新潟のライターがめぐる、夏のグルメ旅!

はじめまして、新潟県在住のライター、ルリ子です。 私はツイッターアイコンでショートケーキを両手に持っているぐらい、日頃から食べることが大好き! それで思い出したんですが、私、夏になってから夏らしい食べ物を全然食べていなかったんです……!これはもう、夏のグルメを堪能しに出かけるっきゃない! 題して、新潟のライターがめぐる、夏のグルメ旅!

※この記事は「SPOT 旅に出たくなる記事コンテスト」の入選作品です。
ライター : ルリ子(@ruricocoa)


image20はじめまして、新潟県在住のライター、ルリ子(@ruricocoa(https://twitter.com/ruricocoa))です。

私はツイッターアイコンでショートケーキを両手に持っているぐらい、日頃から食べることが大好き!
先日、『ジェラート屋さんに行って、味が選べないまま、電車に乗り遅れそうになる』なんて夢を見て、ハッと飛び起きました。

それで思い出したんですが、私、夏になってから夏らしい食べ物を全然食べていなかったんです……!
これはもう、夏のグルメを堪能しに出かけるっきゃない!

image60

題して、新潟のライターがめぐる、夏のグルメ旅!
そのスタート地点に選んだのが、私が今いる「長野県の黒姫駅」です。

「黒姫駅ってそもそもどこ?」とお思いでしょう。さっそく今回の旅のコースを紹介したいと思います。

 

image67こちらが地図です。黒姫駅は、長野県北部の信濃町にあります。
東京からは、長野駅までの北陸新幹線を経由して、最短2時間の場所。

今回は、長野県と新潟県の県境付近である、長野県信濃町と新潟県妙高市のグルメをめぐります
車の走行距離は約20キロ。黒姫駅の近くのレンタカー屋さんで、車を借りて出かけましょう。

image38

それではさっそく行ってみよー!

 

もろこし街道!? 信濃町はトウモロコシの名産地だった!

image44最初にやってきたのは黒姫駅から車で約7分の「焼きとうもろこしのお店 小林農園」。

ここ信濃町は、北信五岳といわれる5つの山々に囲まれた標高700mの高原にあります。
昼夜の寒暖差が激しいので、トウモロコシの糖度が上がり、おいしいトウモロコシが育てられるってわけ。

そんなこともあり、信濃町から戸隠へ続く道は、トウモロコシの直売所がたくさん並び、「もろこし街道」と呼ばれているんですよ!

これを食べずして夏は乗り切れません!

 

image22

さっそく近づいてみると、すでに販売所は長い列ができていました。
image47

もちろん、ここで食べられるものはすべて、小林農園のトウモロコシ! 「甘さ抜群で香ばしい!」と看板に書いてあるぐらいですから、これは期待できますね。

 

image23うわぁ〜おいしそう!!

トウモロコシの食べ方は、【焼き/茹で/生】から選べます
「生で食べて大丈夫なの?」って思ったでしょう?
これは普通のトウモロコシより糖度が高い品種なので、生で食べられるほどあっま〜いんです!
焼きの場合は、写真のように醤油をつけて、炭火でこんがり焼いてくれますよ(じゅるり…)。

image19

私は茹で、焼きを1本ずつ注文。スーパーで売っているトウモロコシより断然、大きくないですか!? さっそくいただいてみます!
image57

がぶり。

 

image79

ふぉ! これは!

 

image03

あっまぁ〜い!
ひと粒ひと粒の甘さもあるのですが、醤油で焼いた香ばしさとの相性がとてもいい!
これなら5本はイケますね。
茹では焼きよりもさらに、そのままの甘さがダイレクトに伝わってきました。これはぜひとも家に買って帰りたい!

image55

そう、お店では採れたてのトウモロコシを買うことができるんです!
サニーショコラ」や「ショコラコーン」など、とってもシャレた名前の品種です。
持ってみるとずっしりと重い、立派なトウモロコシで、お土産にピッタリ!
これだけ人気のトウモロコシだから、ここでしか手に入りませんよ〜。

店舗情報
■店名:小林農園
■サイトURL
http://kobayashinoen.web.fc2.com/
■住所:長野県上水内郡 信濃町柏原4352-2

 

ブルーベリー園まつきのブルーベリーソフト!

