヨガって知ってる?」と言われ教えてもらったのが “見返りを求めずに愛を持ってする奉仕活動” のヨガ。ヨガのポーズをとったり、瞑想するわけではなく、その気持ちを持って行動することを言うのだそう。

実は元ボランティア部の私、奉仕活動大好きなんです(多分前世で結構な罪を犯したんだ・・)

早速ゴミだらけのガンジス河でゴミ拾い!

 

1J8A5670-2

やっぱりゴミ拾い好きだ・・・・!!!!(前世何したの?)ヨガのポーズがうまくとれない私でもこれなら簡単にできます(笑)

ルミさんありがとうございました〜♡

 

ビートルズが修行した?!ビートルズアシュラム

1J8A5272

ラムジュラから徒歩20分ほど、山の麓に突然現れるマハリシ・アシュラム(通称ビートルズ・アシュラム)その名の通り世界的ロックバンドのビートルズが1968年にこのアシュラムに数ヶ月滞在して、瞑想やヨガなどの修行をした場所です。

ここでの修行を機に、その後の音楽性が変わったとも言われているビートルズファンにとっての聖地に、特にビートルズのファンではない私がお邪魔してきました!(ビートルズは英語の授業で聞いた程度)

 

1J8A5273

近年、入場料が高騰していてこの時はなんと600Rs(約1200円)!事前情報では言い値で200Rs程と聞いていたのですが、外国人観光客がたくさん来るからなのか入場料を書いた看板も設置されていました。今やただの廃墟になっているアシュラムにそんなに払いたくないのですが・・(本音)

 

1J8A5278

案内図もない敷地内を少し歩くと、ドーム型の瞑想小屋が現れます。その数なんと100以上・・!!

 

1J8A5280

そしてこちらがジョン・レノンが瞑想したというドーム。めっちゃ不気味なんですけど・・(ファンだったら喜んで入るのでしょうか・・)

中に入ってみると2階立てになっていて右奥にはトイレがありました。ビートルズファンによるものと思われる落書きペイントもあります。

 

G5167540

階段を登ってみることに・・・・

 

G5187542

足もと不安定すぎないか・・・?!(十分お気をつけください)

 

G5217545

こちらも盛大にペイントされていて謎にピースフルな気持ちになります。

せっかくなのでジョン・レノンと同じ場所で瞑想してみましょう。

 

G5237596

目を瞑って集中してみると・・・ドームの中の空気はひんやり冷たく、ぐわんぐわんと外の音が響き、まるでマントラのように聞こえてきます・・しばらく座っていると宇宙空間を漂っているような感覚になってきました。なんかいい曲書けそうです!(本当かよ)

ドームの中も外も、ガラスの破片が結構散らばっているので足もと注意してくださいね!

1J8A5297

小鳥のさえずりやサルの鳴き声を聴きながら(サル怖い)緑が鮮やかな道を歩いて行くと・・

1J8A5320

大きな建物が現れました!どうやらメインの宿泊施設のようです。

1J8A5349

ここにも落書きが!ビートルズファンは絵を書くのが好きなんですね(そして上手い)

1J8A5347

人気のない廃墟マンションの中はただただ不気味・・・昼間だけど鳥肌立ちっぱなしでした(小心者)

1J8A5343

屋上にはたまご型のドームが。描かれているのはこのアシュラムの指導者マハリシらしき人物。ここから見るヒマラヤの山々が美しい!

宿泊施設から更に奥へと進んでいくと入り口からペイントだらけの建物を発見!

1J8A5302

1J8A5305

ここはレクチャーホールとして使われていた場所で、ステージもありました。とにかくペイントだらけ!世界中からファン・・というかクオリティ的にはアーティストが集まっているようです。

1J8A5315

向かって右手にはインドの聖者や指導者、左手にはビートルズが描かれています。上のお姉さんは誰なんでしょう?オノ・ヨーコ??(ちがう)ちなみに右上と左上はまだ描けるスペースがありました!(だから何)

1J8A5311

レクチャーホールを出てさらに進むと地下に洞窟型の瞑想施設が現れます。

1J8A5325

洞窟の先には大きなレクチャーホールが。

G5447830

若かりし日のマハリシのペイントと記念撮影!マハリシ、、、よく見るとイケメンです!

G5477833

ビートルズファンではなくても、ペイントを見ながらお散歩しているだけで結構楽しめるフォトジェニックスポットですが、老朽化が進んでおり、取り壊してホテルを建設する計画もあるとか・・・気になる方は早めに行くことをおすすめします!

