オープンから約4ヶ月。何かと話題の「レゴランド」で広報さんに色々聞いてきた!

名古屋に今年オープンしたレゴランド。チケット料金や園内での食事、持込の許可等、何かとネットで話題になりましたが、実際現在どうなっているのか、中で働く人に色々質問してきました!レゴランドに行く際のパーク内のオススメの回り方、先に知っておきたい情報や楽しみ方も掲載しておりますので是非チェックしてみてください。

こんにちは。
インターネットでライターをしている長橋です。

本日は、名古屋に新しくオープンした施設「レゴランド・ジャパン」に来ています。

thumb_IMG_6959_1024

ジャジャジャーン!!!!!

「レゴランド・ジャパン」(通称レゴランド)は、世界的な人気を誇る「レゴブロック」をモチーフとしたテーマパーク。
2017年4月1日にオープンしたこの施設は、日本初上陸として大きな注目を集めています。

幼い頃、黙々とレゴに興じていた僕にとって、レゴだらけの「レゴランド」は夢のような場所。
以前放送された『世界・ふしぎ発見!』のデンマーク特集でその存在を知り、「いつか大人になったらデンマークに行って、レゴランドに行きたいなぁ……」と思いにふけておりました。

そんな「レゴランド」がついに日本上陸。
このビッグニュースをYahoo!で見たときは「うわっ!」と思わず声を上げ、「オープンしたら絶対に行こう!」と喜んだ覚えがあります。

thumb_IMG_7834_1024

いつか「レゴ」の世界に行きたい。そう思っていた時期が私にもありました。

しかし……

オープン直後から現在に至るまで、インターネット上では、「料金が高い」「子どもっぽい」「客が少なくてガラガラ」といったネガティブな風評や、あげくの果てにはガセネタまで飛び交っている状況。

周りにとても流されやすい僕は、このような「ネット上の意見」を見て、「あれ? もしかして、期待するほどではないのかな? 思い出補正がかかっているだけなのかな?」と思ってしまい、レゴランドに対するワクワク感がどこかに消えていってしまったのでした。

ただ、そうこうしているうちにレゴランドのオープンから3ヶ月以上が経ち……
生粋のレゴ好き人間である僕の心には、「やっぱりレゴランド、めっちゃ行ってみたいな…」という思いがふつふつとよみがえってきたのです。

とはいえ、ネットで調べても相変わらず否定的な意見が山ほど。
これではいったいどんな施設なのかが、よくわかりません。

thumb_IMG_6831_1024

というわけで今回は、それならばもういっそのこと、この目で確かめてみようと思い立ち、東京から新幹線に乗って「レゴランド・ジャパン」へやってきました!!!

しかもなんとなんと今回は特別に、レゴランド広報担当の高木さんが、パーク内のオススメの回り方を教えてくれるとのこと!
広報さんが一番楽しみ方を知っているはず! ということで聞きにくいこともアレコレ聞いてみようと思います!
(※一応お伝えしておきますと、本記事はPR記事ではありません)

100

高木さん、よろしくお願いします!

100

こちらこそ、きょうは楽しんでいってくださいね!

実際にレゴランドに行ってみよう!

「レゴランド」に電車で行くには、名古屋駅を経由して行く必要があります。
名古屋駅で「あおなみ線」という電車に乗り、終点の「金城ふ頭駅」(きんじょうふとう)を目指しましょう。

thumb_IMG_6752_1024

読みにくい駅名が並ぶ「あおなみ線」

ネット上では「名古屋駅から離れているので行くのが面倒くさい」的な意見がありましたが、実際は電車で一本、約24分で到着します(急行だと約17分)。
これが遠いと思うか否かは個人の解釈にもよりますが、僕はスマホでTwitterをいじっていたらあっという間に到着したので、そんなに遠いとは思いませんでした。
普段から電車移動に慣れてる、首都圏近郊に住んでいる方なら「むしろ近いな」って思うかも知れません。

どどーん!!!!

