台湾旅行の新定番!高雄でアートと文化に触れる旅のご提案

台湾最大級の文化施設「衛武営国家芸術文化センター」のオープンを目前に控え、さらなる注目を集める台湾第2の都市「高雄市」。定番観光スポットである六合観光夜市だけでなく、ディープな高雄市の魅力を余すことなくご紹介します。

台湾の南部に位置する高雄市。代表的な観光地といえば、パワースポットとしても有名な「蓮池潭(リエンチータン)」、巨大な龍と虎の建物が特徴的な「龍虎塔(ローンホゥター)」をイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし、高雄市の魅力はそれだけはありません。実は現代アートを楽しめる街としても密かに人気を集めているんです。
たとえば、

DSC01509
建物の外壁に巨大なペイントアートを施した「衛武営彩絵社区(Street Art Festival)」や、

8zeCrYjU6ysCSC9eSxAEmifo7WI8VIBVcuk57kjJa8eS1Wro5m2ASM3ilf5kFz5zqKtX6yDbhsRufKBSdzE3oeeK55eRw7htEJwEVIMUmAVDmNwXz81WPY49kvq_EwhkX

今年(2018年)の10月にオープンを控えた東南アジア最大の演劇音楽ホールを持つ「衛武営国家芸術文化センター」など、まだ知られていない穴場のスポットが満載。

「高雄の名物スポットは行き尽くしたな……」

今回は、そんなあなたに新しい高雄の旅をご提案します。

 

台北から高雄までは『台湾高速鉄道』で一本!成田空港からは直行便も

pixta_1491907_M

高雄は台湾の南部に位置する街で、台湾桃園国際空港に続く大規模な高雄国際空港がある都市。成田空港からは直行便も出ているため、日本人とっては気軽に訪れることのできる地域です。台北駅からも『台湾高速鉄道』に乗って2時間弱とアクセスの良さは抜群!

 

アートや文化を存分に楽しめる『衛武営駅』周辺

DSC01633まず最初にご紹介したいのが、高雄駅から電車を乗り継いで20分の場所にある衛武営(えいぶえい)駅。

この駅周辺には、今年の10月13日にオープンする台湾最大級の演劇・音楽ホールを持つ衛武営国家芸術文化センターや、様々なアーティストが手がけた路上グラフィックアートを楽しめる『衛武営彩絵社区(Street Art Festival)』があります。

 

台湾の町並みと新鋭的なアートが楽しめる『衛武営彩絵社区』

DSC01509

衛武営駅の5番出口から地上へ出て、すぐ目の前にある衛武営彩絵社区。ここでは台湾の古き良き町並みと共に、前衛的なグラフィックアートが楽しめます。

 

DSC01538

街のいたるところにペイントアートが並ぶ。すぐ奥に見える白い建物は衛武営国家芸術文化センター。

 

ugk_wcBUjQKRN89cuzQ51IjutOKIeKA9pGiF8dlsuxIkLuY4uQZcO0zhr9sAQSiPdw7-9PWh0UiaaX5wiikxWclEbTJxVvtbhM0tDaXOnZwxDUIXawJhWNtPL3R3licTq

世界各国のアーティスト達が手がけた、ダイナミックなペイントアートが町のいたるところに描かれています。

 

SY1tDIMuiFEYy3bUEGZHqCqh6mN9F_tRljx2aM8p3qFju0O7D-24h26Do03buVt0r6G1afHAnpC8pvnUJZ2GnHPv1ipS6U-uLf-IsTTl0fog_Ui0NA0KcsK0HAH59QaHZ

台湾で使われている1000元札や、

DSC01620

壁の一面に泳ぐ熱帯魚、

DSC01554

微笑みかけながらピースサインをしている女性など、どれも色鮮やかで迫力のあるものばかり。実際に目の前で見てみると、「無料で観ることができてもいいの!?」と思うほどの完成度なんです。

 

高雄市のマスコットでもあるカモシカ。視線の先には衛武営国家芸術文化センターが。

高雄市のマスコットでもあるカモシカ。視線の先には衛武営国家芸術文化センターが。

ペイントアート以外にも注目してほしいのが、街中に展示されているカモシカのモニュメントたち。担当するアーティストごとにカモシカの模様や色味が違うんだとか。町中で宝探しのように、色とりどりのカモシカを探してみるのも楽しいかもしれません。

 

zWAEAV_BEU2ck3koC7alteFA8m--ca_rFxKH2YATmdHHslA3RQXKrfZnOfOpSc22tJ4tOiwq2TLDN9_qWHDLJCWEUEJay7PVd-QM5A1b2SKpDDv2MKPlon9bywxpkPJI6

