一風変わった渋谷グルメ!おもしろいご飯屋・カフェ・飲み屋を取材してきた

渋谷には109やヒカリエ等の施設や、オフィスビルがたくさんあり、飲食店もかなりの数存在しています。今回は、そんな渋谷の中から、特徴的な、ご飯屋、カフェ、居酒屋等をピックアップし、実際に取材してきました。ランチに使えるお店から、飲み歩きで使えるようなお店まで、15店舗を厳選して紹介いたします。

shibuya_peroringa-13SPOTをご覧の渋谷勤務ビジネスマンのみなさま、こんにちは。
観光会社「別視点」代表の松澤です。

いままで浅草秋葉原谷根千とエリアごとに観光ガイドを書いてきました。

次はどの街を掘ってみようかな~と考えていたところ、SPOT編集部から

「SPOT読者はIT系ビジネスマンが多いから、渋谷のご飯特集とかウケるんじゃないですか!?」

と進言いただき、よっしゃ渋谷を掘ってみるかと心を決めた次第です。

 

もともとおもしろい店が多いエリアだとは思っていたのですが、Twitterやfacebookで情報を求めてみると出るわ出るわの大豊作。さすがは日本でも指折りの繁華街です。

自分でリサーチしたよさげなお店も追加したら30軒以上巡らなくてはいけないことに。大食漢でもないのに、そんなに一気に飯屋めぐれないよ……。

まだまだ気になるところを潰しきれてはいないんですが、2か月かけて何度も足を運び、ある程度めぐれたのでいったんまとめます。1つの記事にどんだけ手間かけてんだって話しですが、行っても行ってもネタが尽きないんですよ、渋谷。店、多すぎ!

 

多すぎの店のなかから「がっつり食べるご飯系」「喫茶店・スイーツ系」「飲み屋系」の3ジャンル15個のナイスなお店をご紹介いたします!

 

 

がっつり食べるごはん系

タバコ屋にしか見えないカレー屋「フラヌ―ル」

20170303_shibuya_curry-16

道玄坂の百軒店商店街。まあ、このへん歩いたことある人ならお分かりだと思いますがラブホ街です。ラブホとクラブと飯屋さんが乱立しております。

そんな雑然とした一角にあるタバコ屋さん。

 

20170303_shibuya_curry-12

どう見てもタバコ屋さんなんですが、じつはここ、カレー屋を併設してるんです。

店名は「フラヌ―ル」。黄色いのぼりにステーキカレーと書かれてます。

扉を開けると、入り口の横にタバコ売り場があります。その奥がカレーコーナー。

おもいのほか清潔でピシッとしたムードで、しっかりカレー屋さんですよ。

 

20170303_shibuya_curry-7

20170303_shibuya_curry-9

1番人気はステーキカレー(1150円)。

表面がテリテリしてて、なかはレアな焼き加減。見るからにウマそうでしょ。

 

20170303_shibuya_curry-10

実際、ものすげえウマいです。

ステーキはとろ~っと柔らかくて、カレーとバッチグーな相性。

白飯とカレー、白飯とステーキそれぞれ別々に食べてもよし、白飯とステーキとカレーを一気にかっこんでもよし。米、一瞬でなくなっちゃいます。

立地こそヘンテコですけど、本格的で実力派な一皿ですよ!

 

フラヌール
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目17−5 やなぎやビル 1F

 

店内は無い。焼きそばを食べて酒をのむだけのストイックな店

20170401_shibuya-6

店名はありません。いやもしかしたらあるのかもしれないけれど、どこにも掲げられていません。

たぶん店の名前なんて重要じゃないんですよ。「渋谷WINSの前の焼きそば屋」で通じるから。

 

20170401_shibuya-7

場外馬券場の目の前という立地もあって、メニュー構成はきわめてシンプル。お酒とビール、つまみになる唐揚げと焼きそばぐらいです。腹がふくれて酔えれば問題なしというわけ。