どどーん!!!!

さて、「金城ふ頭駅」を降りて約5分ほど歩けば、レゴランドに到着!
実際に中に入ってみましょう。

thumb_IMG_6853_1024

入り口で迎えてくれるのは、公式キャラクターのバディくん。
彼は「レゴランド・ジャパン」のオフィシャルキャラクターらしく、ここに来ないと会えないんだとか。
近くに行くと、一緒に写真を撮ってくれました。(地味にうれしい)

ちなみに「入場料の高さ」がネット上でとやかく言われていましたが、その辺りはどうなのでしょうか。せっかくなので、高木さんに聞いてみます。

100

大人6,900円、子ども5,300円の入園チケット、なんだか「高い高い」と言われていますが……。

100

はい、お客様の意見を反映して先日「ファミリー1DAYパスポート」という新しいチケットの販売を開始しました。3~4名分の1DAYパスポートがセットになった、家族の皆さんで利用するとお得なパスポートです。
入場日の7日以上前に買えば、更にお求め安くなっているんですよ。前売りチケットの割引は、どのチケットでも有効です。

クリップボード01

https://www.legoland.jp/tickets/buy-tickets/

100

全然知らなかったです。

100

ちなみにレゴランドは、年間パスポートが非常にお得です。多いときは一日2割くらいの方が年パスを購入されています。なんと、もう36回来た方もいらっしゃるくらいで……(笑)

100

そりゃすごい。お安く行ける手段を別に用意してあるという事なんですね。

チケット売り場も可愛い!

年パスの値段は、おとな(13歳以上) ¥ 17,300、子ども(3歳~12歳) ¥ 13,300と激安。2回半行けば元がとれる計算になる。

さて、レゴランドは大きく分けると7つのエリアに分かれているそうなのですが、まずはどこに行けば良いのでしょうか。
というよりも、、そもそもレゴランドにはどんな施設があるのか、皆さん知ってますか?(正直な話、僕もこの取材に来るまで詳しく知りませんでしたが…)

100

とりあえず初めての人は、あちらに行かれるのがオススメですよ!

100

あちら?

thumb_IMG_6817_1024

100

あの高いタワー「オブザベーション・タワー」に登って、まずはパーク内を一望してみてください!

100

ああいう高いタワー、昔レゴを積み上げて作ったな……。

「オブザベーション・タワー」は、パーク内で一番高い建物。
ここに登れば、レゴランドを見渡すことができるんだそう!

thumb_IMG_6867_1024

ということで、上にまいります!

グングンと上まで登るこのタワーは、高さが約60メートル。
ちなみに展望席は回転しながら上昇するので、どの席に座っても問題なし!

また遊園地のフリーフォールのように、高速で落ちたりはしませんので安心してくださいね。

とまぁ、こんな感じで……

thumb_IMG_6884_1024

レゴランド内全体を見ることができます!!!(レゴランドはとにかくカラフル)

thumb_IMG_6889_1024

100

ネット上の話ばかりで恐縮なんですけど……「パーク内はめっちゃ狭い!」っていうコメントが拡散されてて、僕も来る前はそうなのかなって思ってたんですけど……。でも実際にこうやって見ると結構広いんですね……!

100

そうなんですよ。でもまあ、他の大きなテーマパークと比べたら、そんなに広くはないのかなと思います。広すぎると、お子さまは全部回れないですからね。小さなお子様がいらっしゃると、この広さでも一日では回れません。

100

確かにそうですね。大人だけがここに来るわけじゃないですからね……。

そんな風にまずタワーからレゴランドの全体を把握したところで…
お次は、僕が子どもの頃からずっと行きたかった「あの場所」へ向かいます!

