【天才】雪のゲレンデでヒーローになれる方法を発見した[PR]

ゲレンデでヒーローになれる方法を、ライターのヨッピーが伝授いたします。

※本日の企画は、トランシーバーに代わる新しいコミュニケーションギア「BONX」の提供でお送りいたします。

P1012495_R

ドン!

P1012496_R

ドドン!

taniguchi02

シュパァアン!

 

P1012559_R

「人間のしわざとは思えん」

そんなわけで皆さんこんにちは。ヨッピーです。
平昌オリンピックも盛り上がってるし、ウインタースポーツ真っ盛りでございます。
皆さん、雪山には行ってますか?

かく言う僕も大学生くらいの頃は調子こいてスノボに出かけたりしたこともあるのですが、気づいてみたらここ10年くらい行ってないわけです。

そもそも僕は完全無欠の夏大好き人間ですし、「寒い時期にわざわざ雪の中に分け入って寒い寒いって言いながら派手に転んで雪まみれで転がる様はまさに阿鼻叫喚の地獄絵図。知恵と知能のある人間の所業とは思えず誠に哀れ。哀れ山の総大将が我が村にご降臨にござる。はーござるござる。ござるざるざる」くらいに思っているのですが、そんな中で電車のリア充っぽい集団が、

「今度スノボ行くべ?」

「行くべ行くべ!」

「スノボでワンメイクのワンチャン決めっべ?」

「決めっべ決めっべ!」

みたいな会話をしているのを見るたびに、固い棒で後ろからぶん殴ってやりたい衝動に駆られるわけです。
しかし、そんな時にふと気付きました。

ひょっとして……、

pic24

カスみたいなおっさんでも、かっこいい技をキメたらゲレンデでヒーローになれるのでは?

 

taniguchi1

※かっこいい技の参考例

そう、結局のところ、ゲレンデでは帽子かぶってゴーグルをつけてる人が多いわけですし、中身が普段から下ネタばっかり書いてるカス豚肛門豚ヘドロ野郎だとしても、スノボが上手でカッコいい技をキメまくればゲレンデでヒーローになれるのではないでしょうか。つまり……、

ぼく
「よーし、次の大技はウルトラジャングルフィーバーストラットストラトスだ!バシッ!決まった~~~!」

ヤリマン
「キャーーーッ!ステキーーーーーーーー!ハイパージャングルウルトララブロマンス1800よ!抱いて!」

ぼく
「今夜の浅間山は局地的大噴火じゃああああああああああああああああああああああああ!!!!」

みたいな!?みたいな!?
プギョラーッス!もう最高!

 

DSC00272_R

さあ、そこで本日は埼玉県の比企郡にあるスノーボードの「ジャンプ」に特化した練習場、埼玉QUEST(クエスト)にお邪魔しました。

 

s_P1012498

埼玉QUESTでは雪がなくてもジャンプの練習が出来るように、
毛先が球状になった特殊な人工芝を敷いてあって、季節を問わずにジャンプの練習が出来るんだとか。
夏場はここで練習して、冬は雪山で実践、みたいな使い方をする人が多いらしい。

そして更に、僕みたいな豚人間が自己流で練習したところで絶対に上手くなるわけがないので助っ人を呼びました。

 

P1012325_R

本日、僕に教えてくれるのがこちら。
プロスノーボーダーの谷口尊人さんです!

 

12963502_562309580611605_7984337887012232020_n

谷口尊人……長野県を拠点に活動する元プロスノーボーダー。TOYOTA BIG AIRで3位になる等の実績を持つ。
日本のスノーボード動画配信のトップランナー「P-can FACTORY」代表、かつ長野県のスノーボードショップ「SlideLine」のオーナーでもある。

yoppy_icon「なるほど。ちなみに谷口さん、本当にスノボが上手いんですか……?」

taniguchi_icon「ええ、一応プロでしたから。ちょっとやってみましょうか?」

 

DSC00289_R

taniguchi02taniguchi1

yoppy_icon「おう。なかなかやるやんけ

taniguchi_icon「さすがに1日でこれが出来るようにはならないと思いますが、でもジャンプ系の技がカッコよく出来るようになれば、ゲレンデでヒーローになれますよ!

yoppy_icon「ちなみに谷口さん。谷口さんはこんな技をガシガシ決めてるってことはつまり……?」

taniguchi_icon「そうですね……」

 

P1012322_R

「ゲレンデではめちゃくちゃモテます」

yoppy_icon「ぼく、がんばる!!!」

taniguchi_icon「なんなんですかこの会話」

【いったんCMです】

P1012453_R key visual-snow_R
本日は「BONX」という遠隔で会話出来るハイパー便利なツールを使いながらのチャレンジであります。

 

