定番から穴場まで!1泊2日で草津温泉を最大限に楽しむ方法

「日本を代表する温泉といえば?」と聞かれれば、多くの人が「草津温泉」と答えるでしょう。名実ともに日本一の温泉地、草津。老若男女に愛されるこの場所を、旅行大好きの夫婦がレポートしてきました!絶品グルメから秘湯まで、デートやファミリーに役立ちます!

定番から穴場まで!1泊2日で草津温泉を最大限に楽しむ方法

はじめまして。山岡ソースケ・リホ。人呼んで山岡夫婦です。
普段は阿佐ヶ谷に生息しながら、2人でフリーライター業とブログ「ユリイカ・ユリイカ」の運営をしています。

月に1回は旅行に行く!」をモットーに、日夜新たな旅先開拓を続ける私たち。
夫婦ならではの目線で、色んな観光スポットの魅力を掘り下げます。

第1回目となる今回は、群馬県にある日本を代表する湯所、草津温泉

東京から1泊2日で行く草津温泉の旅。

温泉旅行といえば……

kusatsu-ec3

美しい景色に……

 

kusatsu-ec1

おいしい食事に……

 

kusatsu-ec2

気持ちの良いお湯にしっぽり……。

などなど……。

旅行の楽しさが凝縮された、まさに「キングオブトラベル」といっても過言ではないでしょう。

そんなわけで、限られた時間の中で草津温泉を最大限に楽しむためのオススメスポットを、まずは旦那である僕、山岡ソースケからご紹介します。

概要

草津温泉ってこんなところ! 特徴とアクセス

kusatsu-101

草津温泉は群馬県の北西部、吾妻郡草津町にある温泉です。
標高1000mを越える高原に位置することから、夏は涼しく冬は寒い。
まさに温泉につかるための気候条件を完璧に備えた温泉地と言えますね。

そんな草津温泉が持つ肩書き、代表的なものを並べるだけでも…

・温泉の自然湧出量日本一!

・旅行会社が選ぶ温泉地ランキング7年連続No.1!

・温泉番付では堂々の東の横綱!

…etc

名実ともに温泉界のチャンピオンと言っても過言ではないでしょう。

東京からのアクセスは主に二つ。バスか電車の利用がオススメ!

バスの場合はバスタ新宿から草津温泉バスターミナルまで直通4時間!
運賃は3,280円。
電車の場合は上野から特急列車で長野原草津口駅まで約2時間半。そこからバスに乗り換えて草津温泉バスターミナルまで30分の道のりです。
この場合の運賃は5,970円(特急5,270円+バス700円)。
乗り換えなどの手間を省きつつ、金額を少しでも抑えるために今回の旅ではバスをチョイス。

バスタ新宿

出発はまだまだ設備としては新しいバスタ新宿。朝焼けの建物が美しい……。
平日の朝、まだまだ通勤ラッシュの時間帯だったので、企業戦士たちの合間を縫って進みます。

 

バスタ新宿

利用するバスは8時5分発のゆめぐり1号。途中伊香保温泉も通るんですね。ここも行きたい!

 

1

出発時間の10分前ぐらいになったら乗車案内が始まります。

 

kusatsu-bus-new

社内は中央に通路を挟んだ4列座席。最後部にはトイレもあるので、長旅でも安心安心。

 

4時間後……

 

P1020255

草津温泉バスターミナル、到着!

さささ…寒い! 東京や途中の埼玉とは一線を画す寒さ! 11月ですでに雪もチラつき、体感温度は東京の半分ぐらい。
防寒対策はしっかりしておきたいですね。

 

kusatsubus4

さすがは日本一の温泉。バスターミナル前にも足湯がある!

 

草津バスターミナル

さて、ここから草津温泉までは歩いてすぐ!
いよいよ旅の本番が始まります。

これだけは押さえておきたい草津温泉のオススメスポット。定番から穴場まで。
それぞれ「観光編」「温泉編」「グルメ編」「食べ歩き編」「番外編」の5つに分けてご紹介します!

