関東の女子旅は秩父がアツい!東京から78分、パワースポット&グルメスポットを巡る日帰り女子旅コースをご紹介!

ここのところ、埼玉秩父にも多くの観光客が訪れるようになってきました。その中でも、特に目立つのが「女子旅」の観光客です。秩父は東京から78分という日帰り旅行ができる距離であることに加え、パワースポット、オシャレなカフェ、雄大な自然の景色など、女子ウケしそうなスポットが山ほどあるのです。そこで今日は、日帰りで回れる厳選の日帰り女子旅コースをご紹介します。

DSC_0216こんにちは、埼玉秩父のローカルメディア「ちちぶる」編集長のあざみっくすです。

ここのところ、埼玉秩父にも多くの観光客が訪れるようになってきました。
その中でも、特に目立つのが「女子旅」の観光客です。

それもそのはず。秩父は東京から78分という日帰り旅行ができる距離であることに加え、パワースポット、オシャレなカフェ、雄大な自然の景色など、女子ウケしそうなスポットが山ほどあるのです!
そこで今日は、日帰りで回れる厳選の日帰り女子旅コースをご紹介します。

といっても、30歳を過ぎたおっさん(ぼく)が一人で女子旅コースを紹介しても全く説得力がなさそうなので、女子旅大好き二人組とともに紹介していきたいと思います!

 

DSC_0228

都内の大手企業に勤務の幸実さん(左)とマーケティング会社に勤務の裕美さん(右)。
お二人とも、東京でバリバリ働くキャリアウーマンですが、田舎に癒されに旅することがとても好きとのこと。

また、今回のスポットは次の4つのポイントで選定しました!

  • すべて徒歩で回れる ← バスや電車の交通機関を使わずに、街歩き感覚で楽しめる!(ヒールでも過ごせます)
  • 写真が綺麗に撮れる ← Instagram映えする撮影スポットが充実!
  • グルメ&スイーツのバリエーションがある ← 和洋バランスよく、楽しめるお店を紹介!
  • パワースポットでも、独特な楽しみ方がある ← めずらしいおみくじや、伝統に触れられる!

それでは、旅の出発です!

 

11:00 「西武秩父駅」に集合、旅の始まり。

DSC_0209

今回の女子旅の出発点は、西武鉄道「西武秩父駅」。
池袋駅から特急「レッドアロー号」に乗り、78分で着きます。(片道:乗車券 780円 + 特急券 700円 = 合計 1,480円 安いですね!)

現在、駅を改修中ですが、来年の春にはなんと温浴施設を併設した駅に生まれ変わります!
いろいろなスポット回って、疲れた体を温泉で癒す、なんてこともできそうですね。

それでは、早速出発しましょう!

 

11:15 「羊山公園」で秩父の街並みを眺める。女子旅ポイント:景色がきれい

西武秩父駅から歩いて約15分。
まずは、秩父の街並みの全体を見渡せる「羊山公園」に向かいます。(ルートはこちら

羊山はそれこそ、昔から羊がいたことでその名前が付けられています。麓から歩いて10分ほどで登りきる、いわば丘のような山です。

雄大な景色をバックに写真を撮ると、非日常感を演出できて一層盛り上がります。

 

DSC_0807

秩父地域が盆地の地形をしており、街が山々に囲まれているのよくわかります。
駅から徒歩で、こんな景色が見られるのも秩父ならでは。いい景色です!

 

DSC_0800

秩父の街をバックに撮影すると、旅感のある綺麗な写真が撮れます!

そのまま公園をフラッと歩いて、自然を満喫しているうちにお昼の時間になりそうですね。
というわけで、次はランチのお店に向かいましょう。

スポット名:羊山公園
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩15分
参考サイト:秩父観光ナビ

 

12:00 「そば処まるた」で蕎麦に舌鼓 女子旅ポイント:美味しいランチ

羊山から下山して、山のすぐ麓にあるお蕎麦屋さん「そば処まるた」に向かいます。(ルートはこちら
「美味しい」は女子旅では欠かせないポイントですからね。地元の人気店にお邪魔しました。

 

DSC_0708

こちらが「そば処まるた」。風情のある建物です。
この玄関扉を開くだけで、かなりテンションが上がります!

 

DSC_0709

趣のある庭を進んで玄関へと進みます。

 

DSC_0721

こちらが店内。ザ・日本家屋で、とても明るく暖かい空間です。

 

DSC_0735

待つこと10分ほど。料理が揃いました!今回注文したのが「赤辛つけそば 1,000円」、「天ざる 1,400円」「ごまだれそば 960円」の3つです。蕎麦は全て、石臼挽き自家製粉。こだわりが感じられます!