最低3時間はここに確保したい!「MINILAND」

thumb_IMG_6898_1024

さて、僕がどうしても行きたかった「MINILAND」へやってきました!!!
ここは一体どんな場所なのか。その答えは下の写真を見ていただければすぐに解決します!

thumb_IMG_6941_1024

さて、これはパッと見、渋谷のスクランブル交差点のように見えますが……

thumb_IMG_6942_1024

なんと! 全てレゴで作られているのです!!!
やばくないですかやばくないですか???(しかも、人間の動きや服装が全員違う!!!)

(渋谷からスカイツリーが何故か見えてるのはご愛敬というところですが)こんな感じで、日本のいろいろな街並みがレゴブロックで再現されていて、レゴファンならずとも「すっっっっげえええ」ってなる夢のような場所なんです!(約1千万個のレゴブロックを使用しているそう)

せっかくなので、まだレゴランドに行ったことがない人に向けて、この街並みをたくさん紹介したいと思います!
日本全国を旅行している気分でお楽しみください!!!

thumb_IMG_6972_1024

最初はお台場!

thumb_IMG_6940_1024

次は東京駅!

thumb_IMG_6952_1024

浅草を挟んでの……

thumb_IMG_6970_1024

首都高!!!

thumb_IMG_6923_1024

新幹線に乗って名古屋城へ!

thumb_IMG_6979_1024

こっちはナゴヤドーム!

thumb_IMG_6982_1024

の反対側を見ると……

thumb_IMG_6985_1024

試合中です!!!しかも全員服装や表情が違うらしい!!!!!

thumb_IMG_6990_1024

大阪!心斎橋!グリコ!

thumb_IMG_6993_1024

道頓堀川!実物より水が綺麗!

thumb_IMG_7003_1024

京都!観光客多め!

thumb_IMG_7018_1024

姫路城!相変わらず白い!

thumb_IMG_7024_1024

札幌!雪まつり開催中!

thumb_IMG_7035_1024

東京まで線路が伸びていて、列車が実際に動いてる!

新神戸駅!ここが終点!

とまあ、ざっと紹介してしまいましたが、これ、めちゃめちゃ凄くないですか??????(他にもたくさんの街があるけど、紹介しきれない)

この「MINILAND」を作るのにどれだけ膨大な時間がかかったのかというと、世界各地の「レゴビルダー」と呼ばれるレゴ作りのプロが、約2年ほどかけて作ったとのこと。「レゴビルダー」って響きめっちゃカッコイイな…。

100

ミニフィグの表情や服装は一つひとつ違うのですが、この他にも注目してみてほしいところがあるんです。

100

といいますと……

100

実はこの「MINILAND」で描かれている街並みには、一つひとつストーリーがあるんです。

100

え……?

100

例えばこちらを見てください。よく見ると、はしごの上から「ペンキが入ったバケツ」を落としてしまった人がいますよね? そのペンキを踏んだシカが歩いて、地面に足跡が付いてしまっているんです。

thumb_IMG_6961_1024

100

うわ! ほんとですね!

100

このような物語が「MINILAND」内にはたくさん隠れています。探してみると楽しいですよ!

100

たくさん探してインスタにアップしたい気持ちは山々ですが、今日は時間がないのでプライベートでまた来ます……。まじでここ、3時間は余裕でいれるな……。

 

「MINILAND」は、さらっと見ると15分足らずで歩けてしまうのですが、一つひとつをじっくり見ていくと、かなりの時間がかかると思われます。(これは個人の解釈によりますが……)

ちなみに、平日は人も少なめなのでゆっくり見れますよ!!!

thumb_IMG_6907_1024

レゴマニアの人は「これ、こういった感じで作ってるんだ!」って作り方に衝撃を受けるそう

ちなみに、ボタンを押すといろいろと動きます!(たくさん押してみよう)