目黒通りを恵比寿方面に歩いてちょっと脇道にそれただけなのに、うろつく人種もガラリと変わって、なんだか地元の新小岩駅にワープしたようです。

 

20170401_shibuya-1

大きな鉄板で焼いてくれる焼きそばは普通盛り400円。大盛りなら100円増し、50円で生たまごか温泉卵を追加できます。

 

20170401_shibuya-5

なんてことはない、家で食べるのと変わらない普通の焼きそばです。

でも、渋谷のど真ん中でこういう普通の焼きそばを食べられるのが、かえって新鮮です。

 

渋谷WINSの前の焼きそば屋
住所:東京都渋谷区渋谷3丁目13−1

 

ゴリゴリお肉がめちゃくちゃジューシー「ウーピーゴールドバーガー」

20170427_shibuya_spot-35

渋谷で人気のハンバーガー屋さん「ウーピーゴールドバーガー」です。

夜24時までやってるのも嬉しいですね。飲み会帰りでちょっとお腹が空いてるなってときにも使えます。

 

20170427_shibuya_spot-30

ウーピーゴールドバーガー(930円)です。付け合せでマッシュポテトかフライドポテトを選べます。

ふざけた名前をしてますけど味はまっすぐ本格派。ゴリゴリお肉がジューシーでウマくって、天使のラブソングを聴いてるような至福のひとときです。

 

20170427_shibuya_spot-31

20170427_shibuya_spot-32

こちらはケビンベーコン(1340円)です。

名前のとおり、スモークベーコンががっつり入ってます。

 

20170427_shibuya_spot-33

そのほかにもヘレナボナムバーガーやサラジェシカバーガーなんかもあってハリウッドスター駄洒落がさく裂してます。

 

余談なんですけどwikipediaの山田邦子を読んでたら、同期の欄に「笑福亭笑瓶」「大木こだまひびき」の流れでウーピーゴールドバーグが並んでて吹きました。

山田邦子ってウーピーの”同期”だったんだ。

 

ウーピーゴールドバーガー
住所:東京都渋谷区渋谷1丁目9−4

 

渋谷デカ盛りの聖地「仙台や」

shibuya_sendaiya-13

渋谷でデカ盛りといえばここ、仙台や!

昼を軽めにおさえて挑みました。

 

shibuya_sendaiya-6

shibuya_sendaiya-5

チャーシューチャーハン(850円)です。

こまぎれチャーシューが、これでもかとチャーハンにふりかかってますね。

ウマいんですけど、30代もなかばにさしかかってる人間にはかなりヘビーな量です。

 

shibuya_sendaiya-3

shibuya_sendaiya-7

塩焼きそば大盛り(850円)です。100円増しで大盛りにすると、さらに威力があがりますね。

「一家で食べるの?」って量の麺が大皿で運ばれてきますよ。昼に食べたら、翌朝まで満腹でいられます。

 

仙台や
住所:東京都渋谷区鶯谷町1−3

 

トッピングまみれの山盛りカレー「リトルショップ」

359e6921-s

大盛り系をもうひとつ! カレーの「リトルショップ」です。

リトルとは名ばかり、ルーもご飯もトッピングも大盛りです。

 

b1054105-s

なんですか、これは。お皿のうえが朝の埼京線みたいになってます。トッピングの通勤ラッシュです。

お肉、ひじき、ピーマン・揚げナス、キャベツ、チーズにミニトマト、目玉焼きなどなど、これでもかとトッピングがのっかったスペシャルカレー。お値段たったの800円。

安くてウマくて腹いっぱいになる人気店なので、昼どきはいつも行列ができてます。お昼休みに時間とお腹の余裕がある方におススメ。

 

リトルショップ
住所:東京都渋谷区円山町10−16

 

ポン酢味の二郎インスパイア系ラーメン「凛」

09b3613d

ラーメン屋「凛」はモヤシ盛り盛りでニンニクたっぷり、いわゆる二郎インスパイア系ラーメンです。

なんだけど、ここの名物は珍しいポン酢味ラーメン。

 