このカモシカの後ろには、同じカラーリングのグラフィックアートが施され、部屋のベランダには生活感溢れる情景が広がっていました。作られ過ぎていない風景に、どこか独特の趣(おもむき)が感じられます。

 

tVaQAuMKq1QDSmH6VpAqszLOmQBMnLrbfGTaBPTllNXG9St_kw46Ceq0q5EKqg1cbz89QGEQNmN6XlztBrQf4yDgBuU5hsdGdjWUBAVGlrPdVP1wAREBHYJaxVhlWByYh

ペイントアートをただ眺めて楽しむのも良いのですが、衛武営彩絵社区では、ぜひアート作品たちが人々の生活に溶け込んでいる点に注目してみましょう。

 

ペイントアートのすぐ横の飲食店では、お客さんたちが麺料理を味わう。

ペイントアートのすぐ横の飲食店では、お客さんたちが麺料理を味わう。

アート作品に囲まれながら生活を営む人々、そんな彼らの生活風景を見ることができる観光地はそう多くありません。

 

CN9X2GcpG3Xh03Cmm_IQEULcWei9SurogJp1Pym0qj200Vx4ROibktsHRSlYGP_a4C2sU49Nd3zWyOygZSQsGbot1Pn_vNd-C4ImCiLK2YkQ8ggoaQyAkMdDvRgrcR2Ej

営業中の自動車修理工場の上には、新鋭的な鳥が描かれ、

sgTjqHar1WiXGwmxfwqM6BODXWftHGsh1-1lDyPocDIT2UtUkbrcpNxkRvFOLaAMwnJTgAryx72OeRGValfGnJg5V-F9akapc_Yi903uGY54z6E936ioUJZc7nZfv6nT3

現地住民の方々が涼んでいた公園には、野鳥やフクロウの姿。

 

gQZoL1POT-jvG1E5yKJTg-3psihK3MvkKnbOwQ06UDyklnomDlIkTMvVGwBeLXFxKqJr6m2Y0n07v54JdyeB3VO4TCJyZOaxp6adZnygDU5db8070jUSL6bPuO1ZugeVz

記念撮影をする観光客のすぐ横にピンチハンガーが掛けてあるのも、衛武営彩絵社区ならではの風景。

 

2J6KLHxmcdyNlPWpQ2AdN94SYQ5LA6AoH0smZuZHiMry_4hZ8Mag_PcMSfw5gPmWhnUfLiET7GR2doFZAI_Tbrm1PmKWAXfoLaMaVs38dTP1VH4ixToWiNbaxQDuiSHYi

同行してくれた現地ガイドさんによると、地域住民の方々は「地域活性化につながるのであれば」と、ペイントアートに喜んで協力してくれたそうです。

とはいえ彼らの日常生活にお邪魔するわけですから、写真を撮るときには細心の注意と配慮を忘れないように心がけましょう。

『你從哪裡來?(どこから来たの?)』と笑顔で声をかけてくれた女性。写真撮影にも気軽に応じてくれた。

『你從哪裡來?(どこから来たの?)』と笑顔で声をかけてくれた女性。写真撮影にも気軽に応じてくれた。

観光をしていると、気さくに話しかけてくれる住民の方もいます。そんなときは、中国語が話せなくても、笑顔で会釈くらいはしておきたいところ。

 

観光客が記念撮影をしている傍らで、暑そうに汗をぬぐいながら露店の準備をする女性。観光客のひとりが机にぶつかると、彼女は「沒事、沒問題(大したことじゃないよ、問題ないわ)」と笑っていた。

観光客が記念撮影をしている傍らで、暑そうに汗をぬぐいながら露店の準備をする女性。観光客のひとりが机にぶつかると、彼女は「沒事、沒問題(大したことじゃないよ、問題ないわ)」と笑っていた。

 

-LGvzwXzzDJDiyVU_qWBag3TQY2nHchEDh12qnl_xMQy2LjXBCKGT_gx7BJbQuFaZEqMVls5jtT6cdBdRRW8l6bJwIP68nreb1yLjXY7A5w4fL6XZ9ZsYkMt07Kta20qm

壁一面を彩る鮮やかなペイントアートの前では、バスを待つ男性の姿が。
多くの観光客が行き来していることなど気にもとめず、ただボーっと遠くを見つめていました。彼にとっては、これも日常風景なのかもしれません。

 