アトラクションで遊ぼう

「MINILAND」を後にし、レゴランドが誇る「アトラクション」の数々を高木さんに紹介してもらうことにしました。

thumb_IMG_7041_1024

まず、この「パイレーツ・ショア」というエリア内には……

 

thumb_IMG_7081_1024

「スプラッシュ・バトル」と呼ばれるアトラクションがありまして、船に付いている水鉄砲で、他の船の乗客・アトラクションの周りにいる人・宝箱などを狙って遊ぶことができます。
※水が飛んできて濡れるので、絶対に濡れたくない人は近づかない方がいいです。

thumb_IMG_7124_1024

隣にある「ナイト・キングダム」というエリアには……

thumb_IMG_7120_1024

みんな大好きジェットコースター的な乗り物「ザ・ドラゴン」があります!(小さいけど結構こわかった)

そして、一番人気のアトラクションが……

thumb_IMG_7545_1024

「アドベンチャー」エリアにある「サブマリン・アドベンチャー」です!

thumb_IMG_7539_1024

ここでは専用の潜水艦に搭乗し、80種類約2000匹の魚が泳ぐ水槽を進みます!(もちろん本物の魚!)
要するに「水族館×レゴブロック」ってことですね!

thumb_IMG_7528_1024

まるで古代遺跡の中を探検しているかのような雰囲気!
なおかつ所々にレゴブロックが配置されているので、ここでしか味わえない不思議な感覚を楽しめます!

100

思ったよりもめちゃめちゃ楽しいですね! 高木さん、次はどこに向かうんですか? お化け屋敷? それとも観覧車ですか?

100

ありがとうございます。ただ正直な話……、そのような「遊園地的なアトラクション」は当施設にはそんなにないんですよね……。

100

え? そうなのですか? じゃあネットに書いてあった「アトラクションが少ない」っていう意見は本当なんですね……?

100

本当と言えば本当です。ただですね、そもそもレゴランドは「大人向け」ではないんですよ。これは日本だけではなく世界的にそうなのですが……。基本的にレゴランドのコア・ターゲットが2歳〜12歳のお子様と、そのご家族。そして、他のテーマパークと圧倒的に違うのが、体験ができることなんです。

100

大人がアトラクションを楽しむ施設ではないと……。

100

そうなんですよ……。実は、レゴランドは子どもにたくさんの体験をさせてあげることができる施設なんです。
ということで、これから色々ご紹介しますね!

「レゴランド」は、体験をしながら教育させてもらえる施設…?

thumb_IMG_7233_1024

100

例えばこの「ドライビング・スクール」というアトラクション。自動車教習所を模したコースで、レゴカーを操作して実際に運転を体験することができます。ここの対象年齢は6歳から13歳、大人の皆さんは乗ることができないんです。

thumb_IMG_7224_1024

3歳から5歳までを対象とする「ジュニア・ドライビング・スクール」もあるそう。車がかわいい。

100

なるほど。このような子ども向けのアトラクションが、レゴランドにはたくさんあるってことなんですね。

100

はい。また、こちらの「レゴ・クリエイティブ・ワークショップ」では、レゴモデルの作り方を学べるワークショップを開催しています。

thumb_IMG_7702_1024

100

プログラミングでレゴに指令を出してロボットを動かす「ロボティック・プレイセンター」も併設されていて、最新版のプログラミングロボット教材、「レゴ®マインドストーム®EV3」を使って本格的なプログラミングにチャレンジすることができるんです!

thumb_IMG_7705_1024

プログラミングの対象は小学1年生〜6年生。予約が必須なので、興味のある人は開園後すぐに予約しておこう!

