和歌山のアドベンチャーワールドにも赤ちゃんパンダがいるから会ってきた

和歌山のアドベンチャーワールドは、海の生き物からサファリにいるような動物まで、様々な動物に会うことのできる施設です。そんなアドベンチャーワールドには、まだ1歳の小さなパンダや双子のパンダ等、5頭の「パンダ」がいます。今回の記事では、広報さんや飼育員さんにパンダのお話を聞いてきました。

こんにちは、ライターの吉川ばんび(@bambi_yoshikawa)です。

上野動物園公式HPよりスクリーンショットにて

写真は「上野動物園公式HP」スクリーンショットより

2017年、上野動物園の赤ちゃんパンダ、”シャンシャン”が大きな話題となっていましたね。
それはもう「大フィーバー」と呼んでもさしつかえないような盛り上がりぶり!

シャンシャン祝い上野のパンダキャラクターが大集合
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201801060000521.html?

「シャンシャン」フィーバーで上野が“総パンダ化”
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/864859/

ネット媒体のみならず、テレビ雑誌などで特集を組まれるなど、現在は上野を中心とした空前のパンダブームが巻き起こっております。

「シャンシャンに会いたい!」

「赤ちゃんパンダが見たい!」

といった人々が多数上野公園に押し寄せているそうなのですが、現在(1月21日)シャンシャンの観覧は事前申し込み・抽選制で、さらにその倍率は何十倍と、会うチャンスを掴むだけでも至難の技なのです。

さらに、当選しても、実際にパンダの親子を見ることができるのは1〜2分とのこと……! そんじょそこらのアイドルなんて目じゃないくらいの超人気者なのです。

それでも、「どうしてもパンダに会いたい!」という方に朗報です!

日本には、上野動物園以外でも、パンダに会うことができる施設があるのです!
和歌山のアドベンチャーワールドでは、まだ1歳の小さなパンダ双子のパンダにも会えるとのこと!

これは行ってみなくちゃ〜〜〜〜〜!!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
というわけで今回は、和歌山県の白浜駅に来ました。

パンダパンダパンダ〜〜〜〜〜〜パンダに会うぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!

 

日本で最も多くのパンダがいる施設

さて、白浜駅からバスで10分ほど移動して……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そう、ここ! アドベンチャーワールドまでやってきました!!

現在、日本でパンダに会える動物園や施設は3箇所のみ。

東京の「上野動物園」に3頭、兵庫県の「王子動物園」に1頭。そしてなんと、「アドベンチャーワールド」には5頭ものパンダがいるのです!

早速、中に入ってみましょう。

この日はあいにくの雨で朝からテンションが低めだったのですが、ゲートを入ってからはパンダに会えることが嬉しすぎて口数が一気に増えました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回施設内を案内してくださる広報担当の大林さんとともに、「パンダラブ」というエリアに向かうと……

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あっ……

 

image

いたーーーーーー!! しかも変な格好ゥーーーーーーー!!

この子は、2016年9月18日にアドベンチャーワールドで生まれた女の子、結浜(ゆいひん)ちゃん。

チャームポイントは頭のとんがり

 

とんがり

とんがり

とんがりって……ちょっと殺人的に可愛すぎませんか……?

 

ごはんの時間なのに起きない結浜ちゃんのおててを揺すって起こす飼育スタッフさんの図

ごはんの時間なのに起きない結浜ちゃんのおててを揺すって起こす飼育スタッフさんの図

降りてきて

降りてきて

ミルクをもらう結浜ちゃんの図

ミルクをもらう結浜ちゃんの図

ちなみにこの間、見守っていたお客さんたちは私を含めてみんなデレデレになり、あちらこちらから終始「わぁっ…」という歓声が上がっていました。ほんとパンダってすごい……何をしても可愛いんだから……!

 

パンダの秘密を聞いてみました!

パンダ飼育スタッフの中谷さん

パンダ飼育スタッフの中谷さん

アドベンチャーワールドには結浜ちゃん以外にもパンダがいるのですが、まずは「パンダの魅力」について教えてもらうべく、飼育スタッフの中谷(なかや)さんにお話を伺ってきました!

 

ico01中谷さん、本日はよろしくお願いいたします。

ico03よろしくお願いします! 何でも聞いてくださいね!

ico01頼もしい……! では早速なんですが……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ico03あっ、ちょっと待ってくださいね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ico01めちゃくちゃ中谷さんのこと見てますね。

ico02お菓子あげないよ! 今何も持ってないよ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ico02こっち見ても何もないんだよ〜、ごめんね〜!

