JALの「どこかにマイル」(JALガチャ)を実際に試してみた!

JALのどこかにマイルとは知っていますか?貯めたマイルを、どこの空港に飛ぶのかわからないチケットと交換できるという仕組みです。といいつつも、いい行き先にするためには少しコツがあるようです。今回はそんな「どこかにマイル」を実際に使ってみた記事をお届けします。沖縄や北海道に格安でいけるチャンスも少なからずあるようです…!

こんにちは。ありんど高知編集長のKAI(しおちゃん)[@saltkai]です。

普段は高知のいいところを紹介している僕ですが、今回は羽田空港にやって来ています!

IMG_0274

なぜかというと、JALガチャで北九州旅行が当たったからです!

 

日本のどこかに格安で行ける!通称「JALガチャ」(どこかにマイル)って知ってますか?


「どこかにマイル」とは、往復6,000マイルで日本のランダムな旅行先に行ける、JAL(日本航空)の新しいマイル特典です。

通常マイルで交換できる特典航空券は、国内往復12,000マイル〜。
ところが、この「どこかにマイル」はその半分の6,000マイルで航空券が取れちゃうというとってもお得なサービス!

しかし、お得な代わりに旅行先を決めることができません。
旅行先は4つの候補地の中からランダムに1箇所が選ばれるシステムです。

そのソーシャルゲームのガチャのようなランダム性から、一部ネットでは「JALガチャ」とも呼ばれています。

つまり、「どこかにマイル」は、超お得なマイル交換プログラム。さらにその上、日本のどこに飛ばされるかわからないドキドキ感がある新しい国内旅行を提案してくれるサービスなのです!

「どこかにマイル」は

・どこかに旅行に行きたいけど、どこに行けば良いかわからない。
・旅行先を決めるのが面倒だから誰かに決めてもらいたい
・JALマイルが余っているけど、使い道がない。
・普通の旅行は飽きたから、サプライズ感が欲しい。

といった方にうってつけのサービスです!

 

どこかにマイルの注意点

「どこかにマイル」は超格安で国内旅行ができちゃいます。
しかし、利用する上でいくつかの注意点があるので、わかりやすくまとめて紹介します。

 

出発空港は羽田空港と伊丹空港のみ

当初は羽田空港出発しか選べませんでしたが、最近伊丹空港からの出発も選べるようになりました。

 

羽田空港からの路線

羽田空港のからの路線はこちら35空港が対象。

見てわかる通り、関東圏以外のほぼ全ての空港が対象となっています。
中には人気観光地の沖縄や沖縄の離島、北海道までもが選択肢に入ってきますので、それらが当たれば大当たりですね!

 

伊丹空港からの路線

伊丹空港からの場合は、こちらの28空港が対象。

羽田よりは若干減るものの、羽田からの路線にはない、種子島や屋久島、隠岐などが選択肢に入ってきます。
こちらも近畿地方以外のほぼ全国に行ける可能性がありますね。

 

予約期間に注意

予約ができるのは現在、予約日の7日後〜1ヶ月後までの期間です。
「明日旅行に行きたい」と思っても、1週間後の予約しか取れないので、余裕を持って申し込んだ方が良いでしょう。

僕が予約をした3月の時点では、直前予約もできたのですが、仕様の変更があったようで7日後からの予約しかできなくなっていました。
今後も仕様の変更があるかもしれませんので、利用する際は十分留意されてください。

また「どこかにマイル」では、利用できない期間もあります。
現在発表されているのは、こちらの期間。

東京(羽田)、大阪(伊丹)発   [ご搭乗日] 2017年4月28日(金)~5月3日(水)
東京(羽田)、大阪(伊丹)着   [ご搭乗日] 2017年5月4日(木)~5月8日(月)
どこかにマイル利用条件

さすがにゴールデンウィークなどの繁忙期は利用できないようです。

まだ未発表なので確定ではありませんが、「お盆休み」や「年末年始」などの繁忙期も利用できない可能性が高いので、予定を入れるのは控えた方が良さそうです。

 

キャンセル・変更ができない

「どこかにマイル」では、日付や搭乗者、出発地などの変更できません。

キャンセルすることはできますが、予約時に6,000マイルは支払済なので、キャンセルしても戻ってくることなく没収されてしまいます。
ですので、確実に行ける日付を決めてから申し込む必要があります。

 

申し込み人数は合計4名まで

スクリーンショット 2017-04-26 13.15.24

家族などでの利用の場合、申し込み人数は一度の操作で大人と子供合わせて合計4名までしか選ぶことができません。

また、子供割引などもないようなので、小さい子供がいる家族で利用する場合は、普通の航空券や特典航空券を利用する方がお得かもしれません。

 

実際に「どこかにマイル」に申し込んでみました!