他にも、「ビルド・アンド・テスト」は、実際にレゴブロックを組み立てたあと、それらを使っていろいろな実験をすることができる施設。

thumb_IMG_7633_1024

レゴを積み上げて……

thumb_IMG_7637_1024

ボタンをおすと……地震がきて倒れます!

thumb_IMG_7650_1024

この施設では、タッチパネルでレゴを作ったり……

thumb_IMG_7642_1024

作ったレゴを走らせたりすることができるのだそう!(自分が子どもの頃にこの場所に来たら、めっちゃテンション上がってるだろうなと思います)

thumb_IMG_7594_1024

100

外でのアトラクションも、子ども向けのものが多いんです。この「キャット・クラウド・バスターズ」は、高さ約5メートルの塔の頂上を目指し、ロープをたぐり寄せて上に登るアトラクションなのですが、子供が実際に手を動かして挑戦するっていうのがミソなんです。

thumb_IMG_7202_1024

100

また、「レスキュー・アカデミー」では、消防車を操作し、火災現場で消火作業を体験できます。「火事になったら水をかける」という、大人は知っていて当たり前のことを子どもに体験させて教えています。

thumb_IMG_7381_1024

100

なるほど……。アトラクションを出たところにレゴがたくさんあったのも、そういうことなんですね!

thumb_IMG_7712_1024

100

はい、レゴブロックで遊べる場所はパーク内に点在していて、どこでも遊んで学べるようになっています。そして、一番のオススメはこちらの 「レゴ・ファクトリー・ツアー」。レゴブロックの製造過程を見学することができるんですよ!

100

めっちゃ楽しそうなやつじゃないですか!!!!!

thumb_IMG_7720_1024

ここ「レゴ・ファクトリー・ツアー」では、実際にレゴブロックを作っている現場を見ることができ、なおかつレゴの歴史を知ることができます。
これは子どもももちろん、大人も楽しめる!

thumb_IMG_7747_1024

大きなスクリーンでレゴブロックがどのように作られるのかを見たら……

thumb_IMG_7756_1024

実際に工場に潜入します!!!

thumb_IMG_7784_1024

機械が動いてブロックがガタンゴトンと運ばれていきます。
ちなみにレゴブロックを日本で製造しているのは、なんとここだけなんだそう! これはたかまるぅぅ~!!!

thumb_IMG_7789_1024

ガタガタガタ……ガタガタガタ……

thumb_IMG_7794_1024

ポン……!

thumb_IMG_7801_1024

見学が終わると、この工場で作られた「できたてほやほやのレゴブロック」をもらえます!これは嬉しい!

100

いやあ、楽しかったですね! とても勉強になりました!

100

ありがとうございます。そういえば長橋さん、そろそろお腹が空きませんか?

お昼ごはんを食べよう!

thumb_IMG_7411_1024

向かったのは、「ナイト・キングダム」エリアにある「ナイト・テーブル・レストラン」
デンマーク料理やきしめんなどの「名古屋めし」を食べることができます!

100

高木さん毎度申し訳ございません。インターネット上で「レゴランドのごはんは、高くてあんまり美味しくない」的な意見を目にしたのですが、実際はどうなのでしょうか。

100

長橋さんって、本当にネットの意見に流されやすいんですね。実際にどうなのかは食べてみてからおっしゃってください!

100

すみません。それではいただきます……。

ん……! これは……!!!

thumb_IMG_7264_1024

ローストビーフ グレービーソース

100

普通に美味しい!!!

100

ありがとうございます。

僕は食レポが苦手なのであまり細かく説明ができなくて申し訳ないのですが、例えて言うと「いい感じのレストランで提供されていても問題ないレベル」に美味しいです。
量も少ないように見えますが、お肉のボリュームは意外とあってお腹いっぱい。ちなみにこちらはお値段1,700円。
確かにちょっと高いけど、テーマパーク価格であることと、なにより美味しかったので文句はありません。

thumb_IMG_7273_1024

こちらは名古屋名物(?)の「エビフライ」プレート。
エビは大きくて美味しいです。お値段1,400円。

thumb_IMG_7429_1024名古屋メシ「冷やしきしめんと季節のごはん」のセット。
アサリごはんの上にイクラが乗っていて、ちょっぴり豪華。こちらもお値段1,400円。

thumb_IMG_7434_1024

ちなみにここ「ナイト・テーブル・レストラン」の料理長を務める堀田シェフは、なんとリッツカールトンでシェフを勤めていた経歴があるそう。あ、そりゃあ普通に美味しいわけですよね。

thumb_IMG_7351_1024

また、レゴランド名物のひとつ「レゴポテト」は、アドベンチャーエリアの「オアシス・スナックス」で購入することができます!