 

DSC_0738

DSC_0744

お蕎麦は旅の定番。このように食卓に並んだお蕎麦を撮影すれば、美味しそうな写真がしっかりと撮れます!

 

DSC_0763

「美味しい!!」と連呼しながら、召し上がっています。期待値を相当超えた反応です(笑)

 

DSC_0782

「そば処まるた」は系列店で和菓子も経営しているらしく、食後にサービス和菓子を提供していただけます。
これは女子ポイント高い!

お腹がいっぱいになったところで、街歩きにぶらっと出発です!

スポット名:そば処まるた
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩5分
参考サイト:食べログ

 

13:15 ベーグル店「マイルストン」でちょっとだけおつまみ 女子旅ポイント:食べ歩き

秩父のメインストリートにあたる「番場通り」。

女子旅番場通り

こちらが番場通り。風情ある建物が並ぶ、素敵な道です。

 

DSC_0306

その通りの一角にベーグル店の「マイルストーン」があります。(ルートはこちら
暖かい印象の店構えが特徴的ですね。

 

DSC_0286

店内に所狭しと並べられたベーグルを物色。
秩父名物「しゃくし菜漬け」を使った「しゃくし菜チーズ 200円」をいただきます!

※「しゃくし菜漬」とは、正式名称「雪白体菜(せっぱくたいさい)」と呼ばれる野菜を漬けた、秩父の郷土料理

 

DSC_0292

二人で仲良く食べる姿とか、女子旅っぽすぎます(笑)

いよいよ食べてばかりなので、そろそろ次のスポットに行きたいと思います!

スポット名:ベーグル店マイルストーン
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩7分
参考サイト:ちちぶる

 

13:30 優しいパワースポット「秩父神社」にお参り 女子旅ポイント:パワースポット

番場通りをそのまま突き進むと、秩父の三大神社の一つ「秩父神社」にたどり着きます(ルートはこちら

 

DSC_0415

こちらが「秩父神社」。
毎年、多くの人出で賑わう「秩父夜祭」もこの神社の例大祭になります。

 

DSC_0446

秩父神社は学業成就・縁結びの神様が祀られており、秩父の他の神社の神様に比べ、優しいパワーで包んでくれる、と評判です。
他にも秩父には「三峰神社」などが有名ですが、神様の意思がとても強く、心身が弱っている時に訪れると、体に負担がかかってしまうことがあるとかないとか。

その点、秩父神社は優しい力で守ってくれるということで、安心してお参りできますね。

 

DSC_0447

さて、神社といえばおみくじ!秩父神社は様々な種類のおみくじが用意されています。

 

DSC_0480

中でも最近評判なのが、「水占(みずうら)」みくじ。秩父神社の池におみくじを浸すと文字が浮き出るという、縁結びで人気のおみくじです。

 

DSC_秩父神社水占

お、こちらが「水占」みくじの説明ですね。
秩父神社の御神体である武甲山(秩父のシンボルである標高1,304mの山)の伏流水にひたすことにより、良運を授かることができるとのこと。

ネット上でも、この「水占くじ」で引き当てた大吉のおかげで恋愛成就をした!という噂もちらほら。

 

DSC_0487

この通り、まっさらなおみくじですが…

 

DSC_0503

こんな感じで、池に浮かべることで、あら不思議!文字がくっきりと浮かんでくるんです。

 

DSC_0511

浮かんできた占いを女子同士で見せ合えば、盛り上がること請け合い!

スポット名:秩父神社
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩15分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩5分
参考サイト:秩父神社公式サイト

 

14:00 雰囲気のたしなむ「泰山堂カフェ」 女子旅ポイント:フォトジェニック

ご飯を食べて、ふらっと街中を歩いたら、そろそろコーヒーでも飲みながらゆっくりしたいですね。
秩父神社からほど近い場所にある「泰山堂カフェ」はとっても素敵なカフェです。(ルートはこちら

 

DSC_0308

こちらがお店構え。昭和初期に建てられた古民家を改修してカフェで、当時の趣を残しています。

 

DSC_0322

店内はアンティーク家具で揃っており、現代のカフェとは思えない雰囲気。オーケストラ音楽が静かに流れ、独特の時間が流れているようです。

 

DSC_0348

このお店では「マリアージュ」というフランスの紅茶がお勧め。注がれるお茶から、めちゃくちゃいい香りがしてきます!

 

DSC_0350

そして、こちらがお勧めスイーツの「ヌガークラッセ」。生クリームの中にナッツやドライフルーツが混ざってる、新しい食感のスイーツです。

 

DSC_0378

そして、やっぱり女子旅といえば自撮りですよね!スイーツ・紅茶とともにおしゃれな空間で撮影すれば、素敵な一枚に仕上がります!

