佐賀に行くべき理由!「佐賀にしかないうまい飯」を食べに行こう【透明のイカや船で渡るレストラン】

佐賀県への旅行は、グルメも観光も魅力的。呼子のイカや唐津バーガーなどの名物をランチでいただき、魚山人の海鮮など様々なスポットを実際に行ってご紹介します。佐賀に行く理由が思いつかない!という人も、この記事を読んだらすぐにでも佐賀に行きたくなるかもしれません。

こんにちは。SPOT編集部です!
みなさま、最近旅行に行きましたか?

「美味しいもの食べに行こう。屋台で飲んだくれよう」って福岡行く人はいますよね。
「ハウステンボス行こう。軍艦島行こう」って長崎行く人もいると思います。
「温泉行こう」って大分行った人ももちろんいると思います!

さて、突然ですが、この県に囲まれてる「佐賀県」。

「佐賀県」に行く理由、何か思い浮かぶでしょうか?!

「バルーンフェスタ行こう!」はあるかもしれませんね。でもそれも期間が限定されています。(2018年10月31日(水)〜11月4日(日))

そんな佐賀県に行くべき理由がこの記事にはあります。
それは「佐賀にしかない、うまい飯を食べに行こう」です。(もちろん温泉や焼物、歴史的建造物等他にもたくさんいいところはあります!)

DSC_1175

まず見てくださいこの透き通ったイカ。

 

DSC_0933

そしてこのサザエ。なんと4個で500円。

 

DSC_1140

こだわり抜いた佐賀県産の「豆腐」。

 

DSC_0952 DSC_0989

エンターテイメント性、サービス性、料理の質から行っても最高な、船でしか行けないレストラン「魚山人」。この体験は、絶対他の地域では味わえません!

これらを1泊2日で回るツアーを、先日SPOTで実施いたしました!(募集記事 : https://travel.spot-app.jp/saga_tour/ )
定員20名のところ400名から応募がありまして、倍率20倍になってしまったツアーですが、選に漏れた方も是非ご自身でも回っていただきたいと思い、ツアーの行程を記事で紹介させていただきます。

虹の松原を観光しつつ、マクドナルドより伝統のある「唐津バーガー」を食す

博多駅から車を走らせること1時間ちょっとで佐賀に到着。
「福岡旅行に来たけど、ちょっと都会すぎるから自然を味わいたいぞ」なんて思った人でもすぐにいけちゃう距離です。

DSC_0738バスで最初にきたこの場所「虹の松原」は約4.5kmにわたって「クロマツ」が生えている場所。なんとその数100万本。圧巻です。
虹というよりは、緑一色なんですけどね。でもそんな緑がとても心地良いです。

 

DSC_0748

そんな虹の松原の中をぐんぐん進むとあるのがこちらの「からつバーガーとコーヒーのお店」。
店舗はこの移動型のものですが、いつも同じ場所で営業しております。

 

IMG_7982

この唐津バーガー、佐賀のご当地バーガーですが、その歴史は驚くことなかれ。
50年ほどの歴史があるそうです。マクドナルドの日本初上陸(1971年)より歴史が古い。

肝心の味はといいますと、

IMG_7984

バンズがめちゃくちゃ美味しい!
パンを焼いてるからか、表面はカリっと、中はふわっと。
そこにベーコン、玉子、レタス等のシンプルな具材がとても合います!

いや「正直ハンバーガーなんて佐賀にまできてわざわざ食べに行くかな」と思うじゃないですか。
ぜひ食べてみてくださいこれ。何より観光地の中にありますしね。ついでに寄ってみてください。自信を持っておすすめします。

 

DSC_0750

駐車場にとめて待ってると、お兄さんが車まで運んでくれるサービスもあります。
慣れている地元の方々はみんな車で待機しておりました。

 

からつバーガー 松原本店
住所 : 賀県唐津市虹ノ松原
電話番号 : 0955-70-6446
https://tabelog.com/saga/A4102/A410201/41000364/

 