 

観光編

旅の醍醐味といえば観光! 普段見れない景色や文化を見ることこそ、遠出をする価値があるってものでしょう!
草津温泉は南北を山に、東西を高原に囲まれた自然豊かな土地。
特に11月から12月にかけては紅葉も美しく、都会の喧騒を忘れたのどかな時間が流れます。
まずは草津温泉に行ったら絶対に見ておきたい観光スポットをご紹介します。

 

This is KUSATSU! 草津温泉を象徴する巨大な「湯畑」

湯畑

草津温泉の温泉街の中心に位置し、シンボルともなっているのが巨大な湯畑
毎分4000リットルという温泉が湧き出し、轟々と流れる様は圧巻の一言!
硫黄の香りが街一体に漂って、「温泉に来た」感がこれでもかとあふれ出ます。

 

P1020839

P1020838

湯畑の北側は絶好の撮影スポット。
まずはここで記念撮影をすると良いでしょう。

 

湯畑

各界の著名人も愛した草津温泉。
ゆかりのある人たちの名前が湯畑の手すりに刻まれています。

 

湯畑

あっ、テルマエ・ロマエの人だ!
こんなちょっとしたユーモアも交えてくるのがにくい!

 

yubatake5-2

湯畑の周りには足湯スポットも。冷えた手足を温めながら湯畑をのんびり眺める贅沢。
温泉大国日本と言えど、できるのは草津温泉しかないでしょう。

 

湯畑

夜になると幻想的なライトアップでムード満点!
昼と夜、それぞれ違った魅力を見せてくれるのもうれしいポイントですね。

 草津温泉湯畑

  • 群馬県吾妻郡草津町大字草津
  • ライトアップは深夜0時まで

 

流れるのは温泉の川! 草津温泉のパワーを見せつける「西の河原」

P1020310

湯畑に負けず劣らず、その底力を見せつけてくれるのが西の河原。サイノカワラと読みます。
名前を聞くと少々おどろおどろしい感じですが、中身は雄大な自然&温泉を見せてくれる絶好の観光スポット。

 

P1020322

流れているのはすべて温泉! 湯気を上げながら流れる温泉の川が、山間を抜ける。

 

西の河原

川に手をつけてみると確かにあったかい!

 

西の河原

ちょっとした水たまりも温泉。温泉の成分で岩の色も変わっています。

 

西の河原

さすがはサイノカワラ! 石を積んでいる人がいました。
しかしここでは奪衣婆は出てきませんのでご安心を。

 

西の河原

途中にある草津穴守稲荷神社は、羽田空港へ電車で行く際にお馴染みの「穴守稲荷駅」の分社です。

西の河原公園

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津521-3

 

チョイナチョイナ~ 草津温泉の伝統文化が見られる「熱乃湯(湯もみショー)」

netsunoyu1

草津温泉は熱い! とにかく熱い! 源泉の温度は50℃に近く、そのまま入浴することはできません。
しかし水を入れて冷ましてしまっては、温泉そのものの効能が薄れてしまう…。

そこで生み出されたのが「湯もみ」という独自の手法。
熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、空気と触れさせる湯の温度を下げるこの伝統文化を見学できるのがこの熱乃湯です。

 

netsunoyu2

中に入ると源泉と六尺板がすでにセッティングされていました。

 

netsunoyu3

昔ながらの風情ある内装は、歴史の深さを感じます。

 

熱乃湯

草津温泉の歴史などを教えてくれるムービーが流され……

 

熱乃湯

湯もみガールズ登場!