マハリシ・アシュラム(通称ビートルズ・アシュラム)

住所:South of Swarg AshramRishikesh, India

アクセス:ラムジュラから徒歩20分

料金:外国人観光客600Rs(約1200円)

時間:9:00〜17:00

寺院から見る絶景と幻想的な火の儀式

13階建てのシヴァ寺院

1J8A7431

こちらはラクシュマンジュラのすぐ近くにある13階建ての寺院、スワグニワス寺院(Swarg Niwas Temple)

シヴァ神を祀るシヴァ寺院ですが各フロアには様々な神様が祀られています。13階を登るのはなかなか大変ですが、最上階からの景色がとにかく絶景!そして、ここでお祈りしていると感謝のあまり涙が出て来る、パワーを感じる寺院でもあります。

 

G6528325

ガイドブックに載っていないからか、人も少なくて静かでゆったりとした時間を過ごすことができるのでおすすめ!

 

1J8A5704

黄金色の夕日を独り占めする贅沢なひとときでした。

 

1J8A5705

寺院の入り口近くではシヴァ神が持っている三叉槍(トリシューラ)の印をひたいにスタンプ(正式名称不明)をしてもらうことができます。

 

IMG_8493

私もしてもらいました〜!インドのシヴァ寺院たくさん行ってきましたがこのスタンプをしてくれるのはここ以外見たことがない・・!

スワグニワス寺院(Swarg Niwas Temple)

住所:Lakshman Jhula,Rishikesh, India

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩1分

料金:無料

時間:6:00〜21:00

※土足厳禁

火の儀式アルティとガンガに落ちる夕日

1J8A7265

先ほどの寺院のすぐ近くでラクシュマンジュラを渡った場所にある、シュリ トラーヤンバクシュワール寺院(Shri Trayanbakshwar Temple)はスワグニワス寺院より大きく、各フロアごとに神様が祀られるたくさんの小部屋とお土産やさんがあり、いつも大賑わいの人気寺院です。橋から眺められる外観も可愛いんですよ〜!

 

1J8A5742

この小部屋にたくさんの神様が祀られていて、まるでヒンズー教大図鑑、神様全員集合!のようになっております。一部屋ずつ参拝しているとかなり時間とお金がかかります・・・(笑)

 

1J8A5719

最上階からは橋の全景と夕日を眺めることができます。ガンガ(ガンジス河)に落ちていく夕日は、沈むと言うより“溶けていく”ような不思議な光景でした。

 

1J8A5763

こちらの寺院では毎日18時頃(日の入の時間により異なる)からアルティと呼ばれる火の儀式が始まります。すごい人が押し寄せるので30分位前に行って場所取りをすれば完璧です!

 

1J8A5788

鐘の音と、神聖な祈りの歌が響き、ガンジス川をバッグに眺める炎のゆらめきはあまりに美しく幻想的でした。

 

1J8A5825

アルティ終了後、儀式に使われた炎の周りに人が群がり、炎に手をかざしていました。日本の寺院でもお線香の煙を浴びたりするけどそんな感じでしょうか??(もちろん浴びました)

シュリ トラーヤンバクシュワール寺院(Shri Trayanbakshwar Temple)

住所:Lakshman Jhula,Rishikesh, India

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩1分

料金:無料

時間:6:00〜18:00 ※アルティは日没後スタート

※土足厳禁

おしゃれカフェからローカル飯まで!リシケシュグルメ

ヨギーニ御用達!Pumpernickel German Bakery

1J8A7419リシケシュは聖地なので全てのレストランがベジタリアンで、お肉がありません。その中でもこちらはビーガン、マクロビ、オーガニックとヨギーニに大人気のお店。デトックススムージーやローフードもあるのでヨガの前後に摂るといいのだそう。

こちらのプレートはアーユルヴェーダターリー(約400円)インドの伝承医学、アーユルヴェーダに基づいて作られたカレー定食です。優しい味の豆のカレーと、スパイスの香りが爽やかな付け合わせに玄米が食べられるのも嬉しい!

 

1J8A7428

ガンジス河を見渡せるテラス席はいつも人気ですが、店内でテラス席が空くのを待つこともできます。

Pumpernickel German Bakery

住所:Post office,Laxman JhulaRishikesh 249302, India

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩7分、郵便局のすぐ近く

wifi:あり

パリピなレストラン・Harry cafe

1J8A5570

こちらもガンジス川を見渡せるレストランですが、夜は一変してサイケデリックな音楽が流れるパリピなお店に!足を伸ばせてくつろげるので、夕日を眺めながらのんびりするのも良さそう。

 

1J8A5576

突然停電になり(リシケシュはよく停電になります)真っ暗な中運ばれてきたこちらのラザニア(約450円)ももちろんお肉不使用のベジラザニア。にんにくがきいたトマトソースにたっぷりのチーズが最高な一品!これ日本でも食べたい!