鏡山展望台から絶景を望む

そんな「虹の松原」を抜け、高台を登った先にあるのがこちらの「鏡山展望台」。

DSC_0784

「虹の松原」は上から見るとこうなっています。やっぱり緑です。
ちなみにこの「虹」の由来は色ではなく、「二里」の距離のほうだということ。
(「虹の松原」の詳しい名前の由来が気になる方は是非こちらを見てみてください)

 

DSC_0787

心が洗われるという表現がありますが、ここはそういう場所です。
青と緑のコントラストが最高。

 

DSC_0802

同じ高台にあるこちらの神社にも是非寄ってみてくださいね。

 

DSC_0811

 

鏡山展望台
〒847-0022 佐賀県唐津市鏡鏡山山頂

 

世界で1つの「唐津焼」を

DSC_0853

さて、佐賀は伊万里焼、有田焼、唐津焼に代表される「焼物の町」としても有名です。

 

DSC_0820

今回訪れたこちらのお店「炎群(ほむら)」では、店頭での販売だけでなく、「絵付け体験」や「手びねり体験」等もやっています。

 

DSC_0823

今回のツアー、予定を詰め込みまくっていたので、比較的時間のそんなにかからない「絵付け体験」で、自分だけの唐津焼を作り、お土産として残してもらうことにしました。

 

DSC_0839

「途中から何書いてるかよくわからなくなった」というツアー主催者ヨッピーさんの絵付け。
可もなく不可もなく笑いもなく、コメントが難しい仕上がり具合

 

DSC_0857

職業がデザイナーという参加者の方の絵はとてもクオリティが高くて可愛い!

 

DSC_0845

こちらは金曜日に有給とって参加してくれた、某会社の社員さんの作品です。
自社のキャラクターだそうですが、どこの会社の人なのかなぁ。

唐津焼 炎群(ほむら)
住所 : 佐賀県唐津市紺屋町1689
電話 : 0955-73-5368
https://www.karatsu-kankou.jp/karatsuyaki/detail/365/Karatsuyaki

 

七ツ釜遊覧船で佐賀の海を体感

middle_0100302 middle_1300104

まだまだツアーは続きます。
佐賀の唐津市にはですね、ご覧のように船でしか行けない絶景があるんです!

玄界灘の波にさらされ、浸食されてできた7つの洞窟で「七ツ釜」といいます。

 

DSC_0868

しかし!!
ツアー当日は大しけのため欠航!!!!!!

台風がきていたんですよね。。。

 

DSC_0870

くっそーーーー

 

DSC_0871

と思っていたらマリンパル呼子の方のご好意で湾内だけの運行をしてくれました。
もちろん料金もかなり割引しての運行です。

「台風近づいているとはいえ、こんな天気よくて穏やかなのにってみなさん言うじゃないですかー。でも本当に危険なんですよ。
っていって、湾の外ギリギリまで船は行ってくれたのですが、言うまでもなく波が高く、それはもうめちゃくちゃ揺れた。
この欠航に対して文句言う人がいないのは間違いありません。

マリンパル呼子
住所 : 佐賀県唐津市呼子町
電話 : 0955-82-3001
http://www.marinepal-yobuko.co.jp/

 

波戸岬で海鮮を食す

DSC_0890

続いて訪れたのは「波戸岬」であります!

ここです。
天気も悪くなってきて、気持ちいい画像がお見せできないのが残念ではありますが、芝の広場や、綺麗な砂浜等もあって、とても気持ちのいい場所。

 

DSC_0904

ヨッピーさんと参加者の方の一幕。台風のせいで風がすごい。
「ハートみさき」ということで恋人の聖地でもあるんですね。とはいえ恋人の聖地って全国各地に存在するんですけど。。
でも、ここは本当にデートスポットとしてもいいと思います!

なぜならここは自然の良さが体験できるだけでなく、グルメスポットとしても最強!!

DSC_0889

こちらの小屋でめちゃくちゃうまい海鮮が食べられるんですよね。

 

DSC_0933

DSC_0937

このサザエ、500円です!!
しかも4個で500円!!