4a59f297

スープがちょっぴり酸っぱくて爽やかな香りがします。

ほかにもカレー味とかカレーチーズ味とかもあるので、ちょっと変わり種の二郎系が食べたい方はこちらをどうぞ。

 

凛 渋谷店
住所:東京都渋谷区宇多川町6-20パラシオン渋谷1F

 

パクチー食べ放題のカオマンガイ専門店「ガイトーンTokyo」

20170401_shibuya-9

カオマンガイはタイ料理。鶏のスープで炊いたごはんに、ゆで鶏とタレを混ぜたメニューです。

渋谷にはカオマンガイ専門店「ガイトーンTokyo」がありますよ。タイで大人気の屋台だそうです。

 

20170401_shibuya-10

パクチー食べ放題が嬉しいですね。

 

20170401_shibuya-12

付属のスープは50円プラスで鶏の骨をどっさりいれてくれます。

取りきれてないお肉がけっこうついてるので、たった50円で豪勢なスープになりますよ。

 

20170401_shibuya-20

カオマンガイにタイの味噌、醤油、黒酢醤油をブレンドしたオリジナルソースをかけます。

 

20170401_shibuya-17

う~~ん、うまそ!

 

20170401_shibuya-18

さらにパクチーをどさどさトッピングしてパワーアップです。

屋台ほどではないにせよ簡素な作りのお店なので、ささっと食って、ちゃっちゃと帰れちゃう気軽さがいいですね。

 

ガイトーンTokyo店
住所:東京都渋谷区渋谷3丁目15−2
参考サイト:http://raan-kaithong-pratunam.jp/

 

喫茶店、スイーツ系

道玄坂の異世界「喫茶ライオン」

8556cabe-s

ラブホテルに風俗店、大人の案内所がひしめき合う道玄坂エリアで重厚な存在感をはなつ「喫茶ライオン」。ここ、大好き。

クラシックを聴くための喫茶店だから、おしゃべりするお客さんはいません。

赤くて背の高いベロアのシートに深く腰かけて、超巨大スピーカー(マジでデカい。2階まで突き抜けてる)から流れるクラシックをぼんやり聴いてると、異世界に迷いこんだ気持ちになれます。

 

名曲喫茶ライオン
住所:東京都渋谷区道玄坂2−19−13

 

異星人との交流「カフェペロリンガ地球第1号店」

shibuya_peroringa-40

線路沿いに恵比寿方面へ歩いていると、ひときわ目立つカフェがあります。

 

shibuya_peroringa-3

「カフェペロリンガ地球第一号店」です。近未来って感じの内装です。

 

shibuya_peroringa-13

鋲が打ちこまれたメガネをかけて記念撮影もできますよ。

 

shibuya_peroringa-11

ゲーム目当てに来店するお客さんもいるんだとか。

 

shibuya_peroringa-33

店名にもなってる「ペロリンガ」はウルトラセブンに登場するサイケ宇宙人の名前。
店長のんたすさんが大好きな宇宙人で、このお店も「ペロリンガ星のカフェが地球に初進出した」というコンセプトなんです。

円谷プロの関係者が貸し切りパーティーをやったこともあるとか。

 

shibuya_peroringa-15

「ウンコ」というメニューがあったので注文したら、カネゴンとチョコがでてきました。

 

カフェペロリンガ地球第1号店
住所:東京都渋谷区 桜丘町3−7

 

渋谷なのにヤギがいる「桜丘カフェ」

shibuya_yagi-cafe-5

桜丘カフェはちょいと薄暗くてオシャレなカフェでございます。

南口から坂をあがったところにあるので喧騒もそれほどでなく、人ゴミに疲れたときに落ちつけるお店です。

 

shibuya_yagi-cafe-9

このお店、渋谷駅から徒歩5分なんですがヤギがいます。

 

shibuya_yagi-cafe-4

テラスの隅っこの小屋からこちらをのぞいてます。

テラス席にいると、ときおりヤギ臭がするのもまた一興です。

鼻だけでも郊外の牧場に遊びにいった気分にひたりましょう。

 

shibuya_yagi-cafe-11

shibuya_yagi-cafe-12

しばらく眺めていたら眠ってしまいました。

 

