大人気の東京あそびマーレ!子ども102人に聞いた遊具ベスト5

東京あそびマーレの"好きなアトラクション"を子ども102人に聞きました。調査対象となった25種類から「人気遊具ベスト5」をご紹介します!

突然ですが、子ども心のわかる大人ってかっこいいですよね。

今回は、4月のオープン以来高評価キープ中の親子で1日遊べる室内遊園地「東京あそびマーレで、人気の遊具ベスト5を調査してきました!

子どもが本当に求めるものっていったい何なのでしょうか!皆さんは子供に人気の遊具、予想できますか?

あそびマーレは遊具の天国

東京あそびマーレは八王子市、京王堀之内駅に直結した室内遊園地。広い屋内空間に約30種類ほどの遊具が集まっている大興奮の施設です。

デパートの屋上や遊園地のすみにあった子ども遊具が大集合している、まさに遊具天国!「今日はそれやりに来たんじゃないでしょ?」とたしなめられては素通りしてきた憧れのアトラクションのオンパレードです。

以下が調査対象のアトラクション一覧です。ボールプールとミニボールプールのように、サイズ違いの遊具はひとつに合算しています。ここから5つ、人気上位だと思うものを予想してみて下さい。

これが全部一カ所にあるってすごいですね。今回は東京あそびマーレで遊んでいた子ども102人に「どれがいちばん好き?」と質問してランキングを作りました。(100人ちょうどで切り上げたつもりだったんですが数え直したら102人でした。)

それでは早速、5位からの発表です!果たして「子ども心」は見えてくるのでしょうか?

 

第5位「○○○○○○」7票

やってみたいのに中々チャンスに巡り会わない遊具、そうトランポリンです。家庭では購入しづらいビッグサイズが贅沢に配置してあります。子どもたちに魅力を聞いてみましょう。

なんでトランポリンが好きなの?

ジャンプって楽しいよね!わかる!

跳び箱の踏み切り板が大好きで「壊れるから上で飛び跳ねないで!」といつも怒られていた小学生時代を思い出しました。トランポリンは壊れないからいいですよね。

一度跳び始めると止まらなくなる子どもたち。

あそびマーレの遊具のほとんどは大人も遊ぶことができるので、子どもを連れて行きがてらしれっとトランポリン体験もできちゃいます。

第4位「○○○○○○」8票

壁に投影されたドラゴンや玉入れのカゴにボールを当てる、ゲーム感覚のボールプール「なげるんだーがランクイン。カラーボールを当てると反応して色が変わるなどするシンプルなシステムですが、何がそこまで子ども心を引きつけるのでしょうか。

なにが面白い? 

みんな怪獣やっつけたいんだね!

ひとめでルールを理解できるデザインが人気の秘密。熱中して汗だくになっている子を最も多く見たのがこのアトラクションでした。

そして実はここ、子どもが怪獣と戦う間にひと息つける、保護者のプチ休憩スポットにもなっていました。

あそびマーレは遊具エリア内にマッサージチェアが設置してあるなど負担を減らす工夫もされています。マッサージチェアで寝てしまい家族とはぐれたお父さんお母さんを何人も見かけました。大人も普段は戦ってますものね。

さぁいよいよベスト3です。

第3位「○○○○○○○」11票

アスレチックの定番人気遊具、ターザンロープがランクイン。確かに自分が子どものころも好きでしたが、そういえばなんで好きだったんでしょうか。考えたこともありませんでした。

ターザンのどこが好き?

速いって、いいよね

子どもはターザンロープのスピード感が好きだったんですね。はたから見ていても結構な速度が出ていました。

あそびマーレの半分は床も遊具もクッション性が高い裸足エリアになっています。屋外のターザンロープだと擦り傷を作ったり泥だらけになったりしますが、ここではいくら転んでも大丈夫。散開したスタッフ達も無線連絡しながら危険に目を光らせています。

スタッフの皆さんに聞いてみると、文字が読める年齢の子は注意喚起のポップに従ってくれるので意外と安心なんだとか。スタッフも広さに対して多く配置されている印象を受けました。「大変だけど子どもが手を振ってくれると嬉しいんです」と語る若手と、頼れるベテランスタッフが見守ってくれるので万が一保護者の目が届かないときも安心です。

第2位「○○○○○」15票

2位は大人になっても遊園地に行ったら絶対に乗りたいアトラクション、ゴーカートです。スタッフ目線だとゴーカートの魅力はどこなんでしょうか。お兄さんに聞いてみました。

「こちらのゴーカートは園内一周コースを走ります。全体の構造やアトラクションの配置を把握できるので、最初に乗るのがオススメです。涼しい風も感じられますし、満足感もあると思います」

なるほど。ゴーカートって外の空気に触れながら簡単に長距離を移動できるので、自分の目で直接色々な景色を見れて楽しいですよね。

子どもたちもそう感じているのでしょうか。

ゴーカート、なんで好きなの?

最近の子どもたちもやっぱり車に憧れるんですね。

じゃあ、なんで車が好きなの?

やっぱり「速さ」かーーー

中にはこんな子も。

ゴーカートは助手席側にもハンドルがあるので、保護者がサポートしながら子どもが運転できるんです。5歳からはひとり乗りもOK。速いだけじゃなく、大きな機械をコントロールできるのも車の魅力ですね。

さぁ、一番人気は果たして…?

第1位「○○○○○○○」22票

堂々の1位を獲得したのはふわふわ滑り台、20%以上の圧倒的な支持率です。正直こんなに回答が集中すると思っていませんでした。遊び方を見てみましょう。

トンネルをくぐって、壁をよじ登って滑り台をおりる、ふわふわのミニアスレチックです。確かにこれは楽しそう!全身を使って思い切り体を動かせて、探検気分も味わえるところが子ども心をくすぐるのでしょうか。

子どもたちにふわふわ滑り台の深い魅力を語ってもらいましょう!

結論:子どもは速いのが好き。

〜・・・〜

人気遊具の予想はいくつ当たったでしょうか。
全部当たった人は子ども心マスター、全部外れたらザ・大人です。

全体のランキングはこのような結果になりました。

協力して下さった保護者の皆様とお子様方、ありがとうございました!

取材中、「うちの子がどうしても来たいと言って」と再来場するリピーターに多く出会いました。街を歩いていると、子どもが全力で遊べる場所が減っているように感じます。そんな今だからこそ、安全な広い空間でエネルギーを使いきれる東京あそびマーレのような場所を子どもたちは求めているのかもしれません。

今回は「速さ」を欲する子どもに多く出会いましたが、あそびマーレには様々なタイプの遊具があるので個性に合ったお気に入りが見つかるはず。全力ではしゃぐ笑顔に出会える幸せな空間だったので、ぜひおでかけしてみてください。

【基本情報】

東京あそびマーレ

〒192-0363 東京都八王子市別所2丁目1−1 ビア長池新館
京王堀之内駅 南口直結
入場料 平日1人1000円(スノータウンパック1500円)
休日1人1200円(スノータウンパック1700円)
※一部の電動アトラクションには1枚100円の乗り物チケットの購入が必要です。
再入場可/駐車場あり