沖縄で新鮮な「海鮮」を食べる!地元フォトライターがおすすめスポットをご紹介

沖縄料理といえば、ゴーやチャンプルやソーキそば等が有名ですが、是非「海鮮」も食べてみてください。沖縄県の漁港の数は80を超え、マグロの漁獲量等は全国でも有数。今回はそんな海鮮が食べられるおすすめスポットを現地のフォトライターがご紹介いたします。

沖縄で撮影したお店は300店以上!
沖縄大好きフォトライターShinです!

突然ですが、沖縄の食べ物というと何が思い浮かびますか?

image66やっぱり、チャンプルーや

 

image20ソーキそばあたりでしょうか。

でも、沖縄のグルメはそれだけではありません!
実は漁港が80ヶ所以上あり、海の幸も豊富なんです。

たとえば、冷凍されない生鮮マグロは全国3位の漁獲量で、リーズナブルな価格で出回っているんですよ。

というわけで、今回は沖縄の海鮮をご紹介します!

那覇市泊漁港の市場「泊ゆいまち」

image43

那覇市の市場というと牧志公設市場が有名なのですが、海鮮なら泊漁港にある「泊ゆいまち」がかなりオススメ。
ここはとにかく、マグロがすごいんです。

 

image64

image22

どのお店にもマグロがたくさん並べられていて、大トロは価格破壊と言ってもいいほどの安さ!
タイミングが合えば200グラム弱で千円以下(普通に例えばスーパーとかで買おうと思ったら4〜5千円くらいします)で買えたこともあります! 時価なので行ってみてのお楽しみ感もありますが、いつ行ってもお買い得で、泊ゆいまちはもう楽しくて仕方ないオススメのスポットです!

そして、この獲れたての生鮮マグロを使ったメニューがいただける飲食店もあります。

image55

こちらの「まぐろ屋本舗」では市場がオープンする午前6〜11時まで、朝丼(カフェなどで言うところのモーニングメニュー)として、茶漬け丼(380円)が食べられます!

 

image52

ネギトロ丼(500円)

ネギトロ丼(500円)

中落ち丼(500円)

おいしいお酒を飲んでしまって早起きできなくても、ネギトロ丼、中落ち丼などが注文できます。

写真は丼だけなのですが、さらにアーサ汁(青のり)、イカスミ汁、アラ汁から選んだ汁物一種類、まぐろの煮付けなどのマグロ料理小鉢も付いてきます。
もちろん小鉢のマグロも沖縄県産ですよ!

 

image57

マグロ以外にも、こんな大きなエビや……

 

image54

焼き牡蠣もあります!

地元の人も多く訪れる泊ゆいまち、ぜひ行ってみてください!

 

image68

あ、ちなみに入り口には、なぜか鶏卵の自販機もあります(笑)。マグロ同様、こちらも新鮮。

 

泊ゆいまち

まぐろや本舗

 

 

沖縄ならではの魚も買える「お魚センター」

image63

お次は、道の駅いとまんにある「お魚センター」です。

 

image17

image67

観光客はもちろん、地元の方も買い物によく利用する場所で、ミーバイなどの沖縄らしい魚が売られています!

 

image51

この「お魚センター」で、珍しいお魚の刺身がすぐに食べられるのが「きんしろ鮮魚」というお店です。

 

image7

image46

ここでは、いろいろな種類の刺身を250〜350円くらいの値段で、その場で食べられるんです!

 

image45

イラブチャーの刺身もあります!
あなたの自宅のスーパーで、こんなお魚売ってます?

 

image21ご飯も100円で盛ってもらえるので……

 

image60

こんな感じで、刺身と一緒に食べることができます。

今日のイブラチャーは身がしまっていて、おいしかったですよ!
もちろんマグロやほかの刺身も最高です。

 

image48

お魚センターでは季節によって、生牡蠣、サーモンのウニソース焼きなどが出ることも。
魚介類の食べ歩きがしてみたい方は、ぜひ!

 

糸満漁業協同組合 お魚センター

きんしろ鮮魚

  • 住所 沖縄県糸満市西崎4-19 (お魚センター内)
  • 営業時間 10時~19時
  • 定休日 月曜

 

 

離島・奥武島の「奥武島海産物食堂」

image9

空港から車で約40分、本島から伸びる数百メートルくらいの短い橋から行ける、ものすご~く気軽な離島・奥武島(オウジマ)に足を伸ばしてみましょう。

 

image59

ここには、いつでも獲れたてのイマイユ(鮮魚)が食べられる「奥武島海産物食堂」があります。

 

image62

image70

店内には、泡盛の瓶も飾ってあります。

 

image69

メニューにはイカ墨汁などの沖縄料理もあって迷ってしまいますが……。

 

image65

今回は、海鮮丼定食(1,500円)!

見てください!
エビにイカ、まぐろ、サーモン、そして、海ぶどうまで乗っていて、華やかじゃないですか?

ボリュームもありますし、間違いなく絶品ですよ。

image58

奥武島海産物食堂にめんそーれ!

 

奥武島海産物食堂

  • 住所:沖縄県島尻郡玉城村奥武41
  • 営業時間:11時30分~21時(L.O.20時)
  • 定休日:月曜(定休日が祝日の場合は翌日休 )

 

超有名店「大城てんぷら店」

奥武島でもうひとつ取り上げたいスポットが……。

実は、とってもオススメの天ぷらのお店があるんです。
本島から奥武島に向かう橋を渡ったところに、超有名でいつも観光客で行列ができているくらい繁盛しているところがあるんですが……今回はそこではなく、地元の方に人気のお店を紹介します。

 

image44

天ぷらというと、サクサクした衣で天つゆにつけて食べるものというイメージの方が多いと思います。

ですが、沖縄の天ぷらは、少し厚みのあるフワフワした衣になっているのが特徴で、衣自体に味がついています。
子どもからお年寄りまでおやつとして食べていて、沖縄観光していると、いろいろな場所で天ぷら屋さんの看板を見掛けます。

image61

奥武島にある「大城てんぷら店」は、そんな沖縄風のてんぷらを、注文を受けてから揚げてくれるお店。

できたてのあちこーこーが食べられます!

image53

しかも一つ60円と激安です。

 

image56

メニューが書かれている用紙に、食べたいてんぷらの数と値段を記入して注文するシステムになっています。
この日は、もずくのてんぷらがもう売り切れていました。

 

image47

注文が済むと、番号札が渡されます。

混み具合にもよりますが、お腹が空くいい匂いのなか、数分待つとあちこーこーのてんぷらがお手元に!

 

image42

お店の前が海なので、景色を見ながらてんぷらを食べるのも楽しみのひとつです(この日は残念ながら引潮でしたが……)。

 

image50

奥武島は自動車でも行けるので、沖縄観光のドライブ途中で立ち寄るのもオススメです!

 

まとめ

今回は沖縄の海鮮!
ということでご紹介させていただきました!

沖縄でマグロや天ぷら、たくさんの海鮮も堪能してくださいね!

またやーさい。

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
by
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