 

netsunoyu6

湯もみ唄を歌いながら湯もみを実演。チョイナチョイナ~

 

netsunoyu7

観客の湯もみ体験タイムも用意されているので、参加したい場合は前の方の席に座りましょう。

 

熱乃湯

ラストはお湯をドカンと巻き上げてフィナーレ。迫力満点です。

 熱乃湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津414
  • 開催時間:9:30、10:00、10:30、15:30、16:00、16:30
  • 料金:大人600円、小学生300円
  • 定休日:なし
  • URL:https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/netsunoyu/

 

温泉編

草津温泉の一番の魅力はその泉質。酸性線で殺菌性が高く、皮膚病や神経痛、糖尿病などに効果的と言われています。
お湯の肌触りは非常に柔らかくなめらか。湯につかったあとに肌に触れるとスベスベプルプル。美肌の湯とも言えるでしょう。
草津温泉にはたくさんの旅館が軒を連ね、それぞれ趣のある浴場を用意していますが、専用の外湯施設もあるんです。
ホテルの温泉ももちろん良いのですが、せっかく日本一の温泉に来たんですから、
専用の温泉施設も楽しんでみましょう!

 

趣向をこらした3つの温泉施設「草津三湯」

草津温泉の代表的な外湯施設が「草津三湯」。
御座之湯」「賽の河原露天風呂」「大滝乃湯」の3つを合わせてこう呼びます。
それぞれの温泉の魅力をご紹介します。

 

<御座之湯>

御座之湯

草津温泉のシンボル、湯畑のすぐそばにあるのがこの御座之湯。
江戸時代風の木造建築、杉板を使用したとんとん葺きの屋根、漆喰の壁が情緒に溢れます。

 

gozanoyu-01

木之湯・石之湯:御座之湯サイト

お風呂は檜などで作られた木之湯と、御影石で作られた石之湯に分けられ、その時々で男湯・女湯が入れ替わります。

 

gozanoyu-02

木之湯:御座之湯サイト

それぞれ、湯畑源泉と万代源泉の2種類の異なる源泉を使用しており、泉質も異なる。それぞれの肌触りの違いを楽しむのも一興ですね。

 

御座之湯

建物2階は広い畳の休憩所。湯でのぼせた身体を横たえて小休止……うーん贅沢!

 

unnamed

湯上りに飲むコーヒー牛乳は絶品です!

 御座之湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津421
  • 営業時間:8:00〜21:00
  • 料金:大人600円、子供300円
  • 定休日:なし
  • URL:http://gozanoyu.com/

 

<西の河原露天風呂>

西の河原露天風呂

観光編でもご紹介した西の河原。その先にあるのがこの西の河原露天風呂です。

 

西の河原露天風呂

温泉の川の上流にある露天風呂入り口。

 

sainokawara-02

紅葉を見ながら露天風呂:西の河原露天風呂サイト

なんと言っても一番の魅力はその広さ!
イナバの10倍、1000人入っても大丈夫と思えるような広大な露天風呂は、男女あわせて500㎡!

 

sainokawara-03

女性露天風呂:西の河原露天風呂サイト

森林に囲まれた大きな湯船につかりながら、ボーッと空を眺めてみたら、日々の疲れやストレスなんて一瞬で吹っ飛んでしまうでしょう。
夜にはライトアップもされるので、昼とはまた違った風情が味わえそうですね。

 西の河原露天風呂

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津521-3
  • 営業時間:7:00〜20:00
  • 料金:大人600円、子供300円
  • 定休日:なし
  • URL:http://sainokawara.com/

 

<大滝乃湯>

大滝乃湯

施設としては一番今風で充実しているのがこの大滝乃湯。
レストランが併設されていたり、休憩室や売店、カフェなどもあってスーパー銭湯のような感覚で使えます。

 

otakinoyu-01

女性合わせ湯:大滝乃湯サイト

この温泉の一番のオススメポイントがこの合わせ湯。
草津に古くから伝わるお風呂の作り方で、源泉に近い位置から順番で浴槽にお湯を流していくことで、熱い源泉を自然冷却。

 

otakinoyu-02

大滝乃湯の館内はこうなっています:大滝乃湯サイト

一番ぬるいお湯から順番に入りながら、徐々に湯の温度に体をならしながら、最後は45℃ぐらいの熱湯にドボン!
そんな伝統的な入浴方法を楽しめる草津唯一の温泉施設です。

