沖縄観光で栄町市場に来た事が無い人は損してるから絶対に行くべき

沖縄在住フォトライターのおススメの栄町市場のご紹介。栄町市場は那覇市の定番観光地である国際通りから徒歩15分のところにあります。のんびりとした雰囲気の中、100を越えるお店が並び、安くておいしいものが手に入り、地元ならではのグルメも堪能できます。国際通りだけではもったいない!沖縄旅行の際はぜひこちらにも足をのばしてください。

image1

皆さんこんにちは!
沖縄で撮影したお店はもうすぐ400店、沖縄大好きのフォトライターShinです!
沖縄の事なら任せてください!

みなさま、旅行に行くとき「その土地の雰囲気を存分に味わいたい」と思うことはないですか?

今日は、そんな方々に是非おすすめしたい、沖縄の市場を紹介します!
まずはこちらの写真をご覧ください。

 

image34

image36

「おばあラッパーズ」です。
このおばあ達は、お昼は普通に市場でお店をやっている方々なんです。
そして、そのお店の食べ物はとても美味しい。

こんな元気なおばあが見れる「栄町市場」は那覇市にあり、国際通りから徒歩約15分、モノレール安里駅から徒歩5分ほどの距離にありますので、
アクセスも良く観光にぴったりなんです!沖縄に来て栄町市場に行かないのは絶対に損!
昼は戦後復興当時から変わらない雰囲気を残しつつ、ニュージェネレーションが生まれている栄町市場内には、なんと100を超えるお店があります。

僕が皆様に本当おすすめしたいこの市場を、本日はじっくりご紹介させていただきます!!

 




お昼の栄町市場の様子

image2

image3

お昼のまちぐわぁー(市場)はこんな感じ。
沖縄の昔からある姿が残っていて、心なしかのんびりしてる雰囲気です。

 

栄町市場の食べ物は安くて美味しい

はいさい食品

image5

こちら「はいさい食品」は「おばあラッパーズ」のうしぃさん(写真左)が店主をされています!
栄町市場ではお店の人とお客さんが顔を合わせて、コミュニケーションを取りながら買い物をすることがほとんどです。
元々物価はかなり安いんですが「この野菜は時期的に高いからやめた方がいい」と本音トークでちゃんと教えてくれます!

おまけ(沖縄ではしーぶんといいます)をつけてもらえることもあり、スーパーでは味わえない楽しいお買い物ができること間違いなしです。
日々の生活に使えるのはもちろんのこと、沖縄らしさ満点の商品が揃っているので、お土産探しに行ってみてもいいかも!

はいさい食品
住所:沖縄県那覇市安里379
参考サイト:http://sakaemachi-ichiba.net/

 

 

かのう屋

image6

image7

image8

続きまして「かのう屋」です!
いつでも作りたての沖縄風の天ぷら(50円)、日替わり弁当(300円)、ジーマーミ豆腐などの沖縄料理が並びます!

 

image9

沖縄風の天ぷらは本州のものと違って、衣が分厚くふかふかしているのが特徴です。
おやつ感覚で食べられますし、晩御飯の食卓を彩ることもあります!

今日は「サカナ(お店によりますがカツオやマグロなどが使われます)」と「野菜」の天ぷらをいただきました!

 

image10

あちこーこー(熱い)でおいしいです! この天ぷらを持ち帰りして食べ歩きしながら観光するのもいいですよ♬

 

image11

ジーマーミ豆腐。大80円、小60円

ジーマーミ豆腐は名前の通り、豆腐そっくりの見た目ですが、実はピーナッツで作られていて、ツルツルの舌触りともちもちの食感!
黒糖の甘いソースで食べます! あちこーこーではなく、ひんやりしてます!

居酒屋等で食べると、500円くらいすることもありますが、なんとここでは一個60円からですからね。安い。

 

image12

image13

image14

店内には歴史を感じさせるこんなものもあります!

 

かのう屋
住所:沖縄県那覇市安里385
参考サイト:http://sakaemachi-ichiba.net/

 

 

夜の栄町市場の様子

image15

image16

image17

夜になるとノスタルジー漂うリトルアジアと化す栄町市場!
お酒を飲むにも、ここはとてもいい場所なんです。

 

「べんり屋」玉玲瓏(イウリンロン)

image17

「べんり屋」玉玲瓏(イウリンロン)は、行列ができるほど餃子が大人気!
実はこちら、約50年も歴史があるお店で、もともとは惣菜屋さんなんです。
現オーナーがべんり屋の屋号を受け継ぎ、北京出身のオーナー夫人と本格天津を中心としたお店を営んでいます!