 

 

DSC_0397

また、お店を出てすぐのところにある「銘仙通り」。昭和の趣きを残した風情ある通りは、絶好の撮影スポットです!

スポット名:泰山堂カフェ
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩12分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩6分
参考サイト:食べログ

 

15:00 樹齢1000年のご神木を眺める「秩父今宮神社」 女子旅ポイント:パワースポット

秩父市街にある、もう一つのパワースポット「秩父今宮神社」。(ルートはこちら

 

DSC_0623

こちらは、秩父に34箇所ある霊場巡りの発祥の地と言われており、樹齢1000年を超えるご神木(龍神様)が祀られていたり、縁結びのご利益があることでも知られています。

 

DSC_0635

こちらが、そのご神木。埼玉県指定の天然記念物で、木の幹はなんと周囲9m。その太さには圧巻です!

 

DSC_0634

気の幹が脈を打っているようですね。とにかく存在感がスゴい!

 

DSC_0642

DSC_0640

ご神木の正面には、武甲山の伏流水が湧き出る「清流の滝」があります。こちらの御神水は1粒万倍と言われており、1滴でも得られるご利益には絶大な効果があるとか!
この御神水でお金やアクセサリーを清めることで、ご利益をいただくことができます。

また、ここで清めたお金で宝くじを買うと当たりやすい!という評判も。絵馬にもそのお礼がたくさん書かれていることが、評判を裏付けているようです。

 

DSC_0646

こんな感じで、置いてあるザルでお金やアクセサリーを清めればOK。ご利益を授かって、素敵なことが起きるのを待ちましょう!

 

DSC_0689

また、今宮神社内には「稲荷大明神」もあり、こちらも絶好の撮影スポットですね。

 

DSC_0691

願い事が書かれた、たくさんの狐がいらっしゃいます。

 

スポット名:秩父今宮神社
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩10分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩10分
参考サイト:秩父地域おもてなし観光公社

 

15:45 和菓子店「玉木屋」でお茶菓子を。 女子旅ポイント:美味しい

女子旅はまだまだ食べますよ(笑)
先ほどはカフェでケーキをいただいたので、次は和菓子です。

番場通りに戻り、有名和菓子店「玉木屋」を目指します!(ルートはこちら

 

DSC_0522

こちらが「玉木屋」さん。秩父名物を使ったお菓子や、「塩プリン」などの新しい商品が有名で、取材でテレビ局も多く訪ねているそうです。

 

DSC_0529

11種類の味が用意されている人気NO.1商品「彩りぽてと」。和風仕立てのスイートポテトで、甘さを抑えてあるからいくつでも食べられそうです。

 

DSC_0536

こちらが人気急上昇中の塩プリン(216円)。TwitterやInstagramでも、この塩プリンの投稿が増えているそうです。

 

DSC_0537

店内ではちょっとした席もあり、ここで和菓子を食べていくことができます。(あったかいお茶も振舞ってくれますよ!!)

 

DSC_0563

とろっとろの塩プリン。めちゃくちゃ美味しいです。

 

DSC_0553

女子って本当に楽しそうに食べるんですね(笑)もう、女子旅感が最高潮に達してる瞬間ですよ、これは。

洋菓子も食べて和菓子も食べて。食はそこそこ満喫しましたかね!次はショッピング、行きましょう!

スポット名:玉木屋
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩15分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩5分
参考サイト:公式サイト

 

16:00 雑貨・家具を眺めて楽しむ「インテリア ネオスタイル」 女子旅ポイント:ショッピング

番場通りを、西武秩父駅方面に戻ると、ひときわおしゃれな建物が目立ちます。
そちらが、秩父表参道Lab.(ルートはこちら

 

DSC_0815

こちらが表参道Lab. 向かって左側に雑貨・家具店の「インテリアネオスタイル」があります。

 

DSC_0978-2

おしゃれな雰囲気に吸い込まれるように店内で入ります。

 

ネオスタイル

雑貨や家具がたくさん詰まった明るい店内。

 

DSC_0852

店員さんがめちゃくちゃ明るく接客してくれます!
こういった、お店の人とゆったり交流するのも田舎のお店ならではかもしれませんね。

 

DSC_0887

二人で帽子を被ってみたりするだけでも楽しそう!
いやあ、やっぱりショッピングは女子旅には欠かせないポイントのようですね〜。

スポット名:インテリア ネオスタイル
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩8分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩7分
参考サイト:ちちぶる

 