thumb_IMG_7333_1024

できたては熱いのでお気をつけください。お値段450円。

味は普通のポテトフライ(普通に美味しい)だけど、せっかく来たなら食べたいやつ!

thumb_IMG_7865_1024

また、入り口近くにあるここ「チキン・ダイナー」は、店内の雰囲気がポップで、テーマパークに来た感がとてもあります!

thumb_IMG_7861_1024

トリックアート的なことになっていたり……

thumb_IMG_7844_1024

大人気のホットドッグマンの大きなミニフィグがあったりします!

このほかにも、パーク内にはさまざまな飲食店があるので、お腹が空いてもごはんに困ることは無さそう。
特に夏は暑いので、水分補給はこまめにしましょう!(園内は水筒の持ち込みが可能で、水飲み場もあります)

「レゴランド」の意外に知らない楽しみ方

100

アトラクションやご飯など、オススメの場所はあらかた紹介できたと思いますので、最後はパーク内の「意外に知らない楽しみ方」をご紹介しますね。

100

おお! これは楽しみ! よろしくお願いします!

100

まずパーク内には、数え切れないくらいのフォトスポットがあります。皆さんもぜひ探してみてください!

thumb_IMG_7112_1024

高木さんのおっしゃる通り、レゴランド内には「インスタ映え」しそうなフォトスポットがたくさん!

thumb_IMG_7463_1024

「レゴランドはスマホの電池を減らしたいのかな?」と思わせるほど写真を撮りたくなる場所が多いのです。

thumb_IMG_7239_1024

「パレス・シネマ」の前には、パパラッチに囲まれるマリリン・モンローさんがいたり……

thumb_IMG_7393_1024

女の子に大人気の「レゴ フレンズ」の皆さんと一緒に写真を撮ったり……

thumb_IMG_7475_1024

思った以上にデカイ。

思わず「デカっ」と口にしてしまうほど大きなスフィンクスが急に現れたりと、パーク内にはレゴブロックを使った建造物がたくさん!

また……
レゴランド内には「隠しポイント」がたくさんあるそうで……

thumb_IMG_7479_1024

たとえば、これ。
レゴランド独自の象形文字(?)をアルファベットに変換する表がタワーになっているのですが……

thumb_IMG_7482_1024

実際にこの文字を使って、表記されている建物があるのです!(なんて書いてあるかわかりますか?)

thumb_IMG_7166_1024

その他にも、このレゴで作られた猫。近寄るとなぜか急に鳴きます。少しだけびっくりします。

thumb_IMG_7286_1024

そして、列を仕切る時に使う「パーテーションポール」もレゴ…。

thumb_IMG_7440_1024

レストランの塩コショウの入れ物もレゴ……。

thumb_IMG_7376_1024

遊園地によくある「写真スタンド」もレゴで作られていて、とにかくなんでもレゴ!
このようにレゴランド内にいると、「あれ? もしかしてここもレゴで作られているのかな?」と疑心暗鬼に陥ること間違いありません。

100

そうそう、レゴランドに来ていただいたお客様に、ぜひともトライしてほしいことがあります。

100

はい。なんでしょう?

100

「ミニフィグ・トレード」です!

100

「ミニフィグ・トレード」……?

100

パーク内にいるスタッフの名札にはレゴの小さな人形「ミニフィグ」が付いています。このスタッフの名札についているミニフィグと自分の持っているミニフィグを交換することを「ミニフィグ・トレード」と言います!