20171124_BONX_with_Smartphone
BONXはスマホとBluetoothでペアリングすることでハンズフリー&ワイヤレスで仲間と話せるイケてるガジェットであります。
自分が話しているときだけ音を拾って通信してくれるので電池の持ちも良いし、電波が入る場所なら東京~沖縄間だろうが好きなだけ話すことが出来る!
使い方も簡単で、①スマホと接続、②アプリで友達と繋がる、③耳につけておく という行程のみ。

 

Paint Ball3_R
一般的なトランシーバーと違って受信距離に制限がないことや、人間の声だけを拾って送信するの仕組みなので雑音が入らず、長時間使っても頭が痛くなったりしない!
そして基本的に完全ハンズフリーでいちいち送信ボタンを押しながら話したりする必要もないのでサバイバルゲーム愛好家にも重宝されているらしい。

もちろんスノボ愛好家の中でも流行っていて、谷口さんも別に仕込んだわけではないのに「BONX、めちゃくちゃ使ってますよ!」って言ってました。技を決めた時に、みんなと感情を共有できるのがいいとのこと。他にも遠距離恋愛中のカップルとか自転車のツーリングなどなど、いろんな場面で使えるぞ!
これは確かに便利や!

 

まずは小手調べ

P1012373_R

さあ、やる気が出てきたとは言えいかんせん10年ぶりなので、そもそも、自分がまともに滑れるかどうかすらわかりません。
まずはこうやって、横向きでズルズル滑り降りる練習から。

yoppy_icon「いやいやいやwwww さすがにこれは余裕でござるよwwwwww ちょっと僕をバカにしすぎではござらぬかwwwwwwwww」

 

P1012368_R

そしてスっ転ぶ僕。

taniguchi_icon「……(こいつ、やべーな……)」

 

P1012367_R

自分でもビックリするくらい、完全に滑れなくなっててビビる。

 

sippai3gif

taniguchi_icon「……」

yoppy_icon「ちょっと、なんかしゃべってくださいよ

 

P1012381_R

そして何度も何度も、滑ってはコケて、滑って飛んではまたコケて登って滑る、というのを繰り返します。
なるほど、雪山でこういう練習しようと思ったら、滑るたびにリフトに乗らなくちゃいけないけど、
この仕組みなら時間効率がめちゃめちゃ良いので上達も早いわけか……!

 

sippaigif

ただし、時間効率が良いぶん、コケる回数も思いっきり多いのですでに全身が痛い。
下が柔らかいエアマットとは言え、変な体勢でコケると自分のヒジが肋骨に刺さったりして「オウフ!」みたいな変な声が出る。

 

P1012453_R

ちなみに失敗するたびに谷口さんがBONXを使って、
「もう少し重心を低く」とか、
「左足を下げ気味に」とか「今のはバッチリ!」などなど、的確に指示を飛ばしてくれるわけです。
いちいち登ってから話を聞いてると、時間が経って印象が薄れますからね!
なるほどな~!BONX、確かに便利だわ~!

 

そして2時間後

G0032970_R

はい。
なんだかんだで完全にマスターしました。

「グラブ」という空中で板を掴む技もバッチリ!

 

grabgif

taniguchi_icon「最初、思いっきりコケまくってるのを見て『やべーな、この人が出来るようになるとか絶対無理じゃん』とか思ってすいませんでした」

yoppy_icon「でしょう。僕、出来る子なんですよ。あとは僕しょっちゅうサウナに行くからその効果が出てるんだと思います」

taniguchi_icon「なるほど。サウナに」

yoppy_icon「はい。サウナに行くとスノボが上手くなるわ体の悪いところ全部治るわで最高です」

taniguchi_icon「へ~、サウナの効果かぁ」

※編集部注……サウナにスノボが上手くなる効果はありません

180gif

更に180(ワンエイティ)と呼ばれる、ジャンプしながら反転する技にも成功。

 

sippigif

こうやって盛大にスッ転びながらも、コツコツ上達してゆく僕。
これはいよいよ、ヒーローになる日が近づいているのでは……?

 

そして4時間後

P1012558_R

taniguchi_icon「いやー、まさかここまで出来るようになるとは思ってなかったですね!」

yoppy_icon「……」

taniguchi_icon「最初は『これ絶対無理だわ……』とか思っててすいません!僕が指示を出した時に、ちゃんと指示通りに飛べるっていうのはすごいことなんですよ!普通はわかってても体が動かなかったりするので!」

yoppy_icon「……」

taniguchi_icon「あれ?大丈夫ですか?」

 

P1012561 2_R

taniguchi_icon顔が死んでますよ?