3KlQRUsntp_cQRH3P3GwmKXv7jUfuLbGuapC6TfPvq8LcA_sIpWe42QLN7JMASAy9LE1T2hnqNiVighWhv83GY9bGSqoc-l9I4b3mYG-9EVqgHmgsnSKPbT8Nt-ahwUOA

高雄はその温暖な気候から、多くの種類の草花が生息していることでも有名な地。訪れる季節によって違った花を楽しめます。

グラフィックアートだけでなく、街中の花にも注目してみるのもオススメですよ。

衛武営彩絵社区

住所:高雄市苓雅區建軍路(802 台湾 Kaohsiung City, Lingya District, Jianjun Road)

 

台湾最大級の文化施設がオープン!『衛武営国家芸術文化センター』

MHPV262M6OrYYewXwd6N_d3itoo8xfS8mRxdBinPTlpPW_PnFq8iH0B9sAvtXeb34qqesoQ-RDkpb08drRORIRBOjjM0JBqSB4TPaOy8M2ngEamC6jJLhcjgZhUW3i-lo

次にご紹介するのは、衛武営駅から徒歩5分の衛武営国家芸術文化センター。本来はオープン前なので入ることはできないのですが、今回は取材ということで特別に少しだけ中を覗かせてもらいました。

 

QxIJ1wPDGNDHsyvpeZL_EmcZcG0cZNhbBDDKziDyrkYQ_q1w7BA0xZZ07Muatnu7tqrP3cvozwH_J7qwN9PZ3EhpUgsH02dBiHq3uOTKIMPuLLVIhGhIoGZ16L5yBLD4E

衛武営国家芸術文化センターは、オペラハウスやコンサートホールを始めとする演劇音楽ホール、イベントや展示会などが開催される大きなスペースが備えられた文化施設。

オランダ人建築家のフランシーヌ・ホーベン(Francine Houben)によって設計され、波打つような曲線ラインが特徴的の建物。高雄から見える海の水面にも似たそのシルエットは、4つのガジュマルの木をイメージしているそうです。

ガジュマルは台湾の寺院などで日差しよけに植えられることが多いこともあり、台湾人にとっては身近な植物だという(写真はイメージ:PIXTA)。

ガジュマルは台湾の寺院などで日差しよけに植えられることが多いこともあり、台湾人にとっては身近な植物だという。

ちなみにこちらがガジュマルの木。言われてみれば、たしかに似ているかも?

 

最新鋭の技術を駆使した贅沢なコンサートホール

QICY0eBhpWyiFSGplN5gQgdaT5zoH6e48ib6nFxaixX56geab8GKz-Jn77zultadOntG3QmJ7npjoe0PVRZh7HbB3oK_yT-gRJT0tTjveXTsb0zzSthNk0WvW-xlmG6_M

衛武営国家芸術文化センターの目玉とも言える、館内最大の客席数を誇るコンサートホール。そこにはドイツの楽器メーカーに特注で製作してもらったアジア最大級のパイプオルガンが鎮座しています。

パイプの本数は9,085本にもおよび、製造にかかった金額は日本円でなんと4億円以上!

-3yX8CkPw6Eh37DkA4w5KXh1xT8PqqpMr9LW_WXEI5J88b6nsWxonumYAvDMoyuZ1ibrQZoH0ceEhheKU52_EkySHc_nP4hscBxExj19DvJyuain8puptwHMDCwpHtX-7

ちなみに日本で一番大きいパイプオルガンは、東京芸術劇場に設置されていてパイプ総数は約9000本。本数で言えば、それほどの差はないようです。

ただパイプオルガンという楽器は、建物に合わせてオーダーメイドで作られるものなので、同じ音色を奏でるものは一つとしてないんだとか。つまり、そこでしか聞けないプレミアムな音色というわけなんですね。これは是非とも聞いておきたい!