いくつか注意点はあるものの、往復航空券がたった6,000マイルで手に入るのは超お得!

ちょうどJALマイルも余っていたので、申し込むことにしました。

 

まずはJALの「どこかにマイル」のページにアクセス。

「お申し込み」をクリックすると、JALマイレージバンクへのログインを求められます。

自分のマイレージバンクのIDとパスワードを入力。

 

出発する空港、行きの日時、帰りの日時、利用人数、を入力します。

このとき、行きの時間は「出発時間」になっていますが、帰りの時間は「到着時間」になっているので注意してください。

そして、「検索する」をクリックすると

こんな感じで4つの候補地が表示されます。
今のこの状態で申し込みをすれば「熊本」「長崎」「福岡」「沖縄」のどれか1つに選ばれるというわけですね。

ちなみに、この候補地に納得が行かなければ、ブラウザバックをして再検索することができます。
再検索をすればまた違う4つの候補地が出てくるので、納得がいく候補地が出るまで繰り返すもよし、一発勝負でチャレンジするのもよし、です。

この「どこに飛ばされるかわからない候補地を選ぶ」のは、とてもワクワクしてテンションがめちゃくちゃ上がります!
「あぁ沖縄行きたいなぁ。でも、熊本の温泉も行って見たいなぁ。いやいや北海道はやっぱ外せないよなぁ」なんて言いながら僕は候補地を選んでいました笑

なお、再検索をしすぎるとこんな表示が出て、その日はそれ以上検索できなくなります。
この表示が出た場合は、深夜0時にリセットされるので深夜0時を超えてからまた検索しましょう。

d5fcc1394e92e4764998a68bcf62af48-980x203

 

そして、候補地が決まったら、「上記のどこかに旅に出る(お申し込み」をクリック。

スクリーンショット_2017-04-26_13_48_50

搭乗者の氏名などの必要事項を入力したら、抽選結果のメールがくるのを待ちます。このメールは通常3日以内に返事が来ます。

メールが来るまでは、どこに行けるかわからないのでドキドキが止まりません!
まるで一人で「水曜どうでしょう」のサイコロの旅をやっている気分ですw

サイコロの旅とは
北海道の人気ローカル番組「水曜どうでしょう」の人気企画で、日本全国の目的地からサイコロの目が出た場所に行き、最終目的地に帰って来るまで終われない運任せの過酷な企画。

そして3日後、メールが来ました。

メールのURL先にアクセスし、確認をすると

a4d8e04d5511a6760e28f4554fa6c962

搭乗便が表示されます。

4bfd4e6a894d084c4d554e6ddf97c518

ということで、僕は北九州行きのチケットがが当たったというわけです!

北九州…。

札幌とか沖縄がよかったななんて思いつつ、旅はこういう過程も含め楽しいと思うので、全力で遊んできました。

>>「どこかにマイル」で北九州旅行にやって来た!

 

おわりに

今回はJALの「どこかにマイル」を利用して、格安で北九州を旅行することができました。
「どこかにマイル」で北九州が選ばれなければ、もしかしたら僕は一生北九州に観光に行くことはなかったかもしれません。

日本のどこに行けるかわからない「どこかにマイル」は、逆に普段の自分が絶対に行かないような場所に連れて行ってくれるかもしれないサービスです。「どこに行けるかわからないドキドキ感」を味わいながら旅ができる「どこかにマイル」、ぜひ皆さんも利用してドキドキ感を楽しんでください!

 

後日、

スクリーンショット 2017-04-27 0.26.16

参照:高知空港

高知から福岡行きの直行便があったことに気づいてしまいました・・・。

 

img1493220461750

(高知空港から福岡行きの飛行機があるなら、わざわざ羽田経由しなくても、直行便で行った方がよかったなぁ・・・)

 

DSC00724

「どこかにマイル」の候補地選びは慎重に!

おわり。

>「どこかにマイル」で北九州旅行にやって来た!

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