 

otakinoyu-03

男性風呂の大浴場:大滝乃湯サイト

他にも広い大浴場や打たせ湯、サウナなどもあり、存分に草津の湯を堪能することができるでしょう。

 大滝乃湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
  • 料金:大人900円、子供400円
  • 営業時間:9:00〜21:00
  • 定休日:なし
  • URL:http://ohtakinoyu.com/

私たち山岡夫婦は、この草津三湯の中でも特に<御座之湯>をオススメします。
なんたってアクセスが抜群! さらに夜に行けば人も少なく、やや薄暗いお風呂は雰囲気抜群!
のんびりと湯に浸りながら、どこかタイムスリップをしてしまったような非現実感を味わえますよ。

 

日本一の温泉街だからできる! 街中に突然現れる「共同浴場」

3

街中で公衆トイレはよく見かけますが、公衆浴場を見たことはありますか?

草津温泉は、街中にシレッと、共同浴場が建てられています。

元々は地元の人の生活のために設置され、現在も地元民の管理・利用されている共同浴場。
その一部が観光客にも公開され、自由に利用できるようになっているのです。
入浴料はなんと無料!まさに草津で生活しているような感覚を味わえるスポットと言えるでしょう。

一般に公開されている共同浴場は、

白旗の湯

湯畑脇にある「白旗の湯

 白旗の湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津甲417-1
  • 営業時間:5:00〜23:00
  • 定休日:なし

 

chiyonoyu1

伝統的な入浴法、時間湯ができる「千代の湯

 千代の湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津367-4
  • 営業時間:5:00〜23:00
  • 定休日:なし

 

地蔵の湯

前の広場には足湯もある「地蔵の湯

 地蔵の湯

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津299
  • 営業時間:8:00〜22:00
  • 定休日:なし

それぞれこじんまりとした浴場ながら、観光地とはまた違った趣があります。
現地での生活を垣間見ることができる貴重な浴場ですから、時間があればひとっ風呂浴びるのも一興ですね。
鍵付きのロッカー等はなく、あくまでも家のお風呂に入る感覚で使う必要がありますので注意しましょう。

それではここから妻の山岡リホにバトンタッチ!
草津温泉の魅力を存分に語ってください!

グルメ編

はい! ここからはグルメ大好きな妻、山岡リホがお届けします!
旅行の醍醐味といえばご当地グルメ。
草津温泉には群馬の新鮮な食材を使った名物グルメがたくさんあるんですよ。

 

草津名物の上州豚と舞茸そばを堪能できる「やすらぎ亭」

4

群馬の名物といえば、上州豚のカツ丼と舞茸料理。
この二大名物がどちらも味わえるお店がこちら、「やすらぎ亭」!
湯畑最下部からつながる泉水通りにある「やすらぎ亭」は、2017年4月にオープンしたばかりです。

 

やすらぎ亭

上州麦豚温玉カツレツ重(1,180円)は、ジューシーなカツレツ3切れに野菜ときのこの天ぷらでボリュームたっぷり!
カツレツの衣にはサッと甘いソースがくぐらされていて、ジューシーなお肉の旨味がしみ出します。
カツを温泉卵にからめると、まろやかさが増してたまりません。

 

やすらぎ亭

舞茸天ざる蕎麦(1,280円)は、でっかい舞茸の天ぷらが6つも!
新鮮な舞茸は風味豊かでプリップリな歯ごたえ。
さっぱりとした蕎麦とも相性抜群で、お腹も大満足です。

 

やすらぎ亭

ぺろっと平らげちゃいました。

 

やすらぎ亭

かわいらしい金平糖もついて、食後の口直しにも嬉しいですね!

