【沖縄おみやげ】買って帰ったらモテるかも。現地食材を使ったオシャレな沖縄土産をご紹介!

沖縄のお土産といえばちんすこう、紅芋タルト、黒糖など色々ありますが、この記事では、沖縄の食材をふんだんに使ったおすすめのお土産を、厳選してご紹介。地元の方も認める、身体にも優しくて美味しい手作り店舗を取材いたしました。

image34

沖縄で撮影したお店&SPOTは300店以上、沖縄大好きフォトライターShinです。

「沖縄のお土産」といえばちんすこう、紅芋タルト、黒糖など色々ありますが、何回か行ってる方は少し変化がほしいなと思ったりしませんか?

今回は沖縄の食材をふんだんに使った新しくしかも身体にも優しい、そして美味しい、手作り店舗をご紹介します!
(どうでしょうか、モテそうじゃないですか。)

手作りが故、賞味期限が短いものもありますが、大切な人に渡すのは心のこもったものがよいですよね!

ということで早速ご紹介させていただきます!

 

宜野湾市 : こだわりのクロワッサン「茶のま乃パン処」

image71まずご紹介するのは、宜野湾市にある「茶のま乃パン処」です。

お土産を紹介する前に、簡単にお店の紹介をさせていただきます!

image41

ここ「茶のま乃パン処」は、子供達にもいろんな種類のパンを気軽に味わってほしいという気持ちからとってもリーズナブルなお値段でミニミニパンを出してるお店です。
実は、沖縄県内外の雑誌にも多く取り上げられている話題のお店なんです。

 

image85

沖縄県産黒糖を使ったミニミニクロワッサン(150円)

「黒糖なんて沖縄には沢山あるじゃん」とお思いの方も多いと思いますが、実は違うんです。
黒糖と一口にいっても純度が様々で、中にはザラメを混ぜているものも黒糖として売られていたりします。

中でも沖縄県内では伊平屋村島、伊江島、粟国島、多良間島、小浜島、西表島、与那国島、波照間島の8島は本場と言われていて、サトウキビのしぼり汁を分離などせずに作られている為その濃厚さはもちろん、カルシウムやカリウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。
「和三盆」という砂糖と同じくらい高品質なものなんです。

そんな中からオーナーが厳選した黒糖を使用し作られたミニミニクロワッサンは一口食べると黒糖の香りや甘みが口いっぱいに広がります!
このうんちくを語ると、おみやげの価値観があがるかもしれません。

セットにすることもできて

image34

こちらで800円になります。大人気商品なのですが、事前に予約することもできます。

 

image36

茶のま乃パン処 オーナー町田さん

どうですかこの笑顔。
この方が作る、優しくて美味しいパン、是非ご自身でも食べてみてくださいね。

 

茶のま乃ぱん処
http://www.chanopan.com/sp/
住所 : 沖縄県宜野湾市佐真下175-1
電話 : 098-898-0883
営業時間 : 9:00~19:00
定休日 : 日曜・祝日

 

 

宜野湾市 : ビーガンスィーツのお店 Vivre okinawa(ヴィーヴル オキナワ)

image73こちらは無農薬の沖縄県産品で作るスイーツのお店、Vivre okinawa(ヴィーヴル オキナワ)
なんとこのお店、卵、乳製品、小麦粉は一切使っておりません!

宜野湾市の普天間基地近くにあります。

image70小麦粉を使わない代わりに大豆粉や米粉を独自にブレンド。
上白糖も使わずにてんさい糖という栄養豊富な素材を、油は熊本県産のなたね油を使っています。
とにかく素材へのこだわりが強いお店なのです。

image91

アレルギー対応もしているので「品質や素材が心配」という方にも安心して食べてもらえます。

 

image90

季節ごとに変わるスィーツのラインナップもとっても豊富。

 

image64image93 オーナーの宮城さん、仲間さんの生み出すスィーツのいい香りとお客さまで店内はいつも賑わっています。

そんな中から今回はこちらをご紹介させていただきます!

image38

実はこれ、ちんすこうです。(550円+税)
沖縄と言えば、というくらいメジャーなお土産ですがヴィーヴルオキナワのちんすこうは全然違います!