桜丘カフェ
住所:東京都渋谷区桜丘町23−3
参考サイト:http://www.udagawacafe.com/sakuragaoka/

 

なが~~いソフトクリーム「白一」

20170401_shibuya-49

渋谷駅から代々木体育館のほうへしばらく歩くと、アイスクリーム屋「白一」があります。

高品質で新鮮だからソフトクリームじゃなくって「生アイス」だよと主張されております。

イートインもテイクアウトも可能。人気店で時間によっては行列ができてることもしばしばですね。

 

20170401_shibuya-52

びよーんとめちゃくちゃ長いのでテイクアウトすると目立ちます。聖火ランナーみたいです。

味もむちゃくちゃ濃厚で従来のソフトクリームとは違いますね。どちらかと言うと、ミルクキャンディーみたいな濃密な甘さです。

 

白一
住所:東京都渋谷区神南1丁目7−7
参考サイト:http://www.shiroichi.com/

 

2番目ビジネス「世界で2番目においしいメロンパンアイス」

20170401_shibuya-46

「白一」の手前に「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」もあります。ラノベみたいな説明的な店名です。

世界で2番目においしいってキャッチフレーズ、飲食店でちょくちょく見かけますけど上手ですよね。

じゃあ一番はどこだよってツッコミしろを分かりやすく提示しつつ、1番を名乗らない謙虚さでイヤミも感じませんから。

 

20170401_shibuya-36

看板を見てまんまと買ってしまいましたが、これがすごいボリューム。

バニラ味のメロンパンアイス(400円)です。

 

20170401_shibuya-37

お店や店長さんの写真を特定のハッシュタグと一緒にSNSにアップすると、ファン価格で50円引きにしてくれるそうです。

ポーズを決めて、さすがに撮られ慣れてます。

 

20170401_shibuya-39

20170401_shibuya-42

チーズをのせてマヨネーズをかけ、バーナーで焼く「ハムサラダメロンパン(450円)」なんてのもあるけど、まあ、アイスのほうがいいです。

 

世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス
住所:東京都渋谷区神南1丁目15−9
参考サイト:http://melonpan-ice.com/

 

飲み屋系

あなたは一度でたどりつけるか!?「汁べゑ」

20170415_shibuya-20

まずはこのビル・ダイネス壱番館にたどりつこう

居酒屋「汁べゑ」は通りすがりじゃあ絶対いけないお店ですね。

隠れ家レストラン、隠れ家バーなんてフレーズをよく耳にしますが、ここの隠れっぷりはかなりのもの。反政府軍のアジトみたいな場所にあります。

まずは渋谷駅ハチ公口から井の頭通りを原宿方向へ6分ほど歩きましょう。

すると右手に「ダイネス壱番館」というビルがあらわれるので入ります。

 

20170415_shibuya-21

1階をずんずん進むと行き止まりです。

大年興業、東邦エンタープライズと社名が掲げられた鉄の扉があるだけです。

 

20170415_shibuya-22

20170415_shibuya-23

扉に貼り紙があります。

「お待ちいたしておりました!汁べゑまであと少しデス……」とのこと。

語尾の「です」がデスなのはDeathを意味しているのではと不安です。

 

20170415_shibuya-24

勇気をだして扉を開けると……

 

20170415_shibuya-25

薄暗い通路がありました。すぐ横は線路。

 

20170415_shibuya-26

くもりガラスの扉の横にある、背の低いドアをかがんで入れば「汁べゑ」です。

 

20170427_shibuya_spot-10

内部は意外に大きくて、洗練された現代風の居酒屋です。

場所柄もあってか客層は若く「すごいところにあるでしょ~」「絶対気付かね~」などと盛りあがっていました。

店までの道のりがアトラクションみたいですし、飲み会の掴みになりますね。

 