肝心の味ですが、臭みも全然なく、肝も嫌な苦味もなく、本当に美味しいです!
後先考えず3皿食べたほど。

なんかこういうところ来るとだいたい観光地価格だったりするんですけど(江〇島とか)、佐賀はなんかすごい良心的です。

 

DSC_0926

この大盛りのイカ焼きも600円。
東京の屋台で売ってるイカとかって噛みきれない感じのも多いと思うのですが、ここのは食感も柔らかく、かかってる甘めのタレがとてもよく合います。

地元のバスの運転手さんいわく、「七味とマヨネーズと醤油」とあえるともっと美味しいとのこと。(私はマヨネーズ嫌いで試せてませんすみません)

 

DSC_0942

とても元気な佐賀のおばちゃんに元気がもらえます。
最高のツマミ片手にお酒も飲めますし、是非色々お話してみてくださいね!

波戸岬
住所 : 佐賀県唐津市鎮西町波戸
https://www.asobo-saga.jp/essay/000148.html

 

 

最高のエンターテイメント「魚山人」

DSC_0952

そして、今回のツアーの目玉!!
ヨッピーさんが「人生最高のレストラン」と太鼓判と押す、魚山人です。

時間になると颯爽と船で迎えにきてくれた、店長かつ船長かつ料理長かつ漁師の吉田さん。
台風が近づいておりましたが、湾の中なので海も穏やかです。

1日2組限定で、土日は予約がいっぱいなので、行きたいと思った方はまず電話を。
(電話 : 0955-52-2733)

どうしても行きたい方は、魚山人の予約が取れた日に合わせて佐賀県に行くツアーを組むのがいいかと思います!
(私たちは平日狙いつつ、2ヶ月くらい前に事前に予約することで、無事に取れました)

 

DSC_0975

船は10分もかからず到着です。この桟橋から建物も合わせて全て吉田さんが作ったとか。
大工でもあります。本当にすごい。

 

DSC_0979

こちらが建物!
この2階で食べるのですが、ご覧のロケーション。夕日や波の音が最高でした。

 

DSC_0989

食卓につくや否や、並べられているすごい豪華かつ新鮮な海鮮料理。

首都圏育ちの私は「かんぱちのお刺身ってこんなシャキシャキなの?!」とびっくりしました。
他にも、めちゃくちゃうまい「秋刀魚の塩焼き(人数分)」や、めちゃくちゃうまい「ひじきのキッシュ」も並びます。

DSC_0988

アワビもでかいのが人数分付いてます。

 

DSC_1021

そんなアワビを食べるヨッピーさん。

 

DSC_1022

この表情である。

いやーすごい満足と思ってたら、その後もどんどん出てくる出てくる。

DSC_1032

煮付け。こちらももちろん一人一匹。

 

DSC_1033

フライ。

ここまで刺身も焼きも煮付けもフライも全部出てきてるんですけどね。

さらにさらに

DSC_1037

タコのカルパッチョ。

 

DSC_1040

茶碗蒸し。

 

DSC_1045

お寿司まで!!

全員がそれはもうめちゃくちゃお腹いっぱいになっていました。

気になるのはこちらのお値段かと思うのですが…

一人5,000円

値段設定おかしい。

他にも高級魚のクエ等が食べられるコースがあったり、予算に応じてメニューを用意してくれます。

 

DSC_1024

DSC_1011

SPOTのヨッピーさんの記事みて訪れたという方もたくさんいました。感動!

 

DSC_1055

店主の吉田さん、職人気質のような怖さもなく、とても気さくで優しい方ですので、是非気軽に問い合わせしてみてくださいね。

 

DSC_1056

バスが出発してもまだずっと手を振ってくれていた吉田さん。
「魚山人に行きたいと思っていたけど、一人で行くのは難しくて今回のツアーに応募しました」という方も多かったので、いつかまたやりたいですね!