 やすらぎ亭

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津389
  • 営業時間:11:00〜15:00、18:30〜1:00
  • 定休日:月曜日、第1火曜日 ※日曜日はランチのみ

 

ハンバーグが絶品! 地元民に愛される西洋料理店「どんぐり」

どんぐり

草津温泉で大人気の洋食屋さん「どんぐり」。
湯畑から急な坂道を上って約10分と決して立地がいいワケではないのですが、開店前から行列ができるほどの人気店です。
こじんまりとした店内は、デミグラスソースやビーフシチューの洋食屋さんらしい香りがただよっていて、食欲をおさえられません。

 

どんぐり

ついにやってきました! まずはハンバーグステーキ(970円)。

一口ほおばると……う、うまい!
ハンバーグはしっかりお肉の味がして、ふわふわな食感。
赤ワインベースのデミグラスソースは奥行きのある複雑な味で、このソースだけでもごはんを何杯でもいけちゃうくらいです。

 

どんぐり

チーズのせハンバーグ(1.080円)は、その名のとおりトロ〜リチーズがたっぷり!

 

どんぐり

ハンバーグにナイフを入れると、肉汁がジュワーッと溢れ出します。

 

どんぐり

こちらも赤ワインベースのデミグラスソースで、これがまたチーズに合うんですよ。
ジューシーなハンバーグをコクのあるチーズが包み、味わい深いデミグラスソースが絡み合う。
まさしく、絶品です。

 どんぐり

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津562-16
  • 営業時間:11:30〜15:00、17:30〜21:00 ※夜は要予約
  • 定休日:水曜日

 

 

足湯につかってほかほかコーヒーをいただける「足湯カフェ 湯畑草庵」

55

観光に疲れたら休憩がてら訪れてほしいのが、湯畑の目の前にある「足湯カフェ 湯畑草庵」。

 

足湯カフェ 湯畑草庵

湯の花が浮いたあったかい足湯につかりながら飲み物をいただける、なんとも草津温泉らしいカフェなんですよ。

 

8

靴下を脱いで、ちゃぽん。
冷えた身体が芯からあったまります。

 

cats

深煎りのコーヒー(480円)もほろ苦でおいしい。
外の足湯では飲食禁止なので、このカフェでしか味わえない楽しみです。

 湯畑草庵

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町118-1
  • 営業時間:10:00〜21:30
  • 定休日:なし

 

食べ歩き編

温泉に来たらどうしてもやりたくなっちゃうのが、食べ歩き。
草津温泉には食べ歩きにぴったりのお店がたっくさんあります。
スイーツからおかず系まで、山岡夫婦イチオシの4店をご紹介します!

 

北海道産の上質なあんこを使用! 元ケーキ職人が作る温泉まんじゅう「丸井堂製菓」

9

温泉といえば温泉まんじゅう。
西の河原通りにある「丸井堂製菓」の温泉まんじゅうは、草津温泉で唯一、北海道産の上質なあんこを使用しています。
店頭では気軽に試食もさせていただけますよ!

 

丸井堂製菓

もち、ふわっ!
おまんじゅうの皮は手触りがあかちゃんのほっぺみたいに、もちもちとなめらかで感動。
あんこは甘さひかえめでとっても上品な味。
なんと料理長は元ケーキ職人で、ケーキの製法を活かして冷めてからでもおいしさが変わらないように作られているそうです。
お土産は6個入り500円から。私たち夫婦も迷わず購入!

 丸井堂製菓

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町486-2
  • 営業時間:7:30〜16:30
  • 定休日:不定休

 

パリパリの焼きたてせんべいをハフハフ食す「寺小屋本舗」

寺小屋本舗

温泉街で香ばしいおせんべいを食べるのって、粋ですよね。
草津温泉ぶらり街歩きのお供に、西の河原通りにある「寺小屋本舗」で焼きたてのおせんべいをいただきましょう。

 

寺小屋本舗

大きなおせんべいや串ぬれおかきなど、様々な種類のおせんべいが並ぶ姿に思わず目移りしてしまいます。

 

寺小屋本舗

今回はぴり辛七味(120円)をセレクト。
食べ歩きはもちろん、空調の効いた店内でもいただけますよ。

 