 

P1012564 2_R
P1012567 2_R

taniguchi_icon「猫も死期を悟ってやってきましたね」

yoppy_icon「ちょっと!なんなんですか!死ぬほど疲れましたよ!一日でこんなに登ったりコケたりしたの初めてだわ!」

taniguchi_icon「まあまあ。普通のゲレンデだとここまで効率良くジャンプの練習出来ないんで。その分飛ぶ回数が増えたっていう」

yoppy_icon「これだけ苦労してヒーローになれなかったらどうしよう……」

taniguchi_icon「いや、大丈夫です!カッコ良く飛べますよ!たぶん!」

yoppy_icon「これでヒーローになれなかったら谷口さんを恨みますからね……」

 

雪山に行こう

DSC01323_R

さあ、そんなわけでバッチリ雪山にやって参りました。
今回やってきたのは越後湯沢にある石内丸山スキー場であります。

 

IMG_4617

絶景!ほんと、スノボとか何年ぶりや……!

まあ石内丸山スキー場にはジャンプ台がたくさんあるので、
「よーしパパ、カッコいいジャンプ決めてゲレンデのヒーローになるぞ~!」
とか騒いでたんですけど、

IMG_4626 (1)

ジャンプ台のまわりでめちゃめちゃレスキューが走ってたんですよね。
大丈夫かホントに。

 

DSC_000041

DSC_000042

※ヨッピーです

まあそんなわけでいきなり吹雪いてきてめちゃんこ寒い中とは言え、
ジャンプ台でカッコよく技をキメるじゃないですか。
ね。これ割とバッチリ出来てると思うんですけど。
ただ、周りの人たちが僕の60倍くらい上手いんですよね。

さすがに谷口さんみたいな縦回転やってる人はいなかったんですけど、横に「それ何回転してんの?」っていうくらいにクルクル回ってる人が居たりで。

なにそれ。ヒーローどころか見向きもされんわ!

yoppy_icon「このままだと『ゲレンデのヒーローになる』っていう企画が大失敗になってしまう……!ここから、どうやってヒーローになるべきか……!」

 

ゲレンデでヒーローになる、たったひとつの冴えたやりかた

hadaka000

 

hadaka111

仕方ないのでパンツ一丁で滑ることにしました。

 

hadaka222

そうすると予想通り「何あれwwww」「すげーーーーーー!!」みたいな歓声がばんばん飛んできます。

 

クリップボード01
リフトからの声援に手を振って応える僕。

 

DSC_0367

いかがだったでしょうか。

地道に技の練習をするより、とりあえずパンツ一丁で滑っていればめちゃめちゃ目立てることうけあいです。
マジでもう、本当にいろんな人から「すげぇ!」「神wwwww」みたいに言われまくったので、これはもう完全に「ゲレンデのヒーローになった」と言っても過言ではないと思います。

ただし、このあと全身しもやけで真っ赤になって死ぬかと思ったので、
皆さんはくれぐれも真似しないようにご注意ください。

 

DSC01418_R

ちなみにBONX、使ってみてわかったのですが、マジでめっちゃ便利でした
特に人の声にだけ反応して音を出してくれるっていうのがすごい。そろそろご飯食べに行こう、とか写真撮って貰う時のタイミング取りとかにめちゃくちゃ使える!

スノボでこういうの使うと風を切る音とか雑音もすごい拾っちゃうし、かと言って送信ボタン押しながら話すやつだと手袋した手でいちいち操作するのちょっと面倒なのでこれは画期的……!

Amazon等で一個15,800円で買えるので、特にサバゲーやる人やスキースノボやる人、自転車でツーリング行く人なんかにはめちゃめちゃ便利やで!

>>BONXの商品ページはこちら<<


■そんな「BONX」を1名様にプレゼント
SPOTのTwitterアカウントをフォローすると同時に、今回の記事をハッシュタグ『#BONX欲しい』をつけてツイートして頂いた方の中から、抽選で1名の方にBONXを2個送らせて頂きます!当選者の方にはTwitterのDMよりご連絡させて頂きます。(応募期間:2018年2月23日まで。※非公開アカウントの方はツイートを見ることが出来ないため、対象外となります。)

【企画・執筆】
SPOT編集部

【提供】
BONX https://bonx.co/ja/

【取材協力】
谷口尊人
https://twitter.com/takatotaniguchi
埼玉クエスト
https://www.saitamaquest.com/

【ロケ地】
石打丸山スキー場
http://ishiuchi.or.jp/

 

SPOT広告出稿のお問い合わせ

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
TAG :
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