ちぇー、くれないのか……

ちぇー、ないのか……

ico01うわあぁ……何だあの可愛い生き物……!

ico03あの子は、3歳の女の子で桃浜(とうひん)と言います。ちなみに、同じ運動場にいるもう1匹のパンダは、双子で同じく女の子の桜浜(おうひん)です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左が桃浜ちゃん、右が桜浜ちゃん。耳の間が広くて丸顔なのがお姉さんの桜浜ちゃんで、耳のと耳の間が狭くて少し面長なのが妹の桃浜ちゃんだそうです。

ico01双子のパンダが見られるのは、日本ではめずらしいことなのでしょうか?

ico02パンダが双子で生まれるのはめずらしいことではないのですが、今のところ国内で双子のパンダが見られるのは、アドベンチャーワールドのみですね。今日本にいるパンダはすべて「ジャイアントパンダ」という種類のパンダなのですが、実はお母さんパンダは通常2頭子どもを生んでも、1頭しか育てないんです。

ico04えっ! じゃぁもう1頭の赤ちゃんは……

ico02野生では生き残れないかもしれません……。でも、人の目が届く環境では、赤ちゃんを保護して2頭とも育てることが可能です。ただし、生まれたばかりの赤ちゃんはとっても小さいので、お母さんパンダの体の大きさでつぶされてしまわないように細心の注意をしなくてはなりません。

ico04以前ジャイアントパンダが絶滅危惧種になっているという話は聞いたことがあったのですが、繁殖にもそういう厳しい背景があったんですね……

ico02あとは、オスとメスが交尾にいたるまでの道のりが難しい、ということもあるかもしれません。

ico04と言いますと?

ico02オスとメスがそれぞれ発情期に入れば、柵越しに対面してお見合いをしてもらうのですが、そのお見合いがうまくいかないこともよくあるケースでして……

ico04なるほど。でも、アドベンチャーワールドではよく赤ちゃんパンダが生まれてますし、お見合いをうまく進めるコツがあったりするんですか?

ico02いえ。実は、我々のスキルがどうこうというわけではないんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ico02うちにいるオスパンダがめっちゃ紳士でモテるんです。

アドベンチャーワールド唯一の男の子のパンダ、永明(えいめい)くん。1992年9月14日の中国生まれ。

アドベンチャーワールド唯一の男の子のパンダ、永明(えいめい)くん。1992年9月14日の中国生まれ。

ico04……つまり、交配を成功させる鍵は、モテ男かモテ男でないかにかかっていると?

ico02恐らくそうなりますね。永明はものすごくスマートにエスコートできるんです。なので、今アドベンチャーワールドにいる3歳の桜浜と桃浜、1歳の結浜の3匹は、みんな永明と良浜(らうひん)の子どもです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お母さんパンダの良浜ちゃん。2000年9月6日のアドベンチャーワールド生まれ。

ico04やっぱり人間もパンダも、紳士的な男がモテるのか……

ico02モテる男は繁殖能力が高いかもしれません。

パンダって、いつも何しているの?

ico01パンダと言えば、寝ているか竹を食べているかのイメージが強いのですが、何かしらの拍子に機敏な動きをすることもあるのでしょうか?

ico03あります。基本的には12時間食べて12時間寝る、という感じの生活なのですが、活発に遊んでいることもあるんです。あとは、物音などに驚いたりすると、ものすごいスピードで木や柵を登ることも……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

好奇心旺盛でものすごくアクティブな結浜ちゃん。

双子でじゃれる桃浜ちゃん・桜浜ちゃん。ちょうど蹴りが炸裂してブレた。

双子でじゃれる桜浜ちゃん・桃浜ちゃん。ちょうど蹴りが炸裂してブレた。

ico01ちょうど今めちゃくちゃ暴れていて、いい写真が撮れました。活発なパンダを見たい場合、狙い目は大体何時くらいですか?

ico03そうですねぇ……断定はできませんが、朝一番で来ていただくのが可能性としては高いかもしれません。

パンダは加齢とともに茶色っぽくなる?

ico01あと、これはずっと気になっていたことなんですが、パンダの毛の色って……

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ico02あっ、ちょっと待ってくださいね。また桃浜がこっち見てますね。

ico04あれはどうなってるんですか? おまんじゅう?