C3rXk0X1cnSIXVTY1EamXJ7D4OByANl254VDWFSgw8noo_i7lW6wSUkn4_KqMLyesXV0NJk3KlnobW7TIcFcLMi4hoQd_x03gDKJzEUZKm5JMLpYVPsVENK7xEKmpsLBW

衛武営国家芸術文化センターのコンサートホールは、ぶどう畑をイメージした『ヴィンヤード(ぶどう畑)形式』を採用。

ぶどう栽培で用いられる段々畑のように座席を配置することで、どのシートに座っていても音響に差が出ないようになったり、音が反響しやすくなったりするんだとか。

天井部分に設置されている穴の空いた板は、その日の動員数によって昇降するように設計。これは建築音響工学に基づいて、音響を均等にするための工夫だという。

天井部分に設置されている穴の空いた板は、その日の動員数によって昇降するように設計。これは建築音響工学に基づいて、音響を均等にするための工夫だという。

最新鋭の技術と工夫が施されたコンサートホールで、一流の演奏を楽しみたい! そう思った方は、ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。

チケットの購入や公演日・演目などの最新情報の確認は、公式ホームページからできます。(中国語と英語のみ対応)

DSC01647当日販売のチケットは、施設内にあるイベントスペースBanyan Plaza(バンヤンプラザ)に面したTICKET OFFICEで購入できます。

ただし、オープン直後は混雑が予想されるため当日券の購入は至難の技。確実に入手したいのであれば、事前にホームページから購入しておいた方が良さそうです。

 

参加型イベントや展示などが楽しめるBanyan Plaza(バンヤンプラザ)

無料で参加できるイベントや展示などが開催されるバンヤンプラザは、チケットを買わずに楽しめるエリア。

DSC02140 2

天井には木漏れ日をイメージした天窓や、上から下に伸びるガジュマルの根をイメージしたUFO型のライトがあります。

ライトは10種類以上の色を発し、夜になると鮮やかなイルミネーションが楽しめるようです。

バンヤンプラザは風通しが良いので、暑い日でも気持ちよく過ごせる。

バンヤンプラザは風通しが良いので、暑い日でも気持ちよく過ごせる。

取材日には、無料で参加できるヨガイベントが行われていました。

イベント情報や参加方法は、衛武営国家芸術文化センターの公式ホームページから確認できます。

8zeCrYjU6ysCSC9eSxAEmifo7WI8VIBVcuk57kjJa8eS1Wro5m2ASM3ilf5kFz5zqKtX6yDbhsRufKBSdzE3oeeK55eRw7htEJwEVIMUmAVDmNwXz81WPY49kvq_EwhkX

このように衛武営国家芸術文化センターは、チケットなしでも充分に楽しめるスポットです。外から眺めるだけでも、建築物としての美しい姿は一見の価値あり!

今後は、レストランなども施設内に入る予定とのこと。高雄に行くのであれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

衛武營國家藝術文化中心(衛武営国家芸術文化センター)

住所:83075 高雄市鳳山區三多一路1號(No.1, Sanduo 1st Rd., Fengshan Dist., Kaohsiung City 83075, Taiwan)
電話番号:+886-7-262-6666
営業時間:8:00~12:00、13:30〜17:30
公式HP:https://www.npac-weiwuying.org/index?lang=en

 

台湾の歴史がジオラマで学べる『高雄市立歴史博物館』

aRowGD5yUbqxm9jWWROamMx5jimxi0C9MT-So2yW4ll84UsXkXGlKmvt5qP6kAJmMhxWFanijXlUyAtEJdmHvmWdJr35zIdvfHF-pVGfUjLukRu-zKyzqqEStSJxAGey-

高雄駅から車で10分、高雄MRT橘線(オレンジライン)鹽埕埔(えんていほ)駅2番出口から徒歩3分の場所にある「高雄市立歴史博物館」。日本統治時代に建設された建物をそのまま使っている、建築物としても貴重な施設です。

当時は、高雄市役所として使用されていましたが、現在は高雄の歴史を学ぶことができる博物館になっています。

vFTIQ8X108T9KvVy8rbU2gDw7gzvtvw5mn-spTUEcQoU8LJP4okG5QtJBOl7i2VXLc5NFf0v-xuuBqkc_mY0zEV_hnEuTKATVakBkiintsaGhBGbDxgvOnJCDJ8gkmPdn

あの『二・二八事件』の現場にもなった高雄市立歴史博物館(旧高雄市役所)。館内では、当時のジオラマや、新聞などの資料が展示されています。

Jb1mMMANIoF8NlfF2UYENkg50W1Gc6SuiwwOVwCGbrMFgZYUS9VeMOzXDT6GXjfEK70UXNupJXgx7Do_uKwHYQYy3Oq6cHHKX6QmWybWF3K7yTWhlNXSbplWt2yneqg9_

ほかにも当時の町並みの写真やイラスト、

Ta1lzFMo22zs1u86l9gbA0wR2EEGXytjO9w4G3O4tuii-uMoFubAHJ7vbLNQ7EVUbPHpNt0KNLrVdoEio4jiG1Cw80DUCiUXOQbLIs9dXP82waIlQjdreh9iB-f1GP50E