ちんすこうはラードを使って作られるんですが、ラードを使わないことでよく見かけるちんすこうとは違い角がない自然なコクと食べ応えあるしっかりとした食感になります。

image86

しっかりと素材にもこだわったちんすこうは、紅芋、よもぎ(ふーちばー)月桃、うっちん、プレーン、五種類のフレーバーがあります。
どの味も、食べると、素材の風味が口の中いっぱいに広がります。

 

image51

このオシャレで可愛い、高級感あるデザインもたまらないですね。
女の子にプレゼントした日には、オシャレな男だと思われること間違いなしです。たぶん。

 

image48

その他にも店内には沖縄の食材を使ったスィーツがいろいろあります。

 

image94季節によって変わる酵素ジュースもあり、これを飲むと有り余るほど元気になります!

 

image10

いろいろな商品があるのでご来店の際にはぜひ店内を物色してみてください。

 

ヴィーヴルオキナワ
https://www.facebook.com/Vivre-okinawa-ヴィーヴル-オキナワ-359092370921948/
住所 : 宜野湾市喜友名1-21-5
電話 : 098-893-1377
営業時間:11時~17時
定休日:月曜日・火曜日

 

 

糸満市 : 黒糖ガトーショコラがたまらない「ベジカフェ ブラウンシュガー」

image87

次にご紹介するのは沖縄県内外の超有名人も身体づくりやデトックスに訪れるこちら「ベジカフェ ブラウンシュガー」 です。

 

image80最近話題のディープスポット「糸満公設市場」近くにあります!

 

image95

ベジカフェ、という名前からも想像できるようにこちらは肉や魚、卵などを一切使用しない沖縄県糸満市産の太陽をいっぱい浴びた栄養満点の野菜をたっぷり使ったメニューを提供しているお店です。

 

image78

素材を残さず使うマクロビオティックを体現したオーナーの熱い気持ちから生まれるメニューは、アレルギー対応もバッチリ。
沖縄に旅行に来たのに食べ物が心配という方でもお腹いっぱいになれるお店です!

 

image88

image25もちろんスイーツに使っている砂糖や素材にも半端ではないこだわりがあり無添加で美味しい季節のスイーツも充実しています!

ランチタイムにはバイキング形式でも営業しておりメインメニューと10種類以上のバイキングメニューが並びます。

image75

色々なセットメニューがあるのですが、一例ですとバイキングset ¥1,350 (男性 ¥1,650)
ドリンク&スイーツset ¥1,850 (男性 ¥2,150)
になります。

沖縄県は元々長寿の県なので県産野菜には力溢れるものばかりです!

 

image79

キッズスペースもあるので小さなお子さま連れでもゆっくりすごしてもらえますw

そんなブラウンシュガーで紹介するお土産はこちら。

image46

Vegan黒糖ガトーショコラ (700円)

オーガニックオレンジの薫りと沖縄県産の黒糖を使った濃厚なガトーショコラは香りがとってもよくて、でも食べたことがない新しい組み合わせの味わいがたまらないスイーツです。
もちろんこちらも卵、乳製品などの動物性の食材を一切使用していません。

image16

とっても手間暇かけて作られているメニューの数々や今回ご紹介のガトーショコラは大人気の上、数量に限りもあるので電話予約がオススメです!

 

image33

ブラウンシュガー 白石さん

ブラウンシュガーはほとんどのメニューがお持ち帰りも可能なのでいろいろ相談されてもいいと思います!

 

image74

ブラウンシュガー
http://www.vegebrownsugar.com/original.html
住所 : 沖縄県糸満市糸満967-23
電話番号 : 098-994-1770
営業時間 : 11:00〜15:30
定休日 : 月・火・水

 

浦添市 : ベーグル専門店 coco bagel(ココベーグル)

image29

ココベーグルは沖縄の食材をふんだんに使ったベーグルのお店です。こちらは浦添市パイプライン通り近くにあります。

 

image68ここには、沖縄の定番食材である、黒糖や紅芋、マンゴー、自社農園で栽培されたシークワーサーなどを使ったベーグルがあります。
保存料、合成着色料添加物を一切使用せず北海道産小麦やてんさい糖、沖縄県産の海塩などの天然素材を使用。
さらにバター、卵、牛乳も使っていないためカロリーも控えめ、小さなお子様でも安心して食べられ赤ちゃんの歯固めにも使えるほど安心!と評判のお店です。