寺小屋本舗

火であぶられたおせんべいは、アツアツでパリパリ!
醤油の香ばしい風味に後から七味がぴりっときて、病み付きになっちゃいます。

 

寺小屋本舗

無料であったかい日本茶もいただけて、身体も気分もほっこり。

 寺小屋本舗

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津507
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:なし

 

店頭の温泉につかったトロ〜リ温泉たまご「草津ガラス蔵1号館」

10

草津ガラス蔵1号館」では美しいガラス工芸品だけでなく、おいしい温泉たまごも販売しています。

 

草津ガラス蔵1号館

西の河原通りでもひときわ目立つ温泉に、たまごがコロンとつかっている姿がなんとも風流。
たまごを80度のお湯で12分加熱した後、50度の温泉に2時間以上つけこむことで、温泉成分がたまごにしみ込みひと味違った味わいになるんですって。

 

草津ガラス蔵1号館

温泉たまご(120円)をスプーンで割ると、鮮やかな黄身がとろけだします!

 

草津ガラス蔵1号館

薄味のだしに絡めて、ちゅるん。
温泉成分がしみこんだ温泉たまごはトロ〜リ濃厚! 小さくても満足感のある1品です。

 草津ガラス蔵1号館

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町草津483-1
  • 営業時間:9:00〜18:00
  • 定休日:なし

 

甘いタレが美味しいジューシーな焼き鳥「焼肉吾妻」

焼肉吾妻

草津温泉の隠れた名物が、焼き鳥。
湯畑の目の前にある「焼肉吾妻」で、食べ歩き用の名物焼き鳥をいただけます!

 

焼肉吾妻

焼き鳥の鉄板メニューがずらり。
今回はねぎま(150円)をセレクト!

 

agatsuma3

お会計をして、焼き上がりを待ちます。

 

11

焼き上がると名前を呼んでもらえるので、店からあまり離れず目の前の湯畑を眺めながら待ちましょう。

 

焼肉吾妻

待つこと約5分、でました!
キラキラ光るタレが滴り落ちる焼き鳥は、甘くて驚くほどお肉が柔らかい!
油がじゅわっとしみだして、思わず夫婦でニッコニコ。
湯畑を眺めながらいただくのもまた非日常な体験で、旅行気分をますます盛り上げること間違いなしですよ。

 焼肉吾妻

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津378
  • 営業時間:食べ歩き用焼き鳥は12:00〜
  • 定休日:水曜日

ではでは、旦那のソースケに再度バトンパス!

 

温泉遊び編

気分はジョン・ウィック! 温泉遊びの定番「射的」

shateki-1温泉街で何して遊ぶ?となったら、絶対に外せないのが射的。草津温泉にももちろんあります!

 

shateki-2草津温泉の射的場といえばココ! 射的本舗まんだら堂
モヤモヤさまぁ~ずなどでも取材された有名店で、湯畑に入ればすぐに見つかるはず。

 

shateki-3的にはそれぞれ点数が決められており、落とした的の点数の合計で景品がもらえる仕組み。

 

shateki-4 乗り出しての射撃ももちろんOK! しっかり狙って……発射!

 

shateki-5 FPS好きの僕は、射的も得意なのです。

 

shateki-6景品で弓矢ゲット!

 射的本舗まんだら堂

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町108-1 センターアーケード内
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 料金:10発 500円
  • 定休日:なし

 

多分日本一デカい! パチンコの進化系「スマートボール」

smartball-1温泉遊びのもう一つの定番、それがスマートボール
パチンコのように玉をはじき、入った穴の点数で景品がもらえるゲームです。
草津温泉は射的とスマートボールの両方が遊べます。いやぁ「お約束」が揃ってるのは良いですね。

 

smartball-2行ったのは昭和 駄菓子とあそびの広場 ともえや。先ほどのまんだら堂のお隣さん。
射的もあれば駄菓子もあり、そして噂のスマートボールもある。まさに温泉遊びの総合商社といった感じです。

 

smartball-3そしてここのスマートボールはとにかくデカい! 通常サイズの3~4倍ぐらいの大きさ。

 

smartball-4 これまた大きなバーを力いっぱい引いて……発射!