子どもたちが着ていた服などが展示されています。日本の影響を色濃く残している高雄の歴史を学ぶには、まさにもってこいの場所。

日本と台湾の歴史について興味のある方は、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

高雄市立歴史博物館

住所:高雄市中正四路272号(No. 272, Zhongzheng 4th Rd, Yancheng District, Kaohsiung City, 台湾 803)
電話番号:+886-7-531-2612
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日
公式HP:http://khm.org.tw/jpn/home01.aspx?ID=1

 

台湾で最も美しい駅!美麗島駅のステンドグラスで万華鏡の世界へ

海と静寂をイメージした青い柱と、太陽や火をモチーフにした赤い柱を中心に、火、水、土、光の4つのテーマに沿ったパブリックアートが描かれている。

海と静寂をイメージした青い柱と、太陽や火をモチーフにした赤い柱を中心に、火、水、土、光の4つのテーマに沿ったパブリックアートが描かれている。

次にご紹介するのは、高雄駅からMRTで6分の場所にある『美麗島(びれいじま)駅』の光のドーム(光之穹頂)。穴場巡りと言えども、高雄にくる際に一度は見ておきたい名所です。

すっかり観光スポットの定番となった同施設は、まるで万華鏡の中に入ってしまったかのような体験ができることで人気を集めています。天井の一面に広がるステンドグラスは、真下から見上げると、まさに圧巻の迫力!

cNZbzd3WRPUAKN-3m277-b0OBKi_mgP7dSrVWgqL7uy3rD13-Jj-Jp6Nuq6JTmOqeMJkGiyhi1wIOXZtKDh5NB-hagTbjNoXrmTfxP-j7MYLJYIbkVvGL-At1PM2e1t_o

イラストの一つ一つをゆっくり見て回ると、写真や遠くから眺めるだけでは気づけないような模様や、ストーリーを感じられる描写がいたるところに!

ジッと眺め続けているうちに、まるで自分が万華鏡の中に入り込んでしまったかのような感覚になります。

i78Ngjl-PyjndpQJvcHRGbxon161Z8kY_sBQrlaiHARFsP1kt9AJ_bM9vhRUPiCBwhGjJt4QaqfjtXi9dv98qjrVe93WGtBaiKJa1Z-fjr9AJ2e_3ARLgRQHsT-MHoure

僕が気になったのは、水のエリアに描かれていたクラゲの中で眠る胎児。どうしてクラゲの中に胎児が……? そうやって妄想を膨らませながら、眺めるのも楽しみ方の一つ。あぁ、一日中ずっと眺めていても全然飽きない……!

美麗島駅 光之穹頂

住所:高雄市新興区中山一路115号(800 台湾 Kaohsiung City, Xinxing District, 中山一路115號
電話番号:+886-7-793-8888
開放時間:6:00〜24:00

 

高雄の街を一望『愛河』でゆったりとナイトクルージング

7ddadZzun99TKngwFQKWRyMpW_1MMziX6cz8t6LnurfWid_U8heXYePHdSoYRnvfkbZRrcTMNrmdOLL553jF7o7sTPgZ22uTxYhGo-nUz9uViZQ8MmahoE-5ZEwqgYjDg

夜になったら是非訪れておきたいのが、高雄の中心に流れる全長16.4キロもある愛河(あいが)。

川沿いにはオシャレなカフェやレストラン、公園などがあり、ぶらっと散歩しながら景色を楽しむには絶好の観光スポットです。夜になると屋台が立ち並び、ネオンの光が水面を幻想的に照らします。

rMlleyUclTcW_EQAO0zWhEeqkOgyDpiSlMAo2CxXin2Kio8LE8xVweQXne1eNc_IkOsbVtexrWOX73lfYHx0jy9ScFZBr1mvA1htlaIw47lJPWqLrBCc5mpSDHYgaCn1H

そんな雰囲気のなかを、150元(700円前後)とリーズナブルにクルージングできる愛之船は、観光客だけでなく現地の人からも大人気。

 

Pyu7v5MHo83EEbPjLRQdN8RgpGTtvvnCHpk-Tg1ZP5js6-ZOFSuX9-xg0ELRmMnkGjbsjuVftH7kx_FKVrCo6wFU5vzN59TA9EFO1K4UTtLhoF95ZhU-BO60HVLm6TTHq

20人乗りの遊覧船から、高雄の町並みをゆったりと眺めることができる贅沢な時間。心地よい風に吹かれながら、約25分間のナイトクルージングを楽しんでみてはいかがですか?