16:15 クラフトビールが飲める「まほろバル」で昼ビール 女子旅ポイント:昼ビール

表参道Lab.にはもう一つの店舗「まほろバル」があります。(インテリアネオスタイルと併設されているので、すぐにお店に入れます)
こちらのお店では、6種類以上のクラフトビールが「生」で飲めるのが特徴。

 

DSC_0403-2

雰囲気のある、素敵なカウンターです。こちらでキャッシュオンで注文をします。

 

DSC_0922

マスターがクラフトビールを1点ずつ細かく説明してくれます。これならビールに詳しくなくても安心。好みのビールをチョイスできそうですね。

ただ、せっかくなので「1種類に絞るのはもったいない!」ということであれば、3種類の飲み比べセットがおススメ。

 

DSC_0952

二人以上いれば、3種類の飲み比べセット×2セットを注文すれば、全6種類を網羅できます。(3種のセット 900円× 2セット = 1,800円)
量もお得ですが、何より色んな味を少しずつ楽しめるところがいいですよね!

 

DSC_0958

飲み比べって、アミューズメント要素めちゃくちゃ強いですから。昼からこんなにビールが楽しめるなんて、贅沢です。

 

DSC_0993

なにやら、女子にしかわからない話で盛り上がっていました。おっさん(ぼく)は遠くからそんな姿を眺めているだけでしたとさ(笑)

スポット名:まほろバル
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩8分、秩父鉄道「秩父駅」から徒歩7分
参考サイト:ちちぶる

 

16:50 「WAPLUSコーヒー」で締めのコーヒーをいただく 女子旅ポイント:美味しい

日帰りツアーもいよいよ終盤。たっぷり一日遊んだ最後の締めには、身も心も温まる美味しいコーヒーを。

WAPLUS ROASTERSコーヒーへ向かいます。(ルートはこちら

 

DSC_0004

こちらが自家焙煎のコーヒーが飲める「WAPLUS ROASTERS」。

 

DSC_0013

この場でドリップコーヒーとしていただくこともできますし(450円)、お土産として豆を購入することもできます。

 

DSC_0025

お店の方にそれぞれの豆の特徴などを聞きます。こちらの好みなども聞いていただけるので、気分に合わせた好きなコーヒーを選べそうです。

 

DSC_0051

おしゃれに漂うサードウェーブ感。そして、コーヒーの香り。たまりません。

 

DSC_0056

カップに入れていただきテイクアウト。ちょっとずつ飲みながら、駅まで道のりを歩いていきます。

スポット名:WAPLUS ROASTERS
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩8分
参考サイト:WAPLUS COFFEE

 

17:10 食べるのは本当にこれで最後(笑)超老舗のたい焼き店「ねぎし」へ 女子旅ポイント:美味しい

WAPLUS ROASTERSから駅まで直行で向かおうとしたのですが、その途中に旅の最後にふさわしいお店が…。
昔から地元の人に愛され続けているたい焼き店「ねぎし」。(ルートはこちら

 

DSC_0057

こちらが「ねぎし」の看板。例のごとくいますよ「たい焼きくん」。著作権的にどうかは微妙ですが、数十年前からこの看板なので問題ないのでしょう(笑)

 

DSC_0060

数種類の味が用意されています。ここはやはり、定番の「小倉あん(130円)」ですかね!

 

DSC_0061

目の前でガシガシ焼いてくれます。美味しそう〜!

 

DSC_0076

生地はもっちりしていて、小倉あんにしっかりと甘い味が付いていて、食べ応えがあります。しっぽまで小倉あんがしっかりと入っているのもお得感アップ!

 

DSC_0073

「しっぽと頭、どっちがいい?」という、女子ならではの戯れ方をしてます(笑)

スポット名:ねぎし鯛焼屋
アクセス:西武鉄道「西武秩父駅」から徒歩6分
参考サイト:食べログ

 

17:20 帰宅路へ「西武秩父駅」

さて、再び「西武秩父駅」へ帰ってまいりました。

秩父の女子旅日帰りコース、いかがでしたか?帰りも池袋駅まで特急電車が出ていますので、それに乗ればあっという間に東京まで帰れます。

なんなら、19時から都内で飲み会があっても間に合うレベルですね!

東京から日帰りで遊びに行こうとしても、大自然があり・オシャレスポットがあり・パワースポットがあり、という場所はなかなかありません。秩父はそれらをまとめて体験できる観光スポットです!
もちろん、温泉などもたくさんありますので、一泊二日でゆっくりと回すコースもあります。

まだまだご紹介できるコースがたくさんありますので、ぜひ今後もご期待ください!

文・写真:ちちぶる編集長 あざみっくす ちちぶる

 

\ しっかり取材に行く旅メディア /

SPOTをフォローする
  • 最近の投稿
  • 都道府県
  • タグ