20170427_shibuya_spot-12

なすの揚げびたし(400円)

20170427_shibuya_spot-15

おでん盛り合わせ(780円)

料理もふつうにおいしいですし、おもしろ居酒屋としては使い勝手がよさそうです。

 

汁べゑ 渋谷店
住所:東京都渋谷区神南1丁目11−5

 

すいとんとお茶漬けの店だけどなかなか出してくれない「蓼科」

20170427_shibuya_spot-26

最後にご紹介するお店は「蓼科」です。

センター街のマクドナルド目の前にあるので「あ、あそこか!」ってピンとくる方も多いんじゃないでしょうか。看板に「すいとん・お茶漬けの店」と書かれた謎の店です。

2か月であちこち巡ってまわりましたけど、このお店が一番のお気に入り!いいですよ~、ここ!

 

20170427_shibuya_spot-26のコピー

あ、この行列は隣のタピオカドリンクショップのなんで。

「え、そこ、店なの!?」という視線を浴びつつ、蓼科の扉をあけてください。

 

20170427_shibuya_spot-18

いきなり狭い階段があらわれますが、躊躇せず登りましょう。

 

20170427_shibuya_spot-21

「いらっしゃいませ~」と柔らかい空気でむかえてくれます。

カウンターとボックス席1つだけのこじんまりとした飲み屋さん。

「渋谷でおもしろいお店探してて。ずっと気になってたんですよ!」と言うと「あらー、じゃあ女将さんがいるときだったらよかったんですけどね~」とのこと。

本来は80代の女将さんと2人でまわしてるんだけど、ちょうど体調を崩されて、店員の由莉子さんが代理女将をつとめているそう。

「バイト雑誌で見つけて日雇いのつもりできたら、いつの間にか4年経ってましたね~」

 

20170427_shibuya_spot-22

創業45年。
棚はキープのボトルでびっちり占められています。どのボトルにもインスタントカメラの写真がくくりつけてあります。

「来店のたんびに撮ってくお客さんもいますよ」と由莉子さん。

店主のカリスマが魅力のお店ってかんじだが、そんなお店を一時的にしろ1人でまわしているのだから彼女の女将力もまた高い。

「修学旅行生が肝試し感覚でドアあけて、おそるおそる階段あがって、あたしを見て『なんかいた~~~!』って逃げていったこともありますよ!」

とゆかいなエピソードを話してくれました。

 

20170427_shibuya_spot-20

20170427_shibuya_spot-19

お通しはカウンターにならんでいる料理から好きなものが選べます。イナゴのつくだ煮もありましたよ。

おつまみは実質カウンターに並んでいる料理がすべてですね。

すいとんとお茶漬けのお店ですけど、すいとん頼むと「ほんとーにどうしても食べたいなら、私を30分ほおっておいてくれれば作れないこともない」といい、お茶漬け頼むと「自信ないお茶漬けだから正直あんまり作りたくない」とやんわり断られました。

2人で4杯飲んで、イナゴのつくだ煮と煮物食べて3000円ちょっと。1時間半ぐらいベラベラしゃべっちゃいましたね。

 

20170427_shibuya_spot-25

扉の前までお見送りしてくれました。

なんというかやっと渋谷に居場所が見つかったってかんじです。いつかすいとんも食べてみたいですね。ちょくちょく通っちゃいそう。

 

蓼科
住所:東京都渋谷区宇田川町29−3

 

まとめ

はい、というわけで渋谷のおもしろいメシ屋14個でした。

掘れども掘れども尽き果てぬ街、渋谷。

まだまだ巡りつづけるつもりですので

「おいおい、ランチの〇〇は最高だぞ!」「〇〇って飲み屋が雰囲気あるぜ」

ってな情報いただけましたら嬉しいです!

 

◎文章:松澤茂信(別視点代表)
◎写真:齋藤洋平(別視点カメラマン)

東京別視点ガイド@another_tokyo

 

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
記事のタイトルとURLをコピー
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