やっぱりもらえなかった

やっぱりもらえなかった

ico02すみません、どうぞ。

ico01パンダの毛の色は、成長とともに茶色くなっていくんでしょうか? 白いパンダもいれば、茶色いパンダもいるような……

ico03毛の色は、実は加齢によるものではないんです。パンダの毛の内部は空洞になっていて、そこに汚れが溜まっていって茶色くなってしまうこともあるので、過ごしている環境によりけりなんです。

ico01なるほど! パンダは、水浴びやお風呂などは必要ないんですか?

ico03基本的には必要ないです! でも、発情期だと体が火照るので、そういうときは自分で水に浸かったりしていますよ。

ico01かわいいなぁ……

もっと知りたい!「パンダ塾」

アドベンチャーワールドでは、動物とふれあったり、間近で見ることができるアトラクションやツアーがたくさんあります!

パンダもその例外ではなく、みなさんが参加できるツアーがあるって知ってました? 私は関西に20数年住んでいるにも関わらず、全然知りませんでした! 損してた!!

その名も「もっと知りたい! パンダ塾」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはジャイアントパンダの生態や繁殖研究について学習できるツアーで、「パンダラブ」の施設を見学しながら、飼育スタッフの方がレクチャーをしてくれるというもの。土日祝の1日1回のみの開催で、定員が30名なので、参加するためには事前予約が必要です!(※例外で休止している日もあるので、必ず利用前に公式HPをチェックしてみてくださいね!)

実はこのツアー、まだあまり知名度は高くないそうなのですが、知られざるパンダの秘密を教えてくれたり、なんと本来は一般公開していないバックヤードにも入ることができちゃうんです!

 

満員御礼のパンダ塾が開講。

満員御礼のパンダ塾が開講。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
イヤホンが支給されるので、好きな場所でパンダを見ながらスタッフの方のレクチャーを聞くことができます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAパンダの毛も触らせてもらいました! 思ったより硬かった!

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして最後はバックヤードへ……

実は「パンダ塾」、バックヤードでさせてもらえる体験がすごくてですね。残念ながらネタバレになってしまうのでこれ以上は書けないのですが、めちゃくちゃ言いたい……でも言えない……!

パンダと対面できるわけではありませんが、普通に生きていたら絶対にできない体験ができることは間違いないので、ぜひ参加してみるのがおすすめです! 所要時間は全部で40分ほどで参加費は2,000円ですが、それでも参加する価値ありです。

※「パンダ塾」はご利用日の3営業日前までにWEB予約が必要です。

動物たちとふれあってきた

ここまでパンダのことしか書いていませんが、アドベンチャーワールドにはたくさんの動物がいて、中にはふれあうことができる動物たちもいるんです!

バンドウイルカ

バンドウイルカ

イルカにおやつをあげることもできちゃう。階段を上がるとイルカとご対面できるようになっているのですが、登場と同時に口を開けて待っていたのでめちゃくちゃ癒されました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA口元めがけてお魚を投げてあげます。多少下手くそでも、イルカが頑張ってキャッチしてくれるので大丈夫!

 

「もっと」

「もっと」

ちなみに、イルカのおやつは300円で購入可能です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
そして、女性から絶大なる人気を誇るコツメカワウソとふれあい&一緒に写真を撮ることもできますよ(無料)!

「きゅ〜」という鳴き声が本当にかわいい。毛並みはフワフワで、写真を撮るときに私の頭の上におててを置いてくれるサービス精神の高さに驚かされました。

※ふれあえる動物は、動物たちの体調や、季節によっても変わりますので、やはり事前に公式HPをチェックしたほうがいいかと思われます……!

大人も子どもも楽しめるパーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがでしたか?

関西の方には馴染みのあるアドベンチャーワールドですが、それ以外の地域の方だと、「和歌山県にパンダがいるなんて知らなかった!」という方も多いのではないでしょうか。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は今回の取材でパンダの可愛さの虜になってしまったので、近々「日本全国パンダ旅」をしてこようかと思います。パンダはちょっと油断すると変なポーズを取っていたり、面白い仕草をしたりするので何時間見ていても飽きない……。

今回ふれあえなかった動物たちに再チャレンジするべく、アドベンチャーワールドにもプライベートで行く予定です。ちなみに、このあたりには「三段壁」という名所や「とれとれ市場」という有名な魚市場もあるので、1泊2日の旅行で白浜を訪れるのもいいと思います!

みなさんもぜひ、アドベンチャーワールドに遊びに行ってみてくださいね〜!!

取材協力:アドベンチャーワールド

ライター:吉川ばんび(@bambi_yoshikawa
撮影:茶山ぴなつ(@pinatsu_cha

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