独自の長期低温で熟成、発酵させたベーグルは外はパリっとなかはもちもちした食感で豊かな風味が口いっぱいに広がります。

 

image26

白玉紅芋あん(231円)

こちらの「白玉紅芋あん」もちもちの白玉と沖縄県産紅芋が中にぎっしりと詰まっています。
女性ってモチモチした食べ物好きですよね(偏見)

 

image83

他にも黒糖ショコラ (210円)や紅芋セサミ (210円)なども大人気。
沖縄観光のお土産に、普段使いにとお客さまが絶えません。

 

image62

coco rask (写真は黒糖 360円)

こちらのラスクはなんと沖縄県浦添市の観光土産推奨品として認定されている程のクオリティーです。
浦添市に来たならこのラスクをお土産に買って帰れば間違いないでしょう。

 

image58

じっくりと低温で焼き上げたオーガニックオーツ麦や雑穀、先ほどのラスク をミックスしたこだわりの自家製グラノーラcoconola(900円)をつかったグラノーラパイもあります!

買いに行くのが大変…なんて方も安心してください。

http://cocobagel.ocnk.net/phone/home/
通販あります!w もはやどこにいても大丈夫です。

他にも沢山の種類のベーグルや商品があります。
年に数回、関東のイベントにも出店されているのでイベント情報もチェックしてみてください。

coco bagel(ココベーグル)
http://cocobagel.ocnk.net/

住所 : 沖縄県浦添市伊祖2-22-10
電話 : 098-995-7868
営業時間 : 11:30~17:00
定休日 : 日曜、祝日+不定休

 

宜野湾市 : 沖縄県産素材がぎっしり「パン工房pao」

image56沖縄の大動脈330号線上原にあるパン工房paoです。

image84パン屋さん!?って思うかもしれません、しかし見逃せない場所なんですよ!
素材にこだわった…というご説明は今回多くなってしまいますがこの記事を書かせていただくにあたり素材!というのが大きなテーマにさせていただきましたのでお許しください。

 

image13

パン工房paoも素材や作り方にこだわったパンを提供されています。
さらに中身がぎっしりと詰まっており、大食いな僕でも大満足なボリュームの美味しいパンがいっぱいです。

 

image19

雑貨屋さんのような可愛い店内には県産野菜を沢山使ったわんぱくサンドや明太子フランス、どれをとってもお腹いっぱいになれる、こんなパンがあったらいいなという理想がパン工房paoにはあります!
沖縄県内でパン屋さんの撮影にも100店舗近く行かせていただきましたが、相当な満足度です。

そんな中で今回ご紹介させていただくのはこちら

image44

紅芋あんこデニッシュ(170円)

丁重につくられたこちらのデニッシュは紅芋あんとの相性バッチリで大満足の一品です!
紅芋の名を冠するお土産は沢山ありますが、大切な人にケーキを送るようなそんな気持ちで贈りたいデニッシュです。

image31

紅芋あんぱん(130円)

このあんぱん、めっちゃ美味しいんですよ!
紅芋大好きでうちで飼ってるペットの名前もベニイモなんですが、とってもおすすめです。

紅芋ってこういう食感でこんな味がするんだなって伝わるあんぱんです。

パン工房paoのパンは沖縄観光のお供にもおすすめですよ。

開店と同時にお年寄りから子供、女性はもちろんうちなーんちゅや観光の方、ガタイのいい男性までいろんなお客さまが訪れるパン工房paoにぜひ行ってみてください♬

 

パン工房 Pao
https://www.facebook.com/PanGongpao/
住所 : 沖縄県宜野湾市上原1-5-12
電話 : 098-893-8030
営業時間 : 10:00 ~ 20:00(売り切れ次第閉店)
定休日 : 日曜日

 

最後に

沖縄の新しい美味しいオススメのお土産をご紹介しましたが、今回は身体にも!というところにもこだわってご紹介しました!

沖縄旅行のお土産に健康もご家族やご友人にお持ち帰りしちゃいましょう!

それではまたやーさい!

 

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