image46

香ばしいとうもろこしを食べたら、甘いものが食べたくなっちゃいました!
お次は小林農園から約10分、おいしいブルーベリーソフトが食べられる、「ブルーベリー園まつき」にやって来ましたよ〜。

image48ブルーベリーといえば、眼にもよくて、美肌効果や老化予防もあると言われています。
ブルーベリーの実に入っているポリフェノールの一種、アントシアニンが…(ry

えぇい! とにかく、これは食べるっきゃない!

image21

う〜ん、どれもおいしそう!!
説明書きを見ると、どうやら牛乳かブルーベリーのソフトクリームに、ソースか実の組み合わせで選ぶようです。私は悩みに悩んで「ブルーベリー・実」、キミに決めたっ!

image61

「ブルーベリー・実をください…」注文してわかったけど、実(み)って言いづらいな(笑)。
受け取る私の口が空いています。食い意地が張っていますね。

 

image62

見てくださいよ〜! ブルーベリーの実が一粒一粒光ってる!!

ブルーベリーは5月頃から出荷が始まり、夏にピークを迎えるんです。これも絶対外せない、夏のグルメですよ!

 

image11

どれどれ? ん!

 

image49

あまずっぱ!!

想像以上に、ブルーベリーがと〜っても甘酸っぱくてびっくり!
ブルーベリーといったら、最近ではパンにかける甘いジャムしか食べていなかったし、本来の味を忘れかけていました(笑)
甘さ控えめで、冷たくておいしいです!

image43

外には座って食べられるスペースもあるので、ゆっくりできますよ〜!
店舗情報
■店名:ブルーベリー園まつき
■住所:長野県上水内郡信濃町野尻2497-51

 

これが本当の流しそうめん! 苗名滝食堂

image72

さて、最後にやってきたのは、新潟県にある「苗名滝食堂(なえなだきしょくどう)」です。ブルーベリー園まつきから車で約15分。近くには日本の滝100選に選ばれている苗名滝があります!

 

image78

お目当ては流しそうめん! 青や緑のテーブルが並んでいるこちらは、回転式流しそうめんが体験できます。
でも、流しそうめんっていったら、やっぱりこんなのを思い浮かべますよね?

 

image76こんな流れるそうめんを体験したい。それを叶えられるのが、ここ、苗名滝食堂なんです。

 

image54

これこれ! 上から流れる、これぞ私が追い求めていた、本格派の流しそうめん。
竹のものもありましたが、私はステンレスの流し席に案内されました。
お店のお姉さんが準備をしてくれています。

image53

流しそうめんは2人前からで、1人前は100g(670円)です。
他にも、にじますや、高原野菜の天ぷらも食べられるので、合わせて色々頼んじゃおうっと。

 

image18

運ばれてきたそうめんは、上の台にセット。
一人が流して、ほかの人が下で待ち受けて食べる、というスタイルです。
image40

そして取れなかったそうめんは、このザルに流れてくるって仕組み。
流れ出る湧き水を触ると、とっても冷たい!
山の湧き水から流れるそうめんを食べられるなんて、なかなかないですよ?

 

image75

こっから、「流すよ〜!」と声をかけて、

 

image70

こっちで、流れてきたそうめんをすくってと。

 

image63

ほらほら、清涼感たっぷりでしょ? これを見るだけで夏の暑さが吹き飛んじゃいますな。

 

image56

ずるずる〜

 

image66

冷たくてうんま〜!
そうめんはこしがあって、つるんっと喉に入っていく感じ、こりゃうまい。
これは永遠に食べられそうです。
上から流すのに疲れたら、ザルのところに流れてきたそうめんを座って食べればいいだけ。
野外で食べられるっていうのもいいもんですねぇ。

 

image58

ついでに頼んでいた、高原野菜の天ぷら

 

image10

んわぁ〜! さっくさく!
何もつけなくても、野菜が甘くておいしい…。この感動、みんなに教えてあげたい。
焼きトウモロコシにブルーベリーソフトに流しそうめん。たくさん食べて、大満足です。あぁ、次の週末はどこのグルメを堪能しようかなぁ〜!

店舗情報
■店名:苗名滝食堂
■住所:新潟県妙高市杉野沢2092

 

おまけ

image50

食べるところばかりお見せしましたが、まわりにはこーんな絶景もあるんです!
この写真の屋根がある建物が見えますか?  あそこが流しそうめんを食べていた苗名滝食堂ですよ。

 

image39

近くには苗名滝があるので、食べた後は散歩してみるのもオススメです。

この大自然、壮大でしょ〜?
おいしいグルメと、おいしい空気を味わいに、よかったらアナタも長野と新潟に遊びに来てね♪

 

 

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