100

なにそれ、めっちゃ面白そうじゃないですか!

thumb_IMG_7289_1024

ミニフィグを持っていない人は、パーク内のいたるところにあるショップでミニフィグを購入してみましょう。
僕も持っていないので、購入してみました。(一個550円で販売)

ふくろを開けてみると……

thumb_IMG_7304_1024

正直、僕の好みではないキャラクターが出てきてしまいました。残念。(彼はバットマンシリーズに登場する市長、アンソニー・ガルシアさんです)

ということで、「もっと可愛いミニフィグ」を求めて、パーク内にいるスタッフさんに会いに行くことに。

100

ミニフィグを交換してください!

と声をかけると……

thumb_IMG_8004_1024

快く応じてくれます!!!! バイバイ、アンソニー・ガルシア!!!!

thumb_IMG_8006_1024

気に入ったミニフィグを集めるのも、レゴランドの楽しみ方のひとつ。

これは『ミニフィグ・タッチ』というアクション。交換をするときにぜひやってみよう!

thumb_IMG_7671_1024

ちなみに「ミニフィグ」はこの「ミニフィギュア・マーケット」で自由に作ることが可能。

thumb_IMG_7675_1024

これは「ビルド・ア・ミニフィグ」というサービスで、各パーツを自由に組み合わせて、自分好みのオリジナルミニフィグを作ることができるもの。髪型、表情、上着、履物、そして手持ちのアイテムまで、その組み合わせは自由自在!(お値段は3つで1,200円)

thumb_IMG_7695_1024

キーホルダーもたくさん売ってるので、お土産にも良さそう!

「レゴランド」の今後の方針を聞いてみた

100

レゴランド、個人的にはとても楽しめてます! ただ、やっぱりその……何度も恐縮ですが、ネット上には厳しい意見が上がっていて……。今後どのように変化していくのかなと……。

100

はい、何度もありがとうございます。建設的な厳しい意見は、積極的に取り入れるように心がけていまして……。実はパーク内にタブレット端末がたくさんあって、ここから毎日お客様の意見を吸い上げているんですよ。それは社長含め、スタッフ全員確認しています。

100

社長さんまで見ているんですか。

100

はい。改善点はお客様のためになりますからね。

thumb_IMG_7145_1024

パーク内にあるタブレット端末

100

これまで、どんな意見があったのでしょうか?

100

「水筒の持ち込みを可にしてほしい」という意見がありました。水筒の持ち込みは安全面を考え、国内のテーマパークのほとんどが許可していないのですが、レゴランドでは5月の連休に持ち込みをOKにさせていただきました。

100

おお! どんな理由で許可したのでしょう?

100

第一に、名古屋の夏はとても暑いんです。暑い中、水分補給をしないと熱中症の危険があるため、とにかく「水分を摂ってほしい」と考えた結果です。また、お子さまのことを考えると、好みの飲み物を飲むとぐずるのがなくなったりします。そういうことを鑑みた結果ですね。

100

そこも子ども目線で考えているんですね。

100

そうですね。また、ベンチが少ないという意見がありまして……これに対してはすぐにベンチを増設し、さらに日除けを付けました。

100

なるほど。ちなみに営業時間の件なのですが、夜は閉まっているとか……。あと休みが多いとか……。

100

それもネットで言われていた意見ですね。レゴランドはそもそも、お子さま向けの施設。お子様は、そんなに夜更かししちゃダメですよね。夜9時に子どもがワーっと騒いでいるというのは、少し違うのかなと。ただ、夏の期間中は19時まで営業を行っている日もあります。後々、夜間営業も検討してなくもないのですが、まずお子様とそのご家族に楽しんでいただいてから、その後に大人の意見を反映していければなと思っています。

また、お休みですが、火曜・水曜は基本的に休園日となっています。これもお子さまをターゲットにしていることから、そうなっていて……。お子さまは平日に学校がありますからね。ちなみに世界中のレゴランドにこのような休園日があり、その休みがある分、大きなメンテナンスに当てたり、従業員の休みをしっかり確保できるようにしています。ちなみに今の季節のような「繁忙期」は休園日を設けていませんので、ご安心くださいね。

thumb_IMG_7173_1024

100

あと、最初にちらっとお話が出ましたが、値段の件。高い高いと言われているんですけども、例えば年間フリーパスを使えば、「ロボティック・プレイセンター」などの教育施設に毎日通うこともできるわけです(要予約)。そういったところは強みとして思っています。