 

smartball-5 入れ!

 

smartball-6 大人も子供も本気になってしまうゲームでございました。

 昭和 駄菓子とあそびの広場 ともえや

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町108
  • 営業時間:10:00〜22:00
  • 料金:20発 700円
  • 定休日:不定休

番外編

「触れ合える」のケタが違う! 草津温泉の日本一標高の高い動物園「草津熱帯圏」

kusatsu-nettaiken-1実はこの草津旅行において、山岡夫婦が最もテンションを上げてしまったのがこの草津熱帯圏でございます。

「温泉に来たのに動物園?時間のムダじゃね?」そんな言葉も聞こえてきそうですが、そんなステレオタイプな人には往復ビンタを喰らわせてやりたいぐらい、血沸き肉躍るスポットなんです。

 

kusatsu-nettaiken-2市街地を抜けてしばらく歩くと見えてくる、いかにも田舎にある動物園な佇まい。

 

kusatsu-nettaiken-3ふむふむ。日本一高い位置にあって、日本初の飼育実績もあって、ペット同伴で入園できて(それ地味にすごいな!)、スキンシップができる。と。

そしてこのスキンシップがものすごかったのです……。

 

kusatsu-nettaiken-4動物園のメインとなるのは、やや崩れたこのドーム。

 

kusatsu-nettaiken-5中に入ると……

 

kusatsu-nettaiken-6ほとんどジュラシックパーク。

そして始まる、動物たちとのスキンシップ!

 

kusatsu-nettaiken-7マーラが金網から出てくる!

 

kusatsu-nettaiken-8なんか……笑ってる……?

 

kusatsu-nettaiken-9人気のカピバラもこの距離で。

 

kusatsu-nettaiken-10おサルさんは撫でてほしいところを自ら差し出してきます。

 

kusatsu-nettaiken-11びっくりするぐらいモッフモフの毛並み。

 

kusatsu-nettaiken-12場合によっては向こうから触ってくるぞ!

 

kusatsu-nettaiken-13うわ~。もうこのぐらいのサイズになるとヒヨコもちょっと怖い。

 

kusatsu-nettaiken-14他にはヘビとか……

 

kusatsu-nettaiken-16ワニとか……

 

kusatsu-nettaiken-17カメがいます。(写真はアルビノのフロリダスッポン)

 

kusatsu-nettaiken-18最後はドクターフィッシュに食べられる!

スキンシップ重視の動物園、おそるべし……。
「ちょっとした時間つぶしで……」ぐらいの感覚で行くと、思いがけず楽しすぎて、きっと時間を忘れて楽しんでしまうはずですよ。

 草津熱帯圏

  • 住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津286
  • 営業時間:8:30~17:00
  • 料金:大人1,000円、高校生700円、子供600円
  • 定休日:なし

 

草津温泉は日帰りでも満喫できる! 温泉で心も身体も癒されよう

湯畑

東京からのアクセスが抜群で温泉施設も充実しているので、草津温泉は日帰り客も多いです。
温泉街の見どころがコンパクトにまとまっているので、日帰りでも十分楽しめるでしょう。

今回の山岡夫婦の旅は、交通費、宿泊費、食費込みで1人あたり32,000円
ホテルに泊まってもリーズナブルに草津温泉を楽しめるので、せっかくなら夜通し草津温泉を満喫することをオススメしますよ!

日頃の喧噪を離れ、良質な温泉とおいしい食事で心と身体を癒す旅。
草津よいとこ、一度は……と言わず、二度も三度も訪れたい最高のスポットです!

twitter
山岡ソースケ(@sosuke_eureka22
山岡リホ(@riho_eureka22

ブログ
ユリイカ・ユリイカ

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