Harry cafe

住所:Near Sunset Ghat ,Laxman JhulaRishikesh 249302, India

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩5分

wifi:あり

ローカルなカレー定食・Tourist home

1J8A5685

インド人観光客でいつも大賑わいのTourist homeでは、ローカルなカレー定食が食べられます。こちらのターリー(カレー定食)は90Rs(約180円)で食べ放題!(嬉)もっと安いローカルなお店もありますが、ここは店内も綺麗だし安心して食べられるのでおすすめ。

カレーがなくなったら注ぎ足しに来てくれます。私は3回もおかわりしてしまいました。。リシケシュに行ったら必ず食べたいターリーです。

Tourist home(ゲストハウスの1階)

住所:Laxman Jhula (Opposite Taxi Stand) , Rishikesh India 249302

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩1分

wifi:なし

ネパール餃子・MOMO stand

1J8A5122

夕方5時頃からオープンするこちらはネパール餃子やフライドポテト、ベジバーガーなどの屋台です。

 

1J8A5879

おすすめがネパール餃子のモモ(約100円)
もちろんお肉は使われていませんが、一口食べると野菜の旨味がじゅわ〜っと口の中に広がるジューシーな餃子!

小腹が減ったときのどうぞ!(結構な量だからお腹いっぱいになっちゃうかも・・)

MOMO STAND(モモ屋台)

住所: Laxman Jhula(opposite to Freedom Cafè) Rishikesh India 249302

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩7分

wifi:なし

癒しのアーユルヴェーダ体験

1J8A5860

最後にご紹介するのはこちらのアーユルヴェーダ施設・Himalayan the wellness centre&spaです。

ひたいにオイルを垂れ流しマッサージをするシロダーラという施術が有名なので日本ではエステ的なお店でアーユルヴェーダ体験することもできますが、インド発祥の伝承医学なので、インドではドクターの診察を受けてからアーユルヴェーダを受けます。

 

1J8A5862

笑顔が素敵なSarah singhドクター。まず脈診をしてもらってから問診。色々気になっていることを聞くと・・・占いですか??と言うほどに私の体質や性格を当てられました。いくつかの施術を組み合わせてもらってまずはシロダーラという施術を受けることに。

1J8A5856

施術してくれるのはベテランの女性セラピストさんです。温めた白ごま油を、ひたいに一定のリズムで垂らすことで深いリラックス状態になると言います。

ヨガ_171208_0013

おおおおおお・・・・・・。オイルがひたいをじんわり温めていき、脳がマッサージされているような不思議な感覚です!考えすぎて凝り固まっていたと思われる脳がほぐれていくのがわかります!実は、以前アーユルヴェーダを勉強していたのでインドやスリランカなどでたくさんこの施術を受けたのですが、このセラピストさんはオイルの垂らしかたが上手い!一定の間隔で垂らしていくのが意外と難しいんですよね・・

このあとはシャンプーするように頭のマッサージを受けてから全身のマッサージへ。これがもう悶絶級に痛い・・・!!!!

クッキーを作る時のめん棒で体を伸ばされているような・・・私ぺちゃんこになっちゃうんじゃないかと思うくらいの力でしたが、ここはインド・・・受け入れるのみです(悟)

施術中は痛かったですが、終わってからは体中スッキリ!!!この日はインドに来てから1番ぐっすり眠ることができました(笑)

この後体調を崩した時も親身になって対応してくれた優しいドクター、ダンニャバード(ありがとう)!

本格的なアーユルヴェーダ体験をしたい方はこちらがおすすめです♡

住所:laxman jhula, Rishikesh – 249201, Near ashram

アクセス:ラクシュマンジュラから徒歩5分

時間:8:00〜22:00

まとめ

1J8A5665

いかがでしたか??ヨガができる人もできない人も、リシケシュはインドの聖地であり旅人のオアシスのようなリラックスできるスポットなので、インド旅行の際はぜひ遊びに行ってみてください♪

比較的治安も良い場所なので女子旅にもおすすめです♡

次はアシュラムでヨガ三昧しに行こうと思ってます!(朝起きれるかな・・)

ライター・鈴木サラサ 

\ 現場で取材した“生”の体験をレビューするメディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