ただもちろん、価値を理解していただけていない当方にも問題があると思っていて……。プレオープンの際「ファクトリーエリア」が間に合わず、メディア披露ができなかったんです。なので、アトラクションのイメージがどうしても強くなっているのかもしれませんね。

thumb_IMG_7495_1024

子どものことを考え、アトラクションの列を並ぶところにも「レゴブロック」が常設されている

100

そんなことがあったんですね……。ちなみに新アトラクションを作ることとかも考えているんでしょうか?

100

おいおいは考えています。拡張予定も数年後にありますし……。その前に、まずは来年にホテルと水族館がオープンします。この水族館もただの水族館ではなくて、学びながら遊べる水族館となる予定です。

100

水族館できるんですか! めっちゃ楽しみです。たくさん答えていただきありがとうございました!

thumb_IMG_7236_1024

最後はおみやげとショーを見よう!

thumb_IMG_7991_1024

パーク内を楽しんだら、入り口近くにあるおみやげショップ「BIG SHOP」に行っておみやげを見てみましょう。
ここはレゴランドの中でも一番大きなショップなので、基本的にはなんでもあります!

thumb_IMG_7973_1024

テディベアのような、レゴランド限定商品を買うのも良いですが……

thumb_IMG_7930_1024

「Hard to find」と呼ばれるレゴブロックの中でも特に見つけにくい、レア商品のコーナーを見てみるのも楽しい!

thumb_IMG_7940_1024

ビートルズの「Yellow Submarine」レゴブロック!!! めっちゃ欲しい!!!!!!

thumb_IMG_7888_1024

また、夏休み期間中は「スマイルコネクション」というショーが入り口付近で行われています!
こちらも要チェック!

「レゴランド・ジャパン」のキャラクターたちが全員そろって歌ったり踊ったりし、ショーの後にはキャラクターたちと一緒に写真を撮ることができます!

thumb_IMG_7958_1024

今日一番の笑顔の僕

さて、レゴランドの楽しみ方をお届けした本記事。いかがでしたでしょうか?

行ってみて思ったのが、レゴランドはとにかく子どものことを考えているパークだなということ。
アトラクションを自分で動かし、なおかつ「ロボティック・センター」などの施設で学ぶこともできる。自分がもし子どもの時にここに連れて行ってもらったら、とても感動しただろうなと思います。

オープンしてまだ4ヶ月。
広報の高木さんは「遠方からきたお客様には、まず名古屋を楽しんでもらいたいと思ってます。その一つがレゴランドになってもらえればと。ぜひまずは一度、名古屋へ来ていただければと思います」とお話しされていました。

いつか自分にも子どもが出来たら、連れて行ってあげたいなと……。
たとえ「レゴ」に触ったことがない子どもでも、楽しんでくれること間違いありません。

というか、個人的には、とても楽しかったです! 

thumb_IMG_7822_1024

大きなサイズのデュプロ・ブロックがたくさんある「DUPLO Play」エリア。小さな子ども用の施設が本当に充実してます。

取材・文 長橋 諒
カメラ やまたねこ
取材協力 レゴランド・ジャパン https://www.legoland.jp/

【News】
現在夏休みイベントが開催中です、下記をご覧ください!
https://www.legoland.jp/plan-your-visit/summer-day/

また、9月よりハロウィンイベント『BRICK-or-TREAT』がスタート!
(期間:9月14日~11月6日)
ジャイアントパンプキンのレゴモデルの展示や、仮装をして一緒に写真撮影をおこなえます。
合言葉は『Brick or Treat』!

©2017 The LEGO Group.

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