しかし佐賀県の方、みなさま本当に暖かい。。。

魚山人
住所 : 佐賀県東松浦郡玄海町仮屋高岩
電話 : 0955-52-2733
https://tabelog.com/saga/A4102/A410201/41000948/

 

「日本庭園×チームラボ」の御船山楽園

この時点で夜も21時近くになりましたが、今回のツアーめちゃくちゃ予定を詰め込みましたので、もう1件!
と言いたいところですが、こちらの「御船山楽園」のチームラボ かみさまがすまう森、今回のツアーでは台風のため断念いたしました。(22時半まで営業)

2018年10月28日までの開催ということで、記事公開日の本日(2018年10月24日)からあと少ししかないのですが、もし機会がある方は是非訪れてみてください!

s_main

お台場や豊洲にもチームラボのデジタルアート施設はありますが、ここの魅力は日本庭園とのデジタルアートのコラボ
日本だからこそ織りなせる場所になっているのです。

ということで写真だけ簡単にご紹介!

sub1 sub2 sub3 s_sub4

行ってみたかった。。
(とはいえ、1日飲んで食べまくったツアー参加者の方々は宿にすぐ戻れてありがたいという方も多かったようです。笑)

前述した通り、「チームラボ かみさまがすまう森」は、2018年10月28日までの開催ですので、行きたい方はお早めにどうぞ!

ただ、日中の見学は通年でやっております。
四季折々の日本庭園が楽しめる場所ですので、興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 

御船山楽園
 住所 : 佐賀県武雄市武雄町大字武雄4100
電話 : 0954-23-3131
 https://www.mifuneyamarakuen.jp/

 

伝統のトロトロ温泉 武雄温泉「楼門亭」

main

そしてこの日宿泊したのはこちらの楼門亭
この楼門と新館の建物を設計したのは、東京駅を設計した辰野金吾さんという方です!

 

DSC_1064

(写真撮影は朝にしました)
武雄温泉の1つ、この楼門亭の温泉は、1,300年の歴史があり、宮本武蔵や伊達政宗も訪れていたとか。

 

DSC_1071

この楼門亭ですが、宿泊者は3種類の温泉が入り放題。泉質はトロットロのアルカリ性のお湯で、肌にまとわりつくような感じ。
もちろんビジターの方も利用可能です。水風呂&サウナ付きのお風呂もありますよ!!

 

DSC_1058

お部屋はこじんまりとした和室になっております。
「温泉楽しんでそのまま寝るだけ!」っていう方はこれで十分です!

お値段は4,500円!(1人だと5,000円!)

武雄温泉「楼門亭」
住所 : 武雄市武雄町大字武雄7425
電話 : 0954-23-2111
http://www.takeo-kk.net/stay/001325.php

 

2日目スタート

パワースポット「武雄の大楠」

DSC_1091

武雄温泉から車で少し行った場所にある、こちら武雄神社。
その敷地の中に「武雄の大楠」が存在します。なんと樹齢3,000年。

階段をあがり、竹やぶの中を抜けていくと

DSC_1113

どん。神がおられる。神がおられるぞ。

 

DSC_1111

この階段の部分とか、実に神々しいんですよ。
本当に神様いるんじゃないかな。

 

DSC_1115

こちらの傘、夜はライトアップされるようです。神社に傘は映えるー!
御朱印集めをしてる参加者の方もいらっしゃいました。

武雄神社 (武雄の大楠)
住所 : 佐賀県武雄市武雄町武雄5335
電話 : 0954-22-2976
http://takeo-jinjya.jp/

 

水も大豆も佐賀県産の豆腐「若木屋」

DSC_1124

朝ごはんに寄ったのがこちらのお豆腐やの「若木屋」。
「峠の豆腐や」と自称するぐらいで、峠の中腹、国道沿いにあります。
峠の豆腐やと聞くと、とある車のマンガを思い出す方もいると思うんですけど、そういうお店ではありません。

「なんで佐賀で豆腐?!」と思う方も多いかもしれませんが、豆腐は「大豆」と「水」が命。

DSC_1153

実は佐賀は大豆の生産地としても全国上位。(北海道が圧倒的1位)
そしてこの峠の佐賀の湧き水を利用してこだわりの豆腐を作っているのが、この「若木屋」さんなんです。
旅行に行ったらその土地のものが食べたいですよね。純佐賀県産のお豆腐がここにはあります。なんと豆腐一筋65年。