 

pk4yrBRL6_EZ8M2eI4bhHZ_j6f_9O3Nus4jdYHCT-S1Qh_4G94s2F_DNMFeO4jcVhQy0b8A0oHpDFr4yTts1fFaSViv3-Q_gwzjsx2mHA8Yv5v2F-GgeBt5xC6PHbUtG7

乗船券は、「愛之船」と書かれた妖艶な雰囲気のチケット売り場で購入できます。そのネオンの印象から、一瞬いかがわしいお店と勘違いしてしまいそうですが、愛之船は高雄市が運営するクルーズ会社。公共の乗り物なのでどうかご安心を。

愛河船

チケット売り場:国賓大飯店、二二八和平公園
 国賓大飯店高雄市民生二路202號(No. 202, Minsheng 2nd Road, Qianjin District, Kaohsiung City, 台湾 80144
 二二八和平公園:高雄市塩埕区中正四路(Zhongzheng 4th Rd, Yancheng District, Kaohsiung City, 台湾 803
営業時間:15:00〜22:00(土日祝日9:00〜22:00)
運行時間:約25分間隔

 

台湾の中でも長い歴史を持つ『六合観光夜市』

Q0pOLvhLKZ_F5eWmW8_O7nIq_hM6PrR-41otm8nKLd0xF1i9Dp8UXOeCvd0jQwLBaF_lWJTyz1VVDViWbItd2lwn9nyDPxSYmZligbQ-6s2F8diIUToNJCSRsjWLwxRMM

そして最後にやってきたのは、美麗島駅から徒歩5分の六合観光夜市。高雄で最も長い歴史を持つ夜市で、立ち並ぶ屋台のなかには創業60年以上のお店もあるそうです。

 

DSC02251

新鮮な魚介類をリーズナブルに楽しめるのも、漁業が盛んな高雄ならではの魅力。

価格は時価ということで詳しい値段は明記できないのですが、台北と比べて2〜3割は安い気がしました。(あくまで個人の感想です)

店主に、なぜエビを飛び出させているのか聞くと「客に近いから」と答えた。だからどうだっていうのだろう。

店主に、なぜエビを飛び出させているのか聞くと「客に近いから」と答えた。だからどうだっていうのだろう。

日本ではなかなか出会うことのできない特大なエビ。1尾100元で(日本円で600円前後)、塩味の効いた新鮮なエビを堪能できるのも夜市だからこそ。

 

おじいちゃんに連れられてやってきた子どもたちが、ピンボールを楽しんでいた。

おじいちゃんに連れられてやってきた子どもたちが、ピンボールを楽しんでいた。

ほかにも日本ではあまり見ることのない昔ながらの露店や、

どのフルーツも1パック50元(200円前後)と日本では考えられない安さ。どれも甘くてジューシー。

どのフルーツも1パック50元(200円前後)と日本では考えられない安さ。どれも甘くてジューシー。

新鮮なフルーツを販売する屋台が所狭しと立ち並びます。

 

HZxmfGfW5cuo0Cqfp_KZJrlyG0GJUYVMUMnirLLadUfJXJwpKmjAIm5DhbJnp2jqxL-0uP4jludPftHg_W6fcdX8tM56kxsDLEJx-2z3ad0LS-h-MRbGjP3TnJ6rak5Ow

台湾では、学校が終わると家族の仕事を手伝うことが当たり前。ここの夜市でも、あちこちで制服をきた子どもが店番をしている姿が見られます。

こうした現地に住む人たちの日常が垣間見えるのも、観光の楽しみの一つですね。

六合觀光夜市(六合観光夜市)

住所:高雄市新興區六合二路( Kaohsiung City, Xinxing District, 800)
電話番号:+886-7-285-6786
営業時間:18:00〜2:00頃(天候により異なる)

 

まとめ

bDyS4abPd3_6PxNlVyor-15Eyn5sYqEQN2wXs3QcexShIboCUsEhg0aqViHW7drqkhCse4vvjfGBwvcQxIVtDazz3unyuS3kXrkmnWg0H_rAa-1t2M4AKCwbU5uMiyfBy

いかがでしたか?

今回はご紹介できませんでしたが、高雄にはまだまだ魅力的な穴場スポットがたくさんあります。これを機にあなたの旅行プランに取り入れてみてはいかがですか?  きっと高雄の新しい一面を発見できるはず。

それでは今回はこの辺で、失礼しますー!

\ 現場で取材した“生”の体験をレビューするメディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