 

image18

image19

image20

焼き餃子600円(10個)

少し厚めの皮で外はカリッと、一口噛むとたっぷり閉じ込められた肉汁が溢れます!
(食べたすぎて撮るのを忘れ、ちょっと食べちゃいました……。)

 

image21

蒸し餃子600円(10個)

蒸し餃子のもちもちした皮の中には、焼き餃子と同じくジューシーな肉汁がたっぷり!
自家製のラー油もあり、海老の旨味が効いています。けっこう辛いので、つけすぎないように気をつけてくださいね!

屋台のような店内では、観光客も地元客もみんな一緒に楽しめます。缶ビール片手に自然と会話も盛り上がるかも!

 

べんり屋玉玲瓏
住所:沖縄県那覇市字安里388
参考サイト:https://tabelog.com/

 

「ひいき屋」

image22

image23

続いてはこちらの「ひいき屋」。
オーナーが自らの舌と経験を頼りに日本中から仕入れてきた、新鮮でおいしい貝をリーズナブルに提供しているお店です!

初めて見る貝もたくさんあるので、人気のメニューをご紹介します!

 

image24

ながらみ(500円)

実は海のダイヤモンドなんて呼ばれるような激レアな貝。くにくにした食感で旨味たっぷりです!

 

image25

ホンビノス(190円)

酒蒸しです。ハマグリだと思っていたら、別の種類の貝でした。ハマグリより噛み応えがあります!

 

image26

カメノテ(500円)

これはマジで亀の手のような見た目です。食感はぷりぷり……!

 

image27

生牡蠣 ※時価変動

もうこれは言うまでもないです! 海のミルクです!
いっぺーまーさん!!(とってもおいしい)

お酒類も充実していて、沖縄にいながら日本中津々浦々の貝をつまみにいただけます。

 

image28

image29

image30

店頭のカウンターにも席があり、ここに座っていると三線の音が聞こえてくることもあります!

 

ひいき屋
住所:沖縄県那覇市安里379
参考サイト:https://www.hotpepper.jp/strJ001108861/

 

 

栄町市場屋台祭り

栄町市場では、6〜10月の毎月最終土曜日17~21時頃まで「栄町市場屋台祭り」を開催しています!

11月最終土曜日には、感謝祭という形で年内最後の祭が開かれます。
市場内外の各店舗が屋台形式でビールやお惣菜、おつまみを販売していて、皆さん思い思いに楽しんでいます。

 

image31

image32

image33

出演者の皆さんはだいたい市場でお店を営んでらっしゃる店主さん達なのですが、この盛り上がりを見てみてください!!!

 

image35

おばあラッパーズ登場時には盛り上がりが最高潮になります!!

皆さんは普段、食堂「とも」、先ほどご紹介した八百屋の「はいさい食品」のうしいさん(写真中央)などの女将さんをしています。
軽快なおばあトークとオリジナル曲で大人気です!

 

image37

image38

image39

毎回いろんなプログラムで楽しませてくれる栄町市場屋台祭りですが、毎回最後はこの「かちゃーしー」でシメ!!

 

image40

image41

「かちゃーしー」とは「かき回す」という言葉を沖縄方言にしたもの。
両手を頭の上にあげながら、演奏に合わせて左右に振って踊ります!

 

image42

image43

image44

image45

「かき回す」だけあって地元民も観光客も外国人もみんな一緒に楽しみます。
これも沖縄の「チャンプルー」(ごちゃまぜ)ですね!

お祭りのあとは皆でお行儀よく椅子を片付けします♬ 片付けまで参加すると、もしかしたらいいことがあるかも……?

 

まとめ

さて、皆さんいかかだったでしょうか?

栄町市場には今回紹介させていただいたお店以外にも、面白くておいしいスポットがいっぱいあります!
観光客向けのグルメではなく、こういう地元の人たちに混ざって食べるものにこそ本当においしいものがあったりしますよね!

市場の皆さんと仲良くなるのは思ったより早くて、僕は「友達」の概念を覆されるカルチャーショックを受けたおぼえがあります(笑)。
観光で行くだけの場所から家のようにホッとする場所、そして、沖縄に来たら必ず訪れる場所にきっとなるはず。

 

image46

次はどの市場をご紹介しましょうか!?

お楽しみに!

にふぇーでーびる!(ありがとうございます)

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
by
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