 

DSC_1132

店内さまざまな商品が並んでおります。
これ以外に豆腐を使ったお惣菜等もたくさん並んでおり、みなさん大量に購入しておりました。

 

DSC_1140

そんなお豆腐の味ですが、大豆の味がしっかりしている割に嫌な苦み等は全くない、何もつけずに食べても美味しいお豆腐です。
食感もふわっと体に溶け込む感じ。

 

DSC_1144

こちらの厚揚げは絹豆腐が使われていて、中はカリカリ、外はトロッとで最高。
豆腐用のお出汁ももらえるので、その場で食べることもできます。
(飲み物は豆乳しか売っていませんが、店主さんがお茶を無料で出してくれました。感動。)

峠の豆腐や「若木屋」
住所 : 佐賀県武雄市若木町大字川古106
電話 : 0954-26-2626
https://wakakiya-tofu.jimdo.com/

 

これぞ佐賀の活きたイカ「かべしま」

DSC_1175

DSC_1172

これがないと佐賀県グルメツアーと名乗れない!!「呼子のイカ」です。
活きた状態で出てきますので、新鮮そのもの。

この透き通ったイカを目当てに佐賀に来る人も多いですよね。

身はコリコリで、イカの甘みもあり、もちろんうまい!!

DSC_1207

台風で漁に出られない状態が続いたので、人数分は難しかったのですが、なんとかあるだけ出してくれました。
天候によってはイカが用意できないという日もあるので、事前にお店にチェックすることをおすすめします。

 

DSC_1210

ゲソ等は天ぷらにして、カレー塩で。あんなにコリコリだったイカは火を通すとこんなに柔らかくなるのかと感動。

 

呼子には他にもたくさんイカ料理店がありますが、どこも事前の予約がおすすめです。

かべしま
住所 : 0955-82-5187
電話 : 佐賀県 唐津市呼子町加部島260-1
http://www.kabeshima-yobuko.com/ (クーポンあり)

 

今回の旅の行き方

そしてここから1時間半ほどかけて博多へ戻り旅は無事に終了いたしました!

ここからは、もしこのツアーそのまま真似して行ってみようと思う方に向けて書き残しておきます。

■全て回って1人2万円ちょっと。
今回紹介したスポット全て回るとこれくらいかかります!もちろんお酒をたくさん飲むとか、ご飯をめっちゃ食べるみたいな人はもっとかかる可能性があります。
これに別途、現地までの足代、レンタカー代、ガソリン代等が発生します。

車は必須です!
福岡空港、もしくは佐賀空港からレンタカーを借りるのがいいと思います。
どの施設も駐車場は併設されております。

■佐賀空港でレンタカーを借りると最初の24時間は1,000円
詳しくは下記のURLをチェック!もちろん日にもよりますが、下述するLCCと合わせて利用すると結構安くいけると思います。
http://www.pref.saga.lg.jp/airport/kiji00312799/index.html
(2019年3月31日まで)

■佐賀空港はLCC利用もおすすめ
成田空港 – 佐賀空港を運行するLCC(春秋航空)だと片道6,250円〜でいけちゃいます。
(気が狂ったように安いキャンペーンを実施しているときもあるので、是非チェック。https://jp.ch.com/)

 

■個人でいくにしても予約が必要なところ
魚山人 : 0955-52-2733
楼門亭 : 0954-23-2111
かべしま : 0955-82-5187

です!この情報が、みなさまの旅のお役に立てれば嬉しいです。
今後ものこのようなツアー、色々実施していければと思いますので、どうかSPOTをよろしくお願いいたします。
(是非Twitterフォローお願いいたします。)

また、今回のツアーの様子を参加者の方がまとめてくれた動画がありますので、よかったらぜひ見てみてください!

(今回、ご参加していただいたみなさま、本当にありがとうございました!拙い運営でしたが、引き続きよろしくお願いいたします。